2023/09/28

暑さ寒さも彼岸まで……と思って我慢してきたけれど

もう9月も終わろうかというのに、今日は30℃超えの真夏日。静岡県内でも35℃を超えて猛暑日となったところがあるらしい。

彼岸の頃から朝晩は涼しくなって、冷房や扇風機を使わなくても寝られるようになってはいるが。日中は暑い! 先週末との気温差が酷い。

急に気温が下がった先週土曜日(秋分の日)の夕方、ミズヒキの花穂に留まった状態のまま動けなくなったヤマトシジミを見つけた。

P92303932

ようやく日中の散歩もできるようになったかなと思った月曜日、鮎壺の滝まで歩いた。まぁ結構暑かったのだが。黄瀬川の河原の石に妙な穴が開いているのを見つけた。

Img_20230925_164543

直径3cmほどで、石を貫通している穴もある。どうやら溶岩樹型のようだ。この石は木立に流れてきた溶岩で、冷えて固まったときに木の幹や枝(の燃えて灰になった跡)が穴になったのだろう。

火曜日からはまた日中が暑くなったので、日没の頃に散歩に出るようにした。

公園の入口のエノコログサに、傾いた陽が射していた。こういう写真をスマートフォンで撮るのは難しい。一眼レフなら、ダイヤルを回してマイナス補正してやれば簡単だ。

P9250406

最近発見したのだが(マニュアルが500ページもあるのでなかなか読み進められないのだ)、OM-5には「デジタルテレコン」という機能があった。センサーの中央部分だけをトリミングすることで、テレコンバーターを使ったのと同様の効果を得るというものだ。望遠レンスが超望遠レンズになるのである。デジタルテレコンをONにして、ズームレンズの望遠側にして月を撮ってみた。35ミリ換算で600mmとなり、クレーターや海がはっきりわかるように撮れた。

P9250411

さて、夕方に散歩すると珍しい現象を見ることがある。夕日をぼんやり眺めていたら、その左側(南側)に幻日が出ていた(幻日については過去にも書いている)。縦になった短い虹のようであるが、見られる時間もサイズも短いので、気づく人は少ないようだ。

P9260415

珍しいといえば、ウチの玄関先にあったコレ↓はなんだろう、と気になった。

P9270419

先週気づいたときには白い泡の塊のような感じで、カマキリの卵塊かと思った。しかし、カマキリはこんなふうに草に卵を産み付けたりしないし、カマキリの卵塊ほど形が整っていなかった。白い泡はやがて黄ばんできて、触ると崩れて黒い埃のようなものが舞った。

こりゃあ胞子だな、ということは粘菌の子実体かも、と思って調べてみたら、どうやらススホコリという粘菌らしい。放っておけば、胞子が発芽して粘菌アメーバとなり、集合して移動する様子が見られるだろうか。

天にも地にも、驚異は満ちている。

| | コメント (0)

2023/09/01

スーパーブルームーンを撮った

昨晩(8月31日)23時半ごろ、そろそろ寝ようと2階のベランダの雨戸を閉めようとしたとき、南の空高く満月が輝いていた。公転軌道上の位置関係で月が地球に最も近づくため、大きく見える「スーパームーン」だそうだ。さらに、今月は8月2日に続けて2回目の満月である。ひと月のうちに2回目の満月を「ブルームーン」と呼ぶので(青く見えるわけではないが)、この月は「スーパーブルームーン」だそうだ。

P83103762

慌ててカメラを持ち出し、手持ちで何枚か撮ったうちの1枚。本当の満月になったタイミングは8月31日の10時36分だったので、それから13時間経っている。そのため右側(西側)がほんの少し欠けている。上の写真の右端が円弧ではなく、クレーターの影で凸凹になっているのがわかる。

上の写真は、じつは下の写真をトリミングしたものだ。35ミリ換算300mmの望遠では、そんなに大きく撮れるものではない。

P8310376

カメラ:OM Digitai Solutions (OM SYSTEM) OM-5
レンズ:M.ZUIKO DIGITAL 14-150mm 1:4-5.6
f/6.3 1/400 150mm ISO200

プログラムオートで露出補正を-6.0EVくらいにしたら、月の海やクレーターがはっきり撮れた。

ちなみに、夜景モードで撮ると次のような具合になる。星や雲が写るが、月は飛んでしまう。意図した通りの写真を撮るのは、なかなか難しいものである。

P8310378

| | コメント (0)

