2022/06/11

異星人による地球侵略の可能性

Dsc_26572

散歩のたびに泣きそうになってしまう毎日であるが、それはさておき(写真は2020年10月の香貫山にて。以下の文章とは、まったく関係がない)。

アメリカ国防総省がUFO(未確認飛行物体)を調査しているという(https://www.bbc.com/japanese/59411997)。
もちろん、UFOが異星人の乗り物である可能性は限りなく低い。
レーダーの画像に残された異常な運動をする「物体」は実体ではなく、妨害電波などにより生成されたものなのかもしれない。
もちろん、ペンタゴンは妨害電波の発信元は異星人ではなく、ロシアか中国だと考えているだろう。

異星人が地球にやってくる可能性はあるのか?
そしてその異星人は友好的だろうか?敵対的だろうか?

映画『コンタクト』では、地球人が発している電波(意図的に宇宙に向けたものではなく、漏れ出たラジオやテレビ放送の電波)を聞いた異星人が、信号を送り返してくる。その信号を受信するシーンにはドキドキするし、受信した内容にはビックリするのだが、ここには書かない。映画をご覧いただきたい。
もちろん、この映画の原作者はカール・セーガンだから、異星人は善意の存在である。

だが、異星人が存在するとして、善意の存在であるとは限らないのではないか。
SF小説『三体』では、宇宙に向けてメッセージを発信したことから侵略が始まってしまう。その侵略の方法がまた奇想天外なのだが、ここには書かない。小説をお読みいただきたい。

おそらく「UFO=空飛ぶ円盤」と思っている人は、こう考えるのではないか。
恒星間の深淵を超えてやってくる異星人は、地球人よりもはるかに技術的に進んでいるのだから、きっと倫理的にも高潔で、友好的なはずだ、と。

だけどねぇ。
環境汚染や資源の枯渇、地球温暖化、パンデミックなどの危機に対して、世界中の国々が結束して立ち向かわなければならない21世紀なのにねぇ。
曲がりなりにも「大国」とされる国が、国連の常任理事国が、隣国に侵略するといった、信じられないことをやっちゃうのだからねぇ。
核兵器の使用を脅し文句にしたり、化石燃料の供給停止を人質代わりにしたりして。
なんだかなぁ。
科学技術が「進歩」しても、脳の構造は狩猟採集生活のころから「進化」しないわけだから、進んだ文明だからといって、高潔とは限らないよねぇ。

異星人が存在しているとしたら、そしてその精神構造に少しでも地球人に似たところがあるとしたら、いくら技術的に進んでいても、地球侵略はあり得るかもなぁ。
もちろん、生命の発生そのものが稀な現象なら、異星人による地球侵略の可能性はまず、ない。

小惑星探査機「はやぶさ2」が持ち帰った「りゅうぐう」のサンプルからアミノ酸が見つかった(https://curation.isas.jaxa.jp/topics/22-06-10.html)。
原始地球上ではアミノ酸の生成が難しいと考えられることから、地球の生命の起源は小惑星であるという可能性がある。
このことから、宇宙には生命が溢れていると思ってよいのだろうか?

アミノ酸が存在するだけでは、自己増殖する「生命」にはならない。DNAやRNAのような遺伝物質と出会うことが必要だ。
ひょっとしたら、冷えつつある原始地球上で生成されたRNAと、小惑星からもたらされたアミノ酸が結びついて、最初の生命が誕生したのかもしれない。

そうすると、たまたま地球上にRNAが存在する時期に、たまたま小惑星が落ちてきて、たまたま焼け残ったアミノ酸が地上まで到達し、たまたまRNAとアミノ酸が結びついて、たまたま生命が誕生した、ということになりはしないか?
その「たまたま」が起こる確率はどれくらいだろう?
ひょっとしたら、ひょっとして、この宇宙において、生命は稀なものなのだろうか?

