2020/02/12

超軽装犬連れ山歩き装備

Sketch1581516735393

弁当や雨具が必要なければ、ノースフェイスのウェストバッグで充分。

散歩のときと同じですな。

| | コメント (0)

2020/02/05

運転免許を更新した

1580893655613

運転免許証の期限が「平成32年3月」までだったので、有給休暇を取って更新に出かけた。

5年前に交付されたとき、元号だとわからなくなりそうなので裏に付箋を貼り、「2020年」と書いておいた。公的文書の元号表記はやっぱり迷惑だ。

さて、静岡県東部運転免許センターは愛鷹山の麓の東名高速道路よりも上にあり、見晴らしが良い。

ということで、受付を済ませた後に写真を撮り、そこに山座同定アプリで山の名前を重ねてみた。

山座同定アプリは、PeakFinder を購入した(Android版 560円)。

このように撮っておいた写真に山の名前を重ねることもできるし、実際に景色を見ながら山の名を調べることもできる。

スマートフォンの磁気コンパスがよく狂うので、その調整が面倒である。

その点を考えると、写真撮影時にGPSをオンにしておいて、あとから山の名前を重ねるほうが楽かもしれない。

先日香貫山に登ったときの写真だと、こんな具合になる。

1580355836348

なるほど、あの白い山は南アルプスの間ノ岳だったのか、なんてことがわかって楽しい。

| | コメント (0)

2020/02/01

カワヅザクラ咲く

Dsc_2175

2月1日日曜日、近所の公園でカワヅザクラ(河津桜)が咲き始めた。

Dsc_2177

こんも花の匂いを嗅いでいた。……のかな?それとも枝に背中をこすり付けた犬か猫でもいたのだろうか。

で、この後2時間近く散歩したのだった。もちろんへとへとになりましたよ、こんも私も。

| | コメント (0)

2020/01/29

今年の梅は例年より早く咲いたのか?

国会中継を観て腹が立ったりして、ブログの更新が滞った。はぐらかす、隠す、捨てる、嘘をつく……まったくどこが「美しい日本」なんだか。

気を取り直して、本当に「美しい」もののことを考えよう。

Dsc_2169

1月25日土曜日の朝、散歩の途上にウメがたくさん咲いていたので写真を撮った。数日前からポツポツと咲いているのを見ていたが、雨の後、気温が上がったからだろうか、一斉に開花したようだ。

このところ各地で雪不足が報告されるなど、異様に暖かい日々が続いた。では今年の梅は例年よりも早く咲いたのだろうか?

そう考えて過去数年の記録を見てみると、だいたい1月下旬から2月初旬にウメの開花を確認している。ということは、今年は格段に早く咲いたというわけでもないようだ。

ただ、ウメだけでなく草の花もたくさん咲いていて(ヒメオドリコソウやらナズナやらトウカイタンポポやら)、なんとなく春っぽい。ウメのように春に咲く「木」は秋までに花芽を準備して冬眠しているので、冷え込んで「休眠打破」された後なら、気温が上がるとすぐに花開く。冬に緑の葉を広げている「草」は、少しずつ、じわりじわりと成長し、花を咲かせる。

Dsc_2158

さて、例によって自発的隔週週休三日制実施のため休んだ1月22日水曜日、香貫山ではサクラが咲いているのを見た。サクラといってももちろんソメイヨシノやヤマザクラではなく、トウオウカ(冬桜花)という中国原産のサクラである。

近隣のカワヅザクラの花芽も膨らんできているので、もうじき咲くだろう。

冬来たりなば春遠からじ。もう少し辛抱すれば「美しい日本の春」がやってくる。

ちなみに、2011年のウメの開花は1月14日で、こんなことを書いている。

「朝の散歩に出たら、玄関先から畑から、夜のうちに降ったらしい霰(あられ)でごま塩状態。そんな中、白梅の開花を確認。」

もちろんこのときは、2ヶ月足らず後に未曾有の大災害が発生し、春らしい気分が吹っ飛ぶとは知る由もなかった。

| | コメント (0)