2023/08/25

本当の空の色

散歩中にダラダラ汗をかいて、眼鏡を外して手ぬぐいで汗を拭く。そのとき、眼鏡をしているときと空の色が違うことに気づいた。

Img_20230825_065417

上のように見えていた空の色が、眼鏡を掛けると下のような具合に見えたのだ(下の写真は PhotoshopExpress を使って加工したもの)。

Psx_20230825_095856

眼鏡を掛けると空の青色があせて見える……なんでだ? そうか、この眼鏡はデスクワーク対応の遠近両用なので、ブルーライトカット機能があるからだ!

定年退職したのでデスクワークの機会が減ったので、というか臨時で依頼がない限りディスプレイモニタに張り付く機会がないので、ブルーライトカット機能は必要ないなぁ。次に眼鏡を作るときには、ブルーライトカット機能を外して、本当の空の色が見えるようにしたほうがいいなぁ。

……と思っていたところ、次のような記事を見つけた。

CNN「ブルーライトカットのめがね、目の負担軽減の助けにならず 国際研究で結論

なんだかなぁ。眼鏡レンズメーカーが競ってブルーライトカット機能を推してたのは何だったんだろう。科学的な反論を期待したいところだが、どうだろう。

| | コメント (0)

2023/07/13

梅雨明け間近の晴れ間にカワセミを撮る

池の水位測定用のパイプにとまるカワセミのオスをまた撮った(前回は6月19日に掲載)。

P7110294

トリミングして拡大すると次のような感じ。

P71102942

やっぱりちょっと警戒されているなぁ。あまり脅かさないように、真正面からカメラを構えず、横目で観察し、ゆっくりカメラを向けてさっと撮ってまたそっぽを向いたりしていたんだけどなぁ。

そんなことをやっていると、顔見知りの人が通ったので、「そこにカワセミがいますよ」と教えたら、「カメラを向けているんでわかりやすかった」と感謝された。

カワセミが魚を捕るところを動画で撮りたかったが、あんまりしつこくすると嫌われるので諦めた。育児疲れなのかどうかわからないが、ちょっと痩せているように見えたのが心配だったしね。

| | コメント (0)

2023/06/19

梅雨の晴れ間、散歩する日々

梅雨の晴れ間の日は忙しい。
布団を干したり、庭の草を刈り込んだり。

ただし、腰が痛かったりして庭仕事をしたくないときもある。
そんな日も、散歩には出かけるようにしている。
日中は暑いので、17時(夕方5時)前後に出かける。

この時間の難点は、犬の散歩の時間帯であるということだ。
どうしても、こんのことを思い出す。

毎日散歩していた公園には、こんと儂が毎日歩くので踏み跡ができていた。
しかし今年は歩く犬や人が少ないためか、草むらに戻っていた……。

という具合で散歩していても元気がなくなってしまうことがある(ペットロス症候群恐るべし)。
そんなときの対策を兼ねて、ボディバッグにカメラを入れて持ち歩いている。
鳥や花にレンズを向けているときは、余計なことを考えないからだ。

ということで、最近撮った鳥の写真を2枚。

P61302852

池の水位測定用のパイプにとまるカワセミのオス。
ウグイか何かの小魚を見つけては、池の水面にダイブしていた。

P61702883

集団で移動しながら食べ物を探すエナガ。
ジュリジュリとにぎやかなので見つけやすい。

ちなみに、これらの写真は300ミリ相当のズームレンズで撮って、中央部分をトリミングしたものである。
高倍率の望遠レンズを抱えて「鳥を撮ります!」という感じで歩くのではなく、「散歩ついでに撮ってみた」程度でよいかなぁと思っているのだ。

| | コメント (0)