生命が稀なものだとすると、「異星人の侵略という人類の存立危機事態に備えるため、地球人の間で争っている場合ではない、協力しなくては」という国際社会の動きは期待できない(『三体』では国連が活躍するのだが、その活躍の仕方がまた奇想天外である)。
まぁ、地球温暖化やパンデミックを前にして、協力ではなく分断を選ぶような人類だから、異星人がいようがいまいが関係ないか。

生命が稀なものだとすると、国家間の争いによって地球環境を悪化させることなどもってのほか、と思うんだけどなぁ。

| | コメント (0)

2022/02/07

イマジン

まずはウチの近辺の様子から。

Img_20220206_071921

ウメ開花。昨年より一週間くらい遅いかも。

Img_20220207_160421

カワヅザクラも咲き始めた(ピントが合ってない)。

Img_20220207_160431

北海道や日本海側の地方はたいへんな大雪だそうだが、静岡県東部は(寒いけれど)雪の気配はなく、富士山も地肌が見えている。

雪が少ないといえば北京五輪。
人口降雪で対応しているとか。
温暖化が進めば、冬季オリンピックはすべて人工雪になるのでは、なんて話もあるが、そう単純ではない。
地球の平均気温が上がっても、地球上の全地域が温暖になるわけではない。
気候は極端化するので、「経験したことのない大雪」に見舞われる地方も出てくるのだ。

それはさておき、近代オリンピックの精神はどこへやら、商業主義と国家の威信をかけた五輪の開会式で、なぜイマジン。
価値観の押し付けや国家主義とは相容れない歌詞なのに。

変なのは商業オリンピックに乗っかるマスコミも同様で、「メダル」とか「日の丸」とか絶叫するアナウンサーがウザい。
スキーのジャンプ競技で、前に飛んでいます(当たり前だろ)、とか、双曲線を描いて(もちろん正しくは放物線)、とか、どうにかならんか。

その点、スノーボード(スロープスタイル)やフリースタイルスキー(モーグル)の解説は面白かった。
というか、解説してもらわないと、その凄さがわからなかったりする。
なんでそんな格好で跳べるの、とか、何回回ってるの、とか、何気なくやってることが実は難しい、とか、斜面の先が見えないまま翔んでる、とか……。

そして、凄い技やスピードで高い得点が出れば、各国の選手が互いに健闘を称え合う。
そこには国境も宗教もない。
まさにイマジン。

でも、団子になって抱き合ったり叩きあったりするのはいいけれど、感染には気を付けて。
ウイルスにも国境はないからね。

| | コメント (0)

2021/11/14

「科学的」は科学的なのか?

ニコチンは毒である。

Screenshot-20211114-165708
ニコチンの構造式(出典:Wikipedia)

そりゃそうだ。ナス科の植物は、虫に食われるのを防ぐために、神経毒であるニコチンを生成するように進化し、そのニコチンをヒトは精神安定剤代わりに使ってきた。

いや、この言い方は正しくない。

ニコチンを生成するように変異した植物は、虫に食われにくいので生き残った。

このように目的論を排し、結果論的に考えるの「進化」の正しい解釈である。

それはさておき、ニコチンは神経毒で、昆虫には少量で作用するので、殺虫剤に使える。ヒトにも経口投与では数mgで致死的に作用するので、タバコの吸い殻を漬け込んでおいたペットボトルの水は、殺虫剤に使えるが、飲んではいけない。

このようにニコチンは危険なので、ニコチンに似た殺虫剤として、ネオニコチノイド系農薬が開発された。

Screenshot-20211114-165606
ネオニコチノイド系農薬クロチアニジンの構造式(出典:Wikipedia)

ところが、このネオニコチノイド系の殺虫剤が、ミツバチの失踪事件(蜂群崩壊症候群)の原因ではないかと疑われ、フランス政府は使用禁止とした。

先週11月6日のTBSの番組「報道特集」では、宍道湖で魚が激減した要因として、ネオニコチノイド系農薬によりプランクトンが死滅したことが原因ではないかと報道していた。

