2020/03/20

『神の目の小さな塵』のポケットコンピュータの仕様

ラリー・ニーヴンとジェリー・パーネルの共著『神の目の小さな塵』は、1974年に刊行されたSF小説である。いまから千年後、恒星間宇宙に進出し、第二次人類帝国を築いていた人類が知的な異星人にであるという、ファースト・コンタクトを主なテーマとしている。

1979年に創元推理文庫版を読んだとき、登場人物たちが使うポケット・コンピュータが非常に気になった。当時のコンピュータといえば、ホストまたはメインフレームと呼ばれるような、コンピュータルームに鎮座している巨大な機械か、さもなければ登場したばかりの、個人が趣味でプログラミングするパソコンくらいだった。とにかく本体はでかい箱で、入力はキーボード、出力はブラウン管のモニタだから、持ち歩いて使うことなど不可能だった。

Pa070184s

1982年にシャープのポケット・コンピュータ PC-1251 を入手して、小さなQWERTYキーをポチポチと押して、BASICでプログラムを組んだ。横長の液晶画面には大文字の英字と数字といくつかの記号を24桁で1行表示できるだけだった。PC-1251は酔っぱらって帰宅中にどこかで落としたので、1985年に後継機種PC-1261を買った。液晶画面は24桁2行表示になり、カタカナも表示できるようになった。とはいえ、ポケット・コンピュータとは(名前が同じだけで)程遠い仕様だった。

P6290012s

時は下って2011年、富士通のスマートフォンF-12C を入手した(左がF-02C、右がF-06E)。電話やメールのやりとりやインターネット経由での情報検索はもちろん、スタイラスや指で入力でき、写真撮影や動画の視聴もできる。まだまだ『神の目の小さな塵』のポケット・コンピュータには及ばないが、近いものが出てきたな、と嬉しかった。

さて、現在のスマートフォンは、『神の目の小さな塵』のポケット・コンピュータを凌いでいるだろうか?

スマートフォンと同等の機能

  • コートや軍服のポケットに入るサイズに、CPUとメモリー、タッチスクリーンが搭載されている。
  • 入力はスタイラスペンまたは指。キーボードはない。
  • 手書きのメモを入力できる(お絵かき)。
  • 時計・スケジューラ(カレンダー)の機能。
  • 音声入力(口述録音)可能。
  • マルチタスク。口述しながら検索したりできる。
  • 無線データ通信機能。近距離用(屋内)だけでなく基地局との通信ができる。
  • 関数電卓的な数値計算、グラフ出力。複雑な学術的な計算処理は外部のコンピュータ(サーバ)で行い、その結果を表示できる(スマートフォンやタブレットでも、Googleの計算機を使って次のようなグラフを表示できる)。
    Screenshot_20200318184107129
  • データ検索。端末のメモリー内のデータ検索のほか、サーバ内の動画なども検索できる。検索した動画はポケット・コンピュータのディスプレイだけでなく、外部のディスプレイなどに表示させることもできる。

上巻 p.95(引用部分は池央耿訳の創元推理文庫版による)

彼はポケット・コンピュータを取り出し、対話スクリーンに「チャーチ・オブ・ヒム」と書いて情報照会ボタンを押した。船内のデータバンクに接続されているポケット・コンピュータのスクリーンに求める情報が映し出された。

下巻 p.419

「記録を見られるかな? わたしの記録を出してもよいが」
「いや、わたしのを見せよう」ホーヴァートはポケット・コンピュータに数字を書き込んだ。壁のスクリーンに映像が浮かんだ。

スマートフォンを凌ぐ機能

  • 充電しているシーンがないので、ひょっとするとものすごく電池が長持ちするのではなかろうか(電卓並みとか?)。
  • 通常はスタンドアロンで動作し、必要に応じて外部接続する。接続時には、接続先や速度に応じて異なる「唸り」でユーザーに知らせる(というユーザーインターフェースなのだろう、たぶん)。

下巻 p.373

「どんな話をしたんだ?」
「はっきりとは憶えていないわ」彼女はポケット・コンピュータを取り出して情報を照会した。小さなコンピュータは微かな唸りを発した。音色が変わって、コンピュータが車の無線機を通じて宮殿のデータ・バンクと交信していることを告げた。「それに、いつのことだったかも、よく憶えていないのよ……」彼女はさらにコンピュータに情報の検索を指示した。「もっと検索が楽な情報整理の方法を考える必要があるわね」