2023/03/23

OM-5を買った

昨日の午前中、通院の帰りにカメラ屋さんに寄って、ミラーレス一眼カメラ OM SYSTEM OM-5 を買った。

スマートフォンのカメラ機能が進歩したので、散歩中に写真を撮るには充分だと思っていたが、やはり接写や望遠には物足りない。

このところ毎日の散歩の後半、喪失感に悩まされることが多く、気を紛らわせるためのガジェットが必要かも、とも考えたのだ。

Img_20230323_130550

OM-5 はオリンパスから切り離されたOMデジタルソリューションズのブランド「OM SYSTEM」のロゴが付いた最初のミラーレス一眼だ。

OM-5 のフォルムはフィルムカメラの OM-1 や OM-2 に似ている。ミラーレス一眼の OM-1 よりも似ている。

ちなみに OM-1 ではなく OM-5 を買ったのは、少しでも軽いカメラが欲しかったのと、儂には OM-1 はオーバースペックだと思ったからだ。OM-5 の機能も使いこなせるかどうか自信がないのであるが。

P3220015

昨日の夕方、ようやく充電とアプリのセッティングが終わり、公園に散歩に行った。そろそろ桜が咲き始めた。

やっぱり一眼レフはいいなぁ。ファインダーで狙うのもいいなぁ。

そしてレンズのズームリングを回してズーミングして、好きな画角で切り取れるのもいいなぁ。

そしてそして、ボケ味もいいなぁ。

P3220019

ガードレールの下の土筆を撮るために、カメラを地面すれすれのところで構えて、バリアングルモニタを使ってみた。

どこにフォーカスを合わせるか、きめ細かく指定できるようだが、まだそこまで使いこなせていない。

P3220020

カラスノエンドウの葉にナナホシテントウがいたので、オートフォーカスで撮ってみた。

植物や昆虫を撮るときには、マニュアルフォーカスでピントを合わせる必要があるが、マニュアルフォーカスに切り替える方法がすぐにはわからなかった。

なんとかアプリ付属の取扱説明書で調べて解決したものの、やっぱり多機能だと使いこなせるかどうか不安だなぁ。

なお、OM-5 のレンズキットの標準ズームレンズは2種類あって、買ったのは高倍率ズームの 14-150mm のほう。35mmフィルムカメラの焦点距離に換算すると、広角の 28mm から望遠の 300mm までに相当する。とりあえずこの1本で、散歩中のスナップ写真には充分である。散歩中、右手でグリップを握り、ずっとぶら下げて歩いたが、カメラ本体もレンズも軽いので、まったく負担にならなかった。

しかし、最短撮影距離は 0.5m でマクロ倍率は 1:2 だから、接写用レンズとしてはちょっと物足りない。望遠のほうも、野鳥などを本格的に撮ろうと思ったら不足だろう。

ということで、もっとレンズが欲しくなったりしないか、という点でも不安になったりしたのだった。

| | コメント (0)

2021/08/29

F-01Kを下取りに出した

先日書いたとおり、F-01KからF-41Bに機種変更した。F-01Kは、下取りプログラムを利用して、ドコモに引き取ってもらうことにした。

F-41Bの購入時に、ドコモのオンラインショップで下取りプログラムを申し込んでおいたので、ドコモに送付するためのキット(袋や申込書など)を待つ間に、F-01Kを初期化して工場出荷時の状態に戻した。

Img_20210808_164932

左が初期化したF-01K、右がF-41Bである。こうして並べてみると、F-01Bは額縁が狭くて、画面の角が丸い。

F-01Kに付けていた自家製ストラップをF-41Bに付け替えた。ちなみにこの自家製ストラップのアルミニウムのリングは、3.5インチハードディスクのスペーサー(2枚のガラスの円盤の間に挟まっていたもの)である。表面が滑らかなので、スマートフォンの画面に触れても傷を付けづらい、のではないかなぁと思っている。

2週間ほどして本人限定受取郵便(昔の書留に相当するのかな?)で袋と申込書が届いたので、F-01Kを入れて返送。その後1週間ほどして、ドコモポイントを8000ポイント取得した。散歩中に2度、アスファルト舗装の上に落下したことがあり、角がへこんで塗装がはげていたが、動作に不具合がないからであろう、「良品」の判定であった。

下取りされた端末は、企業の営業用などに使われるそうである。どこかで有効に利用されるといいなぁ、と思う。

| | コメント (0)

2021/08/07

F-01KからF-41Bに機種変更した

2年半使った富士通(FCNT)の arrows F-01K のメインメモリの空き容量が減り、動作がもたついたり、アプリが突然落ちることが多くなった。Android のバージョンも 9 から上げられす、Evernote の最新版もインストールできない。