魚やトンボだけでなく、ヒトにも影響があるのではないか……ということで、マウスを使った実験なども紹介されていて、なかなか衝撃的であった。

ネオニコチノイド系農薬にたいする規制に乗り出したEUに対し、日本はどうか。

番組の取材に対し、農林水産省の農薬対策課は、「提出された試験成績に基づき、科学的に安全が確保されている農薬だけを登録」しているので問題ないとしていた。

ここで気になったのは「科学的」だから「安全」だという論法が、はなはだ非科学的である、ということだ。

科学的方法論が有効なのは、誤り訂正機能を含むからである。

つまり、一度科学的に検証したから(安全であることが)決定される、というものではなく、科学的検証を繰り返して常に確認し続けなければ、安全とは言えないはずだ。

「提出された試験成績」というところも気に入らない。

人は嘘をつくことがあるし、そのつもりがなくても誤って虚偽の報告をすることがある。

だから、科学的な条件の一つが「再現性」であり、再現実験をして同じ結果が得られなければ、科学的とは言えない。「提出された試験成績」を鵜呑みにした時点で、すでに科学的ではない。

それだけではない。

試験(実験)結果というものは、ちょっとした設定条件の違いによって、大きく異なってしまう(科学的な実験をやったことがあれば、誰でも知っているはずのことだ)。

ここで思い出すのは水俣病の原因である有機水銀(メチル水銀)のことである。

チッソは工場廃液に含まれる水銀は無機水銀(硫酸水銀)なので、工場廃液と水俣病は無関係と主張したが、後に工場廃液に有機水銀が含まれることが判明し、水俣病の原因であることが確定した。
原因判明までの過程では、例によって御用学者が「工場廃液が原因ではない」と「科学的に」主張したりしている。

経済を優先し、環境保全や市民の健康・安全を軽視する「公害」は、過去の話ではないのだ。

疑わしきは禁止、という予防原則が日本において常識的となるのはいつの日だろうか。

| | コメント (0)

2021/10/17

静脈の色を実測してみた

先日のNHKの番組「チコちゃんに叱られる」では、血は赤いのに血管が青く見えるのはなぜか?という問いを扱っていた。

じつは、これに関して2015年に立命館大学の「文学部 北岡明佳教授が“人間の静脈は実は灰色で、錯視によって青色に見えている”ことを発見!」に基づいて「静脈は青脈にあらず」という記事を書いている。

この記事を書くとき、図解の静脈の色は画像ソフトのカラーパレットから「暖色系の灰色」を選んだ。

しかし本当に、静脈は「灰色」なのだろうか?

ここはやはり、実際に観察して確かめてみなくては。

ということで、スマートフォンを使って自分の腕の皮膚と血管のRGB値を調べた。

Sketch1634453346028

うーむ。実測値を元に描くと、色の差が小さいためか、ちょっと薄くてわかりにくいが、やはり静脈は青みがかって見える。

ちなみに、RGB値の測定には、「何色?」というアプリを使った。

スマートフォンのカメラを通してRGB値や色名がわかるだけでなく、次のように画像の保存ができる。

Naniirophoto_20211017102356

このときすでに血管の色が「おちついた きいろ」と表示されている。

「見た目」には青緑色っぽく見えていたのだから、錯覚というやつは本当に恐ろしい。

人間の感覚って、あてにならないねぇ。

| | コメント (0)

2019/09/16

『ブレードランナー2049』を観た

衛星放送で深夜に放映されていた『ブレードランナー2049』(2017年)を、録画して観た。

前作『ブレードランナー』(1982年)の雰囲気(音楽も含めて)を踏襲した風景。
雨にけぶり無秩序に積み重なったロサンジェルスの街には、PAN-AM(パンナム)やCCCP(ソ連)の文字が見て取れる。

パンナムとソ連、そのどちらも、1982年には存在したが、現在は存在していない。
現実の現在の延長線上の2049年ではなく、前作の架空世界の2019年の延長線上の2049年なのだ。
ちなみに映画『2001年宇宙の旅』にもパンナムとソ連が登場するが、現実の2001年には、どちらも存在しなかった。

ここでは、ネタバレになりそうなことは避けて、細かいところで気になったことなどを書く。

この世界では、コンピュータ出力はブラウン管から一足飛びにホログラムに移行したのだろうか。
ネオンサインや研究所のディスプレイはホログラムなのに、警察の機器などがアナログっぽいのだ。
まてよ、警察の中にもフラットなディスプレイがあったような気がするなぁ。
もう一度観てみないと。