スマートフォンに及ばないこと

  • AIの機能を使えない(『神の目の小さな塵』には人工知能やロボットが出てこない)。従って、音声コマンド入力や画像認識ができない。
  • 引用した部分では、機械学習を用いた検索用インデックスの自動生成などができていないことを示唆している。動画の検索も、呼びだし用の数字(ID?)で行っている。
  • 音声コマンド入力に関しては、スタートレックみたいにしたくない、という作者の意図があったかな?
  • ポケット・コンピュータで(ポケットベルのように)呼び出されるが、通話は無線通信機やインターカム(テレビ電話)を使っている。音声通話やビデオ通話はできないようだ。
  • カメラやマイクロフォンも、本体には装置されておらず、外付けである。

第二次人類帝国と現代社会

人類が世界平和を実現し、恒星間宇宙に進出して築いた第一次人類帝国に比べ、分離戦争で分断・疲弊した第二次人類帝国は、技術的には後退している。そのためか、遺伝子工学やロボット工学は21世紀と比べてもそれほど進歩していない。分離戦争の際にはサイボーグ技術により人体機能を強化した兵士もいたようだが、その反動なのか、科学技術だけでなく社会制度も保守的である。

何といっても皇帝が統べる「帝国」で、政治を担うのは貴族階級である。

幸いにして皇帝や貴族たちが優秀な人たちらしく、強力な軍事力を使って辺境の惑星の反乱を抑え、人類をまとめているようだ。

だが、民主主義がうまく機能しないので帝政になってしまうという未来は、なんか寂しいね。

21世紀の社会も民主主義が選挙主義みたいになっていて、うまく機能しているとは言い難い。

人類帝国では発展しなかった人工知能であるが、現実の世界で今後どのように「進化」するかは未知数である。もちろん「進化」には方向性がないので、人類にとって都合の良い方向に発展するとは限らない。

千年後の銀河系に広がっているのは、人類帝国ではなく機械帝国かもしれないし、ウイルス帝国かもしれない。

| | コメント (0)

2020/03/18

スマートフォンで体温を測れるか

Screenshot_20200317094145

いま使っているスマートフォンには虹彩認証機能がついている。登録ユーザーがロック画面上部に目を映すと、ロックが解除される。

赤外線カメラを使っているのだが、虹彩の模様(パターン)だけを読み取るらしい。赤外線写真でもロック解除できるという報告がある。

どうせ赤外線カメラを使うなら、同時に眼底の温度を測ることはできないのだろうか。体温で生きた人間か写真かを判定すればセキュリティのレベルが向上する。

それに、認証時に体温を表示すれば、体温計を使う必要がなくなって便利かも。

COVID-19対策で毎日体温を測らなきゃならない今日このごろ、そんなことを考えた。

| | コメント (0)

2020/02/05

運転免許を更新した

1580893655613

運転免許証の期限が「平成32年3月」までだったので、有給休暇を取って更新に出かけた。

5年前に交付されたとき、元号だとわからなくなりそうなので裏に付箋を貼り、「2020年」と書いておいた。公的文書の元号表記はやっぱり迷惑だ。

さて、静岡県東部運転免許センターは愛鷹山の麓の東名高速道路よりも上にあり、見晴らしが良い。

ということで、受付を済ませた後に写真を撮り、そこに山座同定アプリで山の名前を重ねてみた。

山座同定アプリは、PeakFinder を購入した(Android版 560円)。

このように撮っておいた写真に山の名前を重ねることもできるし、実際に景色を見ながら山の名を調べることもできる。

スマートフォンの磁気コンパスがよく狂うので、その調整が面倒である。

その点を考えると、写真撮影時にGPSをオンにしておいて、あとから山の名前を重ねるほうが楽かもしれない。

先日香貫山に登ったときの写真だと、こんな具合になる。

1580355836348

なるほど、あの白い山は南アルプスの間ノ岳だったのか、なんてことがわかって楽しい。

| | コメント (0)