そろそろ新しいスマートフォンに買い替えしなくては、と考えていたところで、カミさんのスマートフォンも買い替えの時期になった(部品の製造終了に伴い修理不可になったという連絡が来たのだ)。

そこでドコモで機種変更……ということになったのだが、こういう状況だからドコモショップには行きたくない。手続きに時間もかかるしね。

ということで、ドコモオンラインショップで端末を購入し、機種変更の作業は自分たちでやることにした。

そして昨日、F-41B が到着し、今日の昼前からデータ移行などの作業をして、夕方には使えるようになった。カミさんの Experia Ace II と同時に作業したので、なんと4時間ほどかかったのだが、まぁなんとか無事終了。ちゃんと新機種で使えようになったという意味で、「無事」である。

還暦過ぎの老夫婦二人で「手順書と実際の画面が違う」とか「パスワードがわからん」とか大騒ぎしながらではあるものの、ショップに行かなくてもなんとかなるものだ。

教訓を三つ。

  1. あらかじめ手順を調べておこう。旧機種でバックアップを取ってから、新機種にコピーするなどの段取りがあるからね。
  2. dアカウントやgmail、LINEなどのパスワードを控えておくこと。とはいっても忘却の彼方だったりすることがあるから、パスワードの再発行(メールの受け取り)ができるように、横にPCを置いて作業しよう。
  3. アプリやOS、通信環境は日々更新される。そのため、オンラインの手順書であっても、実際の画面や手順とは異なっている(古くなっている)場合がある。画面のメッセージをよく読むこと。

なお、ネット上の記事(雑誌記事や個人のブログなど)をあまりアテにしないほうがよい。雑誌記事は古くなっているし、個人の記事はあくまで個人の感想だからだ。もちろん、この記事についても、頭から信じないこと(今回の記事ではこの文だけが「科学的」かもなぁ)。

機種変更にあたっては、ドコモオンラインショップやメーカーの手順書がいちばん役立った。ちなみに、ドコモオンラインショップの記事はリンクがループになっていたりするので、先に目を通しておいて、書かれていることといないことを把握しておく必要がある。いちばんわかりやすかったのは FCNT の記事で、ソニーの方はちょっとわかりにくい。例えば、データコピーの複数の方法(専用アプリ使用、Googleドライブ使用など)を列挙するのではなく、推奨する方法だけを主な手順として載せ、他の方法はリンクを張るぐらいでよいのではなかろうか。

Img_20210807_173914

夕方の散歩の際、試しに F-41B で撮ったのが上の写真。ちょっと色味が青っぽいような気もするが、こういうクセなのかどうかは、ほかにもいろいろ撮ってみないとわからない。まぁもともとカメラ性能は期待していないが。

ちなみに同じ arrows のミッドシップ機(NX9)にせずエントリー機にしたのは、まず端末代が高いこともあるが、5Gや高度なカメラ機能、ゲーム性能は必要としないからだ。それならコストパフォーマンスの良いエントリー機で充分であると判断したのである。

なんたってユーザーであるワシが還暦過ぎのジジイだからね。

| | コメント (0)

2020/11/27

AfterShockz OpenMove 使用感

6年もののヘッドセット(安いやつ)が壊れた。
右チャンネルが聴こえにくくなり、その音声がマイクに漏れる。
分解してみたら、導線の固定が外れて接触していた。
断線しかけていたので、このヘッドセットは廃棄。

また安いのでも買おうかなぁと思ったが、普通のヘッドセットは眼鏡と干渉するので使いづらい。
耳の穴に入れるタイプは外耳が痛くなるので嫌いである。

そこでちょっと調べて、骨伝導ヘッドセットの AfterShockz OpenMove を買った。
もっと高音質・高性能の骨伝導ヘッドセットもあるが、骨伝導のヘッドフォンを買うのは初めてなので、税込み1万円未満ということも魅力である。

Dsc_2748

バーというかワイヤーというか、細くて軟らかいネックバンドの部分を頭の後ろに回し、左右のトランスデューサーの平たい部分を耳の前に当てる。
スマートフォンやPCとは、Bluetoothで接続する。
電源は充電式のバッテリーで、附属のUSB-Cケーブルで充電する。
左のトランスデューサーに音楽の再生などをコントロールするマルチファンクションスイッチがある。
右側の太めの部分には、電源スイッチ兼用の音量調整ボタンがある。