2020/01/08

ベテルギウスは「いつ」超新星になる(なった)のか

立春の後なら「春一番」と言いたくなるような強い風が吹き、夜空は晴れ渡った。

散歩に出ると月が煌々と輝いていて、その下にオリオン座が見えた。

次の図は、Android版の星座早見(名古屋市科学館)のスクリーンショットである。

Psx_20200108_213531

このところ、オリオンの肩の赤い星、ベテルギウスが少し暗い。

そのせいか、冬の大三角形が一瞬で見つけられないことがあった。オリオン座の足の先のリゲルと、おおいぬ座のシリウスがやたらと目立ったりするからである。

ベテルギウスが暗いのは、超新星爆発の予兆かもしれないそうだ(ナショナルジオグラフィック「オリオン座の巨星に異変、超新星爆発が近い?」)。

もしも超新星になったとしたら、満月並みの明るさになるそうだから、とても壮大な見ものとなるだろう。

ベテルギウスは太陽系から500光年以上離れているので、超新星になったとしても実害はない。夜空の暗い星が見づらくなるだろうが。

今夜も散歩中にしばらくベテルギウスを眺めていたが、超新星にはならなかった。

まぁ、見ている間に爆発するなんて世にもまれな事態は起こりそうもない。だいたい、ベテルギウスが爆発するまで、あと10万年かかるか100万年かかるかもわからない。

さて、もしも「いま」ベテルギウスが超新星になったことを目撃したとしよう。

しかしベテルギウスは500光年以上の彼方にあるのだから、実際に爆発したのは500年以上前ということである。

だから「いま」ベテルギウス近傍にワープすることができたとすると、そこには爆発後に広がっていくガスが漂っているだけだろう。中心核は押し固められて中性子星になっているかもしれない。

ここでややこしいのは、どっちが本当の「いま」かということだ。

地球では爆発を「いま」観測したわけだが、ベテルギウス近傍では「いま」観測できるのは爆発の名残りだけである。現地レポートを電波やレーザーで送っても、地球に届くのは500年以上先である。ワープ航法が実現したら、現地レポートは通信するよりも持ち帰るほうが「早い」ことになるだろう。

とかいったことを考えながらベテルギウスを見ているとき、ひょっとするとベテルギウスはすでに爆発していて、「いま」はもう存在しない可能性もあることに気づいた。はたして、ワシが生きているうちに超新星を目にすることはできるだろうか。

| | コメント (0)

Windows 7 サポート切れ対策

個人的隔週三日制を実施中のため、本日会社を休んだ。

ところが天気が悪いので、午前中は古いPCの設定変更。
2011年に購入した Windows 7 マシンなので、来週1月14日にマイクロソフトのサポートが切れ、インターネットからの攻撃に対して無防備となるからだ。

ということで、ネットワークの設定を調べていたら、イラク駐留アメリカ軍基地をイランが弾道ミサイルで攻撃、という速報が流れてきた。

戦争に発展しなければいいな、と思っているが、ちょっと疑問に思ったことがある。
米軍基地にはイージス・アショアのような対ミサイル防衛システムは配備されていないのだろうか?

  • 配備されていない場合
    • なぜ配備されていないのか?
    • ひょっとしてイージス・アショアのようなシステムはあまり有効ではないからか?
  • 配備されている場合
    • なぜ攻撃を防ぐことができなかったのか?
    • 十数発も撃ち込まれると対処しきれないのか?

……ということで、どっちにしろ良い買い物ではないような気がする。
いまから「役に立たないみたいなので、やっぱり買いません」ということはできないのだろうか?