2019/08/21

ドコモからの通知がウソくさかった

Screenmemo_20190821082213

ドコモから「ソフトウェアアップデート」の通知が来たのだが、何とも胡散臭い感じがして、本物か?と疑ってしまった。

じつは本物だったのだが、なぜウソくさいと思ったのだろう。

OSの更新という重要な通知なのに、文字色をアレコレ変えたり、絵文字を使っていたりして、軽い。

「イチオシ」の新機能が「バッテリー長持ち」って、そういう売り文句のマルウェアがあったよね……。

リンクじゃないのにアンダーラインを引いているし。

「ドコモの公式HP」というリンクがあるが、リンク先URLが書いてない。だいたい、HPはヒューレット・パッカードか馬力のことだろ?

まぁ、ワシの部下がこんな文書作ったら(いま部下はいないけど)、ネチネチ叱るだろうなぁ。

| | コメント (0)

2018/09/15

arrows NX F-01K を購入した

20180915_214824

2年半使ったスマートフォン(arrows NX F-02H)を arrows NX F-01K に買い替えた。
2年たった頃から、動作は重くなるし、熱くなるし、充電に失敗するし、キャリアを見失うしで、かなり不安になりながら使っていた。
ムスメがスマートフォンを買い替えるというので、家族割引を利用するため、同時に買い替えた。

arrows NX シリーズは、頑丈で扱いが楽である。
持っている間はスリープしないとか、音声を聞き取りやすくできるとか、様々な工夫があり、人に優しいのである(ヒューマンセントリックエンジンというらしい)。

そこでまぁ、機種の選択はほぼ一択であったが、色でちょっと迷った。
これまで黒っぽいものを使っていた。
これまで同様、というのも詰まらないかも、と思ってカミさんとムスメに相談し、店頭で実物を見て、モスグリーンにした。

写真ではわかりにくいかも、と思ってカラーチャートと並べてみた。
シアン20%、イエロー60%、ブラック50%くらいに見えるのだが、やっぱりわかりにくいね。

さて、機種変更に伴うデータの移行。
電話帳(連絡先)や写真などはマイクロSDカードにバックアップしてあったし、クラウドサービスはログインし直すだけで良いので楽だった。
しかし、おサイフケータイをはじめ、ちょっと手間取るサービスもある。
滅多に使わず、ログインIDやパスワードが思い出せずに冷や汗をかいた。

それでも、去年からパスワードマネージャを使い始めたので、多少は楽になった気がする。
まぁ、前の状態に戻す作業に、ほぼ日かかったけどね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/02/01

F-02Hの生体認証

F-02Hの生体認証
個人情報満載のスマートフォンを他人に使われないようにするためには、セキュリティロックをかける必要がある。

前に使っていたF-06Eには、指紋認証機能があった。
背面のボタンを人差し指の腹で押し、そのまま下に滑らせると、登録されている指紋と照合、ロックを解除できた。
ワンタッチで便利だったが、指が荒れると指紋が読み取れなくなる。
左右の人差し指と中指の計4本の指紋を登録しておいたのだが、どれも読めずにオタオタしたこともあった。

F-02Hの生体認証は、虹彩認証である。
両目の瞳(瞳孔の周囲)の模様を赤外線で読み取るのである。
屋内で使う分には、認識率は良いようだ。
電源ボタンを押し、ロック画面上部に自分の両目が写るようにすると、ロックが解除される。
画面を見るだけなので、楽である。
ロック画面の上部に自分の顔が映るので、ちょっと不気味だが。

あと、老眼で見やすい距離だと、虹彩認証カメラにとっては少し遠いらしい。
なかなか認証されないので顔を近づけると、自分の鼻の穴が映ったりするのだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/01/31

F-02Hに機種変更した

F-02Hに機種変更した

上の写真は新旧の電卓……じゃない、スマートフォンである。
画面サイズの比較になるかな、と思って同じ関数電卓アプリ「PanecalPlus」を表示したのだ。

左が昨日購入したF-02H、右が2年半使ったF-06Eである。
機種変更した理由、データ移行のドタバタ、新機種の使用感等については追々。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/07/07

手書き変換の奇跡?

