2016/12/10

快晴:ヒメシャラ紅葉

快晴:ヒメシャラ紅葉

ということで写真を撮っていたら、こんが腹を見せて撫でろという。


快晴:ヒメシャラ紅葉

撫でずにいると顔を手(前足)でこすり、ぎゃん、と変な顔で鳴いて庭の隅へと走って行った。


快晴:ヒメシャラ紅葉

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/11/05

久々によく晴れた休日

久々によく晴れた休日
布団を干して庭に出ると、こんが後ろ足を投げ出して芝生に寝そべっていた。
写真はその後ろ足の肉球。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/08/13

こん11歳

こん11歳

誕生日翌日の午後、風の通る2階の部屋の布団の上で、こんがまどろむ。
子犬のころ真っ黒だった鼻先は白っぽくなった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/07/31

真夏の踊り場

真夏の踊り場

休日。
2階の掃除を終え、階段を下りながら掃除機を掛けようとしたら、こんが踊り場にいた。

少しは風が通るのだろうか。
舌を出していたので暑かったのだと思うが。

いや、単に掃除の邪魔をしようとして踊り場にいたのかも知れない。
布団を干そうとするとベランダに寝そべるし、庭の手入れをしようとすると芝生に寝っ転がるし。
夏の日射しが照りつけて暑いのにね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/02/08

今朝のこん

今朝のこん
朝の散歩から帰ってきたとき、こんは足を拭かれるのが嫌なのか、居間の座卓の下に潜り込んだ。
ウェットティッシュを持って追うと、腹を見せた。
今朝のこん
ちなみに、こんの向こうにレゴの巨大な箱が見える。
昨日、子供に「馬鹿なの?」と言われながら夫婦して喜んで買ってきた。
完成までに6時間かかるそうである。それが2個ある。フハッ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/10/07

大村先生ありがとう

大村先生ありがとう

こんが毎月服用しているフィラリア予防薬の名はイベルメック。
ノーベル医学・生理学賞を受賞した大村さんが発見したイベルメクチンが含まれている。

大村先生ありがとう

こんが元気でいられるのも、大村先生のおかげである。
なのに、こんがしかめ面で顔をそむけているのは、早く食べたいのを我慢しているからである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/08/16

塗装し直したベランダがイヤ

日曜日の朝、布団を干そうとベランダに出たら、こんがついてきた。
ついてきたが、いつものようにベランダに出て寝そべることはせず、後ろ足を室内に残している。

14398158679481

前の週にベランダの裏を修理し、併せてベランダの防水塗装をやり直した(ワシがDIYで直したのではなく、プロに依頼した)。
塗装し直したベランダに前足を置いたとき、その感触がこれまでと違ったからだろうか。
こんは、すごく嫌そうな顔をして、室内に引っ込んだのだった。

14398157694520


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/04/22

こんにとってコングとは何か


コングは商標かな? とにかくここでは、トリーツ(おやつ)を入れて楽しむおもちゃを指す(科学的逍遙「コングをなくした」参照)。

食後、コングを持ってきたら中におやつを入れて与えている。
これを数年続けているうちに、こんはおやつが欲しいときにコングを持ってくるようになった。

「これに入れて」と持ってくると考えると可愛いが、どうも「これに入れて」と言いたいわけではないようだ。

というのは、おやつをコングに入れずに渡すと、そのまま寝床へ持っていったり庭へ出たりすることがあるからだ。
こんの関心はコングではなく、コングと引き換えにするモノ、あるいは引き換えにする行為そのものにある。

つまり、こんにとってコングは、おやつをもらうための「通貨」の役割をしているのではなかろうか。
人間だけが「通貨」という概念を思い付くわけではないのだねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/12/05

また肛門腺が腫れた

また肛門腺が腫れた
日曜日の夜の散歩の後、こんの肛門腺がちょっと腫れていた。
その後だんだん腫れてきたので、水曜日に病院に連れて行くことにした。
水曜日は午前中会社を休んで定期的な血液検査に行くつもりだったので、その休みのついでである。

ところが前の晩にひどく腫れて破れてしまった。
病院ではついでに(ついでばかりだが)8種ワクチン接種をしてもらい、抗生物質の錠剤をもらってきた。

以来、こんはエリザベスカラーをしているが、それでもカサブタを食い破る。
そこでオムツをしているので、スケッチのような具合である。

歩くのも不自由で可哀想だが、夜、布団に入ってきてエリザベスでゴリゴリとワシの顔を削るのはやめてほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/11/13

月を見る犬

月を見る犬

11日の夜、東の空に月が昇り、池の水面に映っていた。
その月を見る犬という写真・・・を撮ったら、池のはたの杭で水面の月が隠れた。

月を見る犬

水面の月が写るように左へ一歩移動してシャッターを切ったら、今度はこんが動いてしまったのだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