長所

  • 眼鏡と干渉しない。
  • ワイヤレスなので、機器と接続するケーブルに煩わされない。
  • Bluetoothのペアリングは、電源ボタンを押し続けるだけで、容易だった。
  • マイク内蔵なので、オンライン会議への参加も楽ちんだと思うが、まだ機会がない。
  • 電話に着信があると着信音がなる。マルチファンクションスイッチを1回押すだけで通話ができる。ということは、スマートフォンをザックやポケットに入れているとき、OpenMoveを装着していれば、スマートフォンが鳴っているのに気づかない、なんてことを防げるかも。
  • マルチファンクションスイッチを2回押して、「Ok Google」と言えば、検索できる(音声アシスタントの起動)。
  • 耳を塞がないので、耳の穴が痛くなったり、蒸れたりという不具合がない。
  • 耳を塞がないので、会話の邪魔にならない。周囲に気を配ることができ、散歩の際にも安全である。
  • 軽いので、さほど負担にならない。もちろん、こめかみの下を左右から押さえるので、多少の違和感はある。
  • 多少音漏れがするが、隣に座った人でないと気づかないレベルである。
  • 長所なのかわからないが、箱などを挟むと、振動が伝わってスピーカーになる。

Dsc_2749

短所

  • 耳を塞がないので、背景雑音が大きいと、音楽が聴き取れない。まぁ、音楽に集中したいときには、普通のヘッドフォンを使えばよいだけの話だが(耳が蒸れるのも締め付けられるのも嫌いなので、KOSS の porta Pro を使っている)。
  • Bluetoothだから仕方ないが、ときおり音声が途切れる。音楽なら音飛びするような感じ。まぁ、音楽に集中したいときには、有線のヘッドフォン(前述の porta Pro)を使えばよいだけの話だ。
  • 左側のマルチファンクションスイッチにうっかり触ってしまうと、音楽の再生が止まる。位置を直そうとして音楽を止めてしまうことが(とくに慣れないうちは)しばしばあった。
  • 電池残量を確認するのに、音楽を再生していないときに、音量+ボタンまたは音量ーボタンを押さなくてはならない。残量も、「充電されています」「半量です」「充電してください」の三段階らしい(まだすべての状態に遭遇していない)。もっとも、スマートフォンのBluetoothアイコンの下に「80%」のように表示されるので、接続時に確認することはできる。
  • 頭の後ろに回したバーと枕が干渉するので、寝ながら音楽を聴いたりできない。まぁ、寝ながら聴くなよってことだが。

| | コメント (0)

2020/10/02

ドコモからのメールがウソくさかった件

このところ変なメールがしばしば来るので(「迷惑な奴等」参照)、次のようなメールが来たとき、また迷惑メールだと思った。

20201002a

ドコモを騙っているから、これをドコモに迷惑メールとして報告したら、担当者はどう思うかなぁ、などと考えていてよく読むと……。

……どうも本物のドコモからのお知らせくさい。

そういえば、ドコモからのソフトウェアアップデートの通知がウソくさかったこともあったなぁ、また似たような件かな?

と考えて、メールのリンクではなく、dカードアプリのほうから確認してみたら、大当たり。本物だった。

本物なのに、なぜニセモノくさく感じてしまうのか?

その理由は「半角カナ」と「コチラリンク」である。

20201002b

どうやらiモード携帯ユーザーにもメールを送る都合上、半角カナを用いたのだろうと推測されるが、ワシはもう半角カナなど絶滅したものだと思っていた。

20世紀末から21世紀初っ端にかけて、Webアプリケーションでの半角カナの扱いに悩まされたワシとしては、ネット標準の文字コードである Unicode を誰もが意識せずに使えるようになって、かなりホッとした。

だからメールで半角カナなんぞを見ると、なんか怪しい、と思ってしまうのである。

そしてその半角カナで書かれた「コチラ」リンク。絶対に押したくない。

これも「よろしくないユーザーインターフェース」として、周知されているものと思っていた(なんで「よろしくない」のかを知りたい人は、ヤコブ・ニールセンのサイトとか、その他ユーザビリティ関係のサイトや本を見てください)。

だからドコモのようなデジタル最先端の企業が「コチラ」リンクなんか使うわけないだろう、と思ってしまうのである。

ドコモさん、しっかりしてくださいよ。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