さて、主人公のネクサス9型アンドロイド、“K” には、「電子的な恋人」がいる(いた)。
その “Joi” のホログラムが可愛くて、そして健気なのである。

前作の原作である、フィリップ・K・ディックの『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』では、人間と、人間そっくりのネクサス6型アンドロイドとの違いは何か、ということが主要なテーマだった。
ディックは共感能力の有無が人間とアンドロイドの違いであるという答えを用意していた。
前作冒頭で奇妙な器具を使っておこなわれていたフォークト・カンプフ検査も、共感能力の有無を調べるためのものだ(残念ながら、今作ではフォークト・カンプフ検査は直接的には出てこない。「解任」対象のネクサス8型アンドロイドは、眼球を調べれば製造番号がわかるからだ)。

前作では、アンドロイドには共感能力がまったくない、というわけではないことが示唆されていた。
仲間の死を悼み、復讐し、自らの生命の終焉に際して追跡者を救う(ルトガー・ハウアー演じるネクサス6型アンドロイドのロイ・バッティ)。

さらに今作では、“K”がネクサス8型アンドロイドのサッパー・モートンと会話する部分で、もはやアンドロイドが人間と区別できないほど「人間的」であることが知らされる。
そしてAIの“Joi”もまた“K”を気遣い、スタンドアロンになって、つまりネットワークから切り離されバックアップもできない状態で、“K”とともに逃亡/追跡の旅に出る。

むしろ、人間のほうがアンドロイド的な感じである(つまり俳優の演技が上手いということだろう)。
コイツは表情に乏しいからアンドロイドかな、と思っていると、アンドロイドに対して差別的な発言をするので人間だとわかる、といった具合だ。

誰が人間かわかりにくいこと、まったくもってすべて不確かになり、足元が崩れ落ちるような感覚は、ディックの世界をうまく描けているということかもしれない。

あと、これはワシの考えすぎかもしれないが、「不毛の子宮」とか遺伝子コドン(ATGC)への言及とかは、シルヴァーバーグの『ガラスの塔』を意識したものだろうか。
『ガラスの塔』は、恒星間通信のためにタキオンを利用した放送塔を北極に建設する話だが、過酷な環境で重労働を強いられるのは、もちろんアンドロイドである。

さて、終盤になって登場するデッカードは年取ったハン=ソロだし(同時期のハリソン・フォードなのだから当たり前だ)、相変わらず折り紙を折っているガフは養老院にいるし、まぁみんなリアルに年取ったこと!
まぁワシも年取ったしな、と思って見ていたら、まったく変わらぬ美貌のレイチェルが出てきてびっくり。
しかもタイトルバックを見ていたら、演じていたのはショーン・ヤング本人だと書いてあるし。
これだけは本当に驚いたので、Wikipedia で調べてからくりがわかったわけだが、ここには書かない。

さてさて、どうも回収されてないと思われる伏線がいっぱいあったので、続編ありそうだなぁ。

 

| | コメント (0)

2018/11/24

クイズの漢字にゴシック体は不適切

テレビのクイズ番組で、書き順の問題にゴシック体が使われているとガックリくる。

次の図の書体は、テロップなどにもよく使われるモリサワの「新ゴ」だが、「北」や「ム」をこんなふうに書く人がいるだろうか?
「糸」の画数は6画なのだが、ゴシック体だと8画のように見えないか?

ゴシック体は「見るため」「読むため」の文字であって、「書き文字」ではないのだ。

K_shingo

次の図はAndroid スマートフォンなどで使われている Google の Noto というゴシック体(Adobe の「源ノ角ゴシック」も同じ字形)。
やっぱり、ゴシック体のデザインだと、見たり読んだりすることには適しているが、書く文字の形ではない。

K_noto

では、明朝体ならどうだろう。
iPad では次の図のヒラギノ明朝(大日本スクリーン製造)も表示できるが、明朝体もはやり「見る/読む文字」である。

K_hiragino_mincho

次の図は、書籍によく使われるモリサワの「リュウミン」。
大変読みやすい書体だが、やはり画数は正しくない。

K_ryumin

次の図は、楷書体(モリサワの「正楷書体CBSK1」)。
「書き文字」をもとに作られているので、画数などは正しいが、デザイン上「ため」が多いようだ。

K_cbsk1

そこで、小学校の教科書では、「書き文字」のお手本となる教科書体が使われる(次の図はモリサワの「教科書体ICA」)。
「北」や「ム」の形は手書き文字の通りだし、「糸」の画数も正しい。