それはさておき、我が家のネット防衛対応の話。

メインマシンは Windows 10 搭載のノートPCに替えたので、通常の使用には支障がない。
だが、ドキュメントスキャナが Windows 7 PCに接続されていて、スキャナにバンドルされていた Acrobat Standard のバージョンが 9 なのだ。
Acrobat 9 は Windows 10 では動作しないので、Windows 7 環境がなくなってしまうと、PDF の結合などの処理がやりづらくなる。

ということで、Windows 7 PCを家庭内のネットワークにつながる状態にしたまま、インターネットから切り離すことにした。
具体的には、家庭内のPCなどのネットワーク機器から見えるように固定のIPアドレスを設定し、外部のネットワークに出ていく/入ってくるためのゲートウェイを設定しない。

  1. 「ネットワーク」を右クリックして「プロパティ」を選択
  2. 「ローカルエリア接続」をクリック
  3. 「プロパティ」ボタンをクリック
  4. IPv6のチェックを外す
  5. IPv4を選択して「プロパティ」ボタンをクリック
    Ipv4
  6. 「次のIPアドレスを使う」にチェックして、IPアドレスとサブネットマスクを設定する
    Tcpipv4
  7. デフォルトゲートウェイは設定しない
  8. 「次のDNSサーバーのアドレスを使う」にチェック
  9. DNSサーバを設定しない

設定後、NAS(ネットワークストレージ)やほかのPCとつながることを確認し、GoogleなどのWebサイトは見られないことを確認した。

まぁ、9年近く使ってきたPCなので遠からずリサイクルしなくてはならないが、蔵書の自炊にかける期間がもう少し伸ばせることになったので少々ホッとしている。

| | コメント (0)

2020/01/01

2019 to 2020

2019年12月31日、晴れていたが風が強かったので、庭仕事が思うように進まなかった。

ふと見ると何のつもりか、こんはブラックベリーのつるに頭を突っ込んで居眠りしていた。

Psx_20200101_182354

午後、昼寝のあと、吹き続ける風の中を散歩。

大晦日だというのに、ウインドブレーカーを羽織っただけで歩けるほど暖かかった。

……日なたは。日陰で風に吹かれると少々寒かった。

次の写真の富士山のまわりでも、雲が湧いては風で流れていた。

Psx_20191231_213522

2020年1月1日、昨日よりも気温は低いが、風がないので日なたは暖かい。

こんは早速寝正月。

Psx_20200101_174851

午後、昼寝のあと、公園を散歩。

次の写真に富士山が写っているの、わかるかな?

Psx_20200101_174733

昼寝と散歩の日々。

| | コメント (0)

2019/12/21

こんはグレーチングが苦手

Sketch1576935047376

| | コメント (0)

2019/12/18

iOSをアップデートしつつクソが!と叫ぶ

会社でアプリやWebコンテンツの動作チェックに使っているiPad mini 2 のOSのバージョンは、長らく iOS 8 だった。
さすがにもう、iOS 8 での動作チェックは必要ないので、iOS 12 に上げることにした。
iPad用のOSの最新バージョンは iPadOS 13 だが、iPad mini 2 には対応していないのだ。

iOS 12 から iPadOS 13 へのアップデートのように、最近の OS であれば、会社のワイヤレス環境(Wi-Fi)でダウンロードし、アップデートできる。
ところが、iOS 8 から 12 へのアップデートは、ワイヤレス環境ではできない。
iPad をパソコン(Mac または Windows PC)とUSBケーブルで接続し、iTunes アプリ経由でアップデートしなくてはならない。

iOS アップデートの最初の関門は、会社の Windows PC は、モバイルデバイスとUSB接続できないように設定されていることだ。
もちろんこれは、会社のセキュリティポリシーに基づくものなので、情報システム部にお願いして設定を解除してもらう、なんてことはしたくない。
会社にもMacはあるが、他部署のものなのでどれだけ時間がかかるかわからないアップデート作業の間、占領するのも気が引ける。
ということで、iPad mini 2 を自宅に持ち帰り、アップデートすることにした(個人情報や機密情報の入っていない、動作検証機だから許されることだ)。