手書き変換の奇跡?
スマートフォンでもタブレットでも、文字入力には手書き入力・変換ツールのMazecを使っている。
文字を書いて変換・確定していく方式で、その変換効率が良い。

そしてMazecの名の由来である、交ぜ書きが可能なのだ。
「会議」と入力したいとき、「かいぎ」「会ぎ」「会議」のどれを入力しても、正しく変換できる。

さすがにPCのキーボード入力には及ばないが、そこそこ高速に入力できるので、会議中にメモを取るくらいなら楽ちんである。

同じMetaMoji製の手書きノートアプリNoteAnytimeと組み合わせると、とりあえず手書きのまま入力しておいて、後で変換することもできる。
アイデアスケッチやひとりブレストのときに便利である。

さて、会議中のメモを取るとき、手書き入力だと違和感が少ない。
スタイラスを使えばなおのこと、ペンと紙のスタイルに近い。
落書きだってできる。

というわけで、虫の絵を描いて変換したら、漢字の「虫」に変換された。
ほかにも絵からうまく変換できる文字はあるだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/12/08

スマートフォン山に登る

一週間前、右手の親指爪に近い部分がパックリ割れていたが、ようやく癒えた。
久々に山に出掛け、寒い中、水と火を扱ったので、手が荒れたのだ。

足尾の山に登って力モシカなどを見た話は、ここ一週間の記事を読んでいただくとして、今日はスマートフォンの話。

2台目(2代目?)のスマートフォン、Arrows NX F-06E を持って山に登った。
ふだんから特にケースに入れたり、ストラップを付けたりしていないので、裸のままザックのポケットに放り込んでおいた。
一緒に入れたコンパクトデジタルカメラとぶつからないように、間にゴミ袋(雨天時はザックカバーとして使用)をはさんだ。
F-06E の強化ガラスのディスプレイとダイヤモンドコートの外装を信用しているのだ。
もちろん、傷一つ付かなかった。

定点観察の間に、写真を撮ったりメールしたり Twitter に投稿したりした。

近頃のスマートフォンはカメラ機能が進歩しているので、デジタルカメラの出番が減ってしまった。
撮った写真をそのままメールや Twitter やブログに添付できるしね。

たまたま電波の届く稜線だったので(3Gだけど)、家族に「なんとか登れたよ」とメールすることもできた。

遠く富士山が見えたとき、その方角を地図とコンパスで確認したり名前のわからない植物を図鑑で調べたり、といったことを、すべてスマートフォンでできてしまうのはとても便利である。
嵩張る地図も重い図鑑も持って登らずに済むのだから。

その他、車で移動中にオーディオプレイヤーとして使い、車のラジオ(往路の高速道路で電動アンテナが故障して、出し入れ途中で止まって動かなくなってしまったのだが)にFMトランスミッターで音楽を飛ばしたり、地図でルートを確認したりと、山行の間、スマートフォンの機能を便利に使った。

だが、泊まった場所では電波が入らず、酒を飲んでいるときには車中に放置したので、星座の確認その他、やろうと思えばできたであろうことを確さず仕舞い。
まあ、その分、デジタルデバイスにまったく触れないアナログでワイルドな夜を過ごすことができた。

ところが、ワイルドな生活のせいで、冒頭に書いたとおり、手が荒れた。
そのため帰路、メールで家に連絡したり、車のアンテナの修理の手配をしたりするのに苦労した。
指紋がなくなって、スマートフォンの指紋認証が効かなくなってしまったのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/11/11

デジカメ写真を整理した

デジカメ写真を整理した

1999年から撮り始めたデジタルカメラや携帯電話の写真を整理した。
PCのHDからUSBメモリにコピーし、1年あたり100枚から300枚くらいになるまで減らしたのだ。

全部で1.8GBほどになった。
スマートフォンやタブレットへコピーし、アルバムで見るのが容易になった。

そこで気付いたのだが、子供が小学生のうちは枚数が多い。
運動会などの行事のほか、自由研究などでたくさんの写真を撮ったし、キャンプやスキーなどにもよく出かけた。

それに比べると、最近は「お出かけ」も減ったし、子供らは写ろうとしない。
そこで最近のサムネイルを見ると、全体に茶色いのである。

そう、こんばかりなのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)