Kyokasho_ica07

ただし、印刷物である教科書の文字は、デジタルデバイスの画面では読みづらい場合がある、ということで開発された新しい教科書体もある。

次の図は、タイプバンクの「UDデジタル教科書体」で、デジタル教科書でも読みやすく、ディスクレシアの人にも配慮された字形となっている。

K_uddlyo

UDデジタル教科書体は Windows 10 にも標準搭載されるようになったので、もっと使われても良いと思う(モリサワやタイプバンクの宣伝をしようと思っているわけではないけどね)。

少なくとも、クイズで教科書の漢字を出すときには、教科書体を使って欲しいもんである。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/10/28

映画『エリジウム』を観た

SF的な設定はいいのに、CGやSFXの質はいいのに、そして豪華名優を並べているのに、B級感が否めない、という点で『アルマゲドン』に通じるところがあるかも。

Sketch1537539006851

まず、宇宙を描けてない。
上の図でスペースコロニーに接近するシャトルは、当然前方に噴射して減速していないと変だ。ところがエリジウムに接近するシャトル(映画ではこの図のようなわかりやすい形ではなくて、もっと凝っているが)は、まるで大気中のジェット機のように後方に噴射し続けているのだ。

それだけでなく、コロニーの居住区の上に着陸しちゃう。
いやいや、コロニーのトーラス(円環)に内側からランデブーするには、かなり複雑な軌道操作が必要で、燃料も浪費するだろう。
だから普通、宇宙船やシャトルはハブ(車軸)にドッキングし、人や物資はスポークを通じてトーラスに降ろすはずだ。

そもそも、トーラスの居住区の「空」が宇宙に解放されているのが変だ。
トーラスの遠心重量が1Gだとしても、数十~数百メートルの壁では、空気の漏出は防げない。
エベレストの頂上だって空気が(薄いけど)あるのだから、空気を留めるための壁の高さは1万メートル以上必要だろう。
そんな壁を作るより、天井を作って密閉したほうがいい。

密閉しなければならない理由はほかにもある。
紫外線や放射線への対策だ。せめて天井をUVガラスにしないと、イリジウムの住人は日焼けや皮膚ガンで苦しむことになる(すぐ治療できるのかも知れないが、苦しむだろう)。
じつはUVガラス程度では太陽からの荷電粒子などは防げないので、コロニーの居住区への光は、二つの反射鏡を使って取り込むことになる。
そのしくみは、ホーガンの『未来の二つの顔』にわかりやすく描かれている(星野之宣が漫画化している)。

・・・という具合で、ツッコミどころ満載なのである。
まぁ、ツッコミを入れることを楽しむ映画だと思えばいいのだが。

名優を生かしきってない点も残念だ。
『コンタクト』で科学者を演じていたジュディ・フォスターが冷徹な長官なのは新鮮で面白かったのに、あっさり死んじゃうし。
同じく『コンタクト』で盲目の科学者、『ブラックホーク・ダウン』では果敢な軍曹を演じていたウィリアム・フィクナーが人間味のないCEO役で、やっぱり死んじゃうし(しかもシャトルの座席に座ったまま)。

もうちょっと、兵器や人体破壊とは別のところにSF的なネタが欲しかったかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/19

バルス実行確認ダイアログ

アニメ映画『天空の城ラピュタ』を観るたびに思うのだが、滅びの呪文「バルス」は危険なのではないか?