自宅の複数のPCのうち、来年にはお役御免となる Windows 7 PC を使うことにした。

2011年に買った省スペース・省電力デスクトップ機なので動作は遅いが、現在はワシしか使っていないので、家族に気がねしなくてよい。
夕食・散歩・入浴を終えた21時半、PCを起動して、まずはiTunesのインストールから。

ここで第2の関門が。
アップルのWebサイトでには、Windows用iTunesは、マイクロソフトのアプリストアで入手しろと書いてある。
いやワシはWindows 7 用のiTunesが欲しいんだから、アプリストアじゃないだろ、と思いつつ、アップルのサイトで動作環境を確認する。
CPUやメモリやグラフィックボードの記述はあるが、OSのバージョンは書いてない。
一応マイクロソフトのアプリストアを見てみると、案の定Windows 10 専用と書いてある。

アップルのサイトをよく見たら、端のほうに「以前のバージョン」というリンクがあった。
「最新版以外は裏へどうぞかよ、クソが!」と毒づきながら、クリック。

すると、様々なOS、バージョンに対応したiTunesのボタンアイコンの一覧の中に、Windows(32ビット)対応のiTunes 12 のダウンロードボタンがあった。

Itunes4win

ダウンロードして、インストール。
利用規約への同意や、システム設定変更の許可などのインストールに伴うあれこれは、まぁよくあるとものして。

iTunes を起動すると、最新版(マイナーバージョン)があるけどアップデートするか?と訊かれた。
iTunes で音楽聞いたりするわけじゃなくて、iOSをアップデートするだけだから「キャンセル」して先へ進む。
じつはこれが落とし穴の一つだった。

アップルのサイトの情報では、iTunes を起動して iPad を接続すると、PCが(というか iTunes が)iPad を認識してアップロードするかどうか尋ねられるという。
Thunderbolt-USB-A ケーブルでiPadとPCを接続したが、これがまたなかなか、認識してくれない。
まぁ、ウチのPCのUSBポートも不調ではあるのだが。
PC前面はダメ(エラー)、テンキーの拡張ポートもダメ、PC背面からの延長ケーブルにつないでしばらく待つと、iTunesのツールバーにタブレットアイコンが表示された。

やれやれやっとかよ、とアイコンをクリックし、端末名を確認して iOS 12 のアップデートボタンを押すと……iTunes 12の最新版をインストールせよという。
なんだと!
iOSのアップデートにはiTunesの最新版が必要と、先に言えよ、さっきのアップデート警告は落とし穴かよ、クソが!
というか、iTunesのダウンロード用ボタンアイコン一覧の時点で、最新版にリンクしとけよ、クソが!

ということで、iTunes 12 (の最新版)のダウンロードが始まり、iPadは切り離された。
iTunesをインストールしたら、「インストールを完了するにはPCを再起動しろ」と来た。
(終末期のWindows 7 PCだから、再起動遅いんだよ、クソが!)と思いながら、再起動ボタンを押す。

すでに1時間ほど経過していて、再起動するまでちょっと休んで、(酒呑むと頭が痛くなるので)白湯を飲んで「報道ステーション」を見た。

PCの再起動後、iTunesを起動し、また利用規約に同意し、プレイリストとかへのアクセスはキャンセルし、iPadを接続した。
ようやく、iOS 12.4.4 のダウンロード開始。
ダウンロードが終わるとiTunesのツールバーの上に細い進捗バー(または進行状況バーまたはプログレスバー)が出てきて、「ソフトウェアを抽出中…」という表示の下を、少しずつ動いて行く。
時間がかかりそうなので、本棚からケン・リュウの『紙の動物園』を取り出して読む。
ディスプレイを横目で見て、進捗バーが右端に達したな、と思ったら、「バックアップ中…」だかなんだか、別のメッセージに変わって進捗バーが左からのろのろと進む。
全工程の進捗バーじゃないのかよ、クソが!