短すぎるので、うっかり言っちゃったりするとマズイから、長くしたらどうかと考えたこともある。
しかし、長いと言い間違えたり、途中でムスカに遮られたりする可能性もあるなぁ。


やはり、delete などのコマンドと同様、確認ダイアログを出すのがよいだろう。


Balse_confirm


ここで[OK]と答えて初めてコマンドが実行されるのである。


Balse_alert


なお、これらのダイアログボックスはJavaScript の標準的な確認ダイアログボックスと警告ダイアログボックスで、タイトルなどはいじっていない。
実装の際にはもうちょっとデザインに工夫が必要だろうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/03/21

『SF映画で学ぶインターフェースデザイン』を読んだ

『SF映画で学ぶインターフェースデザイン』を読んだ
SF映画には「ありえない」インターフェースが多い。
情報量が多すぎたり、無意味なアニメーションが表示されたり。

だが、現実のインターフェース改良に役立ったり、新しいインターフェースのヒントになったりするものもある。

『スターウォーズ』の宇宙船の飛行音や射撃音や命中音は本来「聞こえない」はずのものだ。
しかし、これが(観客向けではなく)パイロット向けのものだとしたら、優れたインターフェースかも知れない。

敵機の接近やその方向、ちゃんと弾丸(光線?)が発射されていることの確認、命中したかどうかを、コンピュータが音を合成して知らせるというしくみは、音声メッセージやディスプレイよりも優れている。
メッセージの意味を考えたり、ディスプレイを見たりする必要がなく、ヒトがもともと持っている音源定位能力や感覚を活用できるからだ。

本来の目的に集中するために、「本来は聞こえない音」を合成して目の前の光景に合わせて重ね合わせる「拡張現実(AR)」ユーザーインターフェースは、宇宙船の射撃管制システム以外にも使えそうである。

ヒントはあらゆるところにある。ユーザーインターフェースをデザインするデザイナー/エンジニアに必要なのは、観察力と想像力なのだなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/10/15

胡散臭さの根源

某TV討論番組を見ていて、胡散臭い人たちが胡散臭くなる根本原因がわかったような気がした(個人の感想です)。

テーマは「火山噴火は予知できるか」。
火山学者や防災の専門家は、噴火予知は不可能なので、いかに備えるかが重要だと説く。

議員は予知のために予算も使っており、いずれ可能なはずという。
挙げ句、防災にケチを付ける。
富士山が噴火したら東京に降る何千万トンもの火山灰に対処する必要がある。
「だからといって、何万台ものダンプ(トラック)を、運転手を乗せて待機させとくわけにいきますか」

もちろん、そんなことは誰も言ってない。
火山学者たちは呆れてポカンとしてた。
とんでもない例を持ち出して話をすり替える。
だから胡散臭くなるのだ。

中小企業が電気代の高騰で苦しんでいる。だから原発を再稼働しなければ・・・といった(よく聞く)言説が思い起こされる。
中小企業の経営が苦しい原因は電気代だけではあるまい。
国際競争力の(相対的な)低下、原材料費の高騰、人手不足、技術の継承困難・・・。
妙な景気対策や大企業優遇策のほうが問題ではないのか。

それに、正確に見積れば原発の発電コストは「高い」はずなのだ。
地震などへの防災対策、事故時の補償、高レベル廃棄物処理費用(数百年から数万年もつ施設を造れるのか?)など、発電コストを押し上げる要因は数多い。
それらに言及せず、要するに誤魔化しているわけだから、これまた胡散臭い。

20140929s_20210908212701

原発から火山の話に戻れば、川内原発の再稼働は「火山の噴火が予知できることが前提」である。
そこで、火山の噴火予知が可能でなければ困るわけだ。

だからといって、予知できないことが前提の防災対策にケチを付けるというのも変な話である。
防災の立場からは、予知ができないことを前提に、技術革新や防災意識の醸成により、少しでも被害を少なくする対策が提示されていたのに、である。
火山灰による通信の障害が問題なのであれば、防塵仕様の通信設備や通信機器の開発・普及といった対策が考えられる。

ガスタービン式の火力発電所や送電線への火山灰の影響も考えられる。
それならば、火力発電所への依存を下げるように、小規模な発電(太陽光・風力・地熱・小水力・バイオマス etc.)を普及させ、スマートグリッドを通じて電力を安定供給できる体制を整えておくべきではないか。
もちろん、降灰時には太陽光発電は役立たずになるだろう。
だが、「電力のインターネット」によって、生き残った発電所が生き残った送電網を使って、最低限度の電力供給を続けることは不可能だろうか?

素人考えではあるが、核燃料サイクルを復活させるための技術開発や投資よりも、よほど「みんなのため」になると思うのだけどねぇ。
既得権のある(=胡散臭い)人の考えは違うのだろうねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)