結局、いつ終わるのかわからんなぁ、と思っているうちに、『紙の動物園』の短編を二つ読み終わり、TVは「ニュース23」に変わっていた。
時間がかかるのは、まぁ、通信状況にもよるから、仕方がない。
問題は、全体のどれくらいのところまで進んだのかを示す目安もなく、進捗バーが右端まで行っては、また左から始まることだ。
それも何度も。
これって、「よくないUI事例」そのものではないか。

そして、「iPadソフトウェアをアップデート中…」とかいったメッセージで進捗バーが右端に到達した状態のまま、画面に変化がなくなった。
iPadの画面も消えている。
Windowsのタスクマネージャを見ると、iTunesは実行中で、ディスクもメモリも動いているので何かしているらしい。
……という状態のまま1時間が経過し、「午前様じゃないか、クソが!」となったところで、PCを放置して寝ることにした。

午前4時、小用で起きたついでにPCをみると、寝る前とまったく変化がない。
腹が立ったので(クソが!)ケーブルを抜いてPCをシャットダウン。
一瞬、「iOSをアップデートできませんでした」というメッセージを見た気がするが、眠かったのでちゃんと覚えていない。
iPadは電源ボタンを押しても無反応。
まぁ、朝になってから考えよう、ということで、PCの主電源を落として寝た。

 

翌朝(というかその日の朝)、こんの散歩から戻ってから、PCを起動。
朝食を摂りながら再度アップデートを試みる。

iPadを強制再起動すると、PCと接続して欲しそうな画像が表示された(ThunderboltケーブルがiTunesアイコンに向かって伸びている)。
ちなみに、物理的なホームボタンのあるiPadの場合、ホームボタンと電源ボタンをアップルマークが表示されるまで押し続けると強制再起動できる。
こういうとき、物理的なボタンがあると安心できる。
ソフトウェア的なボタンしかなかったら、「クソが!」と床に叩き付けるくらいしか、できることがないではないか。

iTunesを起動し、iPadを接続すると、「アップデートするか復元するか?」というダイアログボックスが表示された。
アップデートを選択して、朝飯を食べている間にアップデートは終了。
昨晩の3時間はなんだったんだ、クソが!

……さて、じつは会社にもう1台、iOS 8 の iPad があって、今日、アップデートするため持ち帰ってきた。
これは iPad Air 2 なので、iPadOS 13.3 にアップデートできる。

昨日の二の舞は嫌なので、夕食を食べる前にPCを起動し、iPad を接続しておいた。
するとなんと、順調に進んで40分足らずでアップデート終了。

昨晩の3時間はなんだったんだ、クソが!

| | コメント (0)

2019/12/14

令和元年最後の満月……って、なんか意味あるのか?

2019年12月12日の月は、今年最後の満月だった。

夜、こんと散歩していると、月明かりに照らされた富士山が白く浮かび上がっているのが見えた。

Psx_20191213_125556

もちろん、上の写真は露出補正して明るさを増したものだ。

スマートフォンで撮ったままの状態では、次のような具合である。

Psx_20191214_215846

まぁ、散歩中に公園のフェンスにスマートフォンを載せて、ちょいと撮った写真でこれだけ写るのだから、光学機器の進化は大したものだと思う。 

さて、最初に「今年最後の満月」と書いたが、よく考えたら「今年最後」ということに特別の意味はない。

満月は何万年も前から約30日ごとに見られるわけだし(晴れていれば、ね)、1年を12月で終わりにするというのは人間の都合である。

ましてや、「令和元年最後の満月」なんて言っても、何か意味があるのか全然わからない。

「新しい時代の最初の年」とか言われても、何が「新しい時代」なのか、法律でそう決まっているというだけのことで、実感がない(強行採決で決めた法律だしね)。

人間の都合に関係なく、地球から月を見れば、30日ごとに満ちる。

次の満月の夜も、そのまた次の満月の夜も、月の光を浴びて散歩できればいいなぁ、と思うのである(晴れていれば、ね)。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