2020/01/08

ベテルギウスは「いつ」超新星になる(なった)のか

立春の後なら「春一番」と言いたくなるような強い風が吹き、夜空は晴れ渡った。

散歩に出ると月が煌々と輝いていて、その下にオリオン座が見えた。

次の図は、Android版の星座早見(名古屋市科学館)のスクリーンショットである。

Psx_20200108_213531

このところ、オリオンの肩の赤い星、ベテルギウスが少し暗い。

そのせいか、冬の大三角形が一瞬で見つけられないことがあった。オリオン座の足の先のリゲルと、おおいぬ座のシリウスがやたらと目立ったりするからである。

ベテルギウスが暗いのは、超新星爆発の予兆かもしれないそうだ(ナショナルジオグラフィック「オリオン座の巨星に異変、超新星爆発が近い?」)。

もしも超新星になったとしたら、満月並みの明るさになるそうだから、とても壮大な見ものとなるだろう。

ベテルギウスは太陽系から500光年以上離れているので、超新星になったとしても実害はない。夜空の暗い星が見づらくなるだろうが。

今夜も散歩中にしばらくベテルギウスを眺めていたが、超新星にはならなかった。

まぁ、見ている間に爆発するなんて世にもまれな事態は起こりそうもない。だいたい、ベテルギウスが爆発するまで、あと10万年かかるか100万年かかるかもわからない。

さて、もしも「いま」ベテルギウスが超新星になったことを目撃したとしよう。

しかしベテルギウスは500光年以上の彼方にあるのだから、実際に爆発したのは500年以上前ということである。

だから「いま」ベテルギウス近傍にワープすることができたとすると、そこには爆発後に広がっていくガスが漂っているだけだろう。中心核は押し固められて中性子星になっているかもしれない。

ここでややこしいのは、どっちが本当の「いま」かということだ。

地球では爆発を「いま」観測したわけだが、ベテルギウス近傍では「いま」観測できるのは爆発の名残りだけである。現地レポートを電波やレーザーで送っても、地球に届くのは500年以上先である。ワープ航法が実現したら、現地レポートは通信するよりも持ち帰るほうが「早い」ことになるだろう。

とかいったことを考えながらベテルギウスを見ているとき、ひょっとするとベテルギウスはすでに爆発していて、「いま」はもう存在しない可能性もあることに気づいた。はたして、ワシが生きているうちに超新星を目にすることはできるだろうか。

| | コメント (0)

Windows 7 サポート切れ対策

個人的隔週三日制を実施中のため、本日会社を休んだ。

ところが天気が悪いので、午前中は古いPCの設定変更。
2011年に購入した Windows 7 マシンなので、来週1月14日にマイクロソフトのサポートが切れ、インターネットからの攻撃に対して無防備となるからだ。

ということで、ネットワークの設定を調べていたら、イラク駐留アメリカ軍基地をイランが弾道ミサイルで攻撃、という速報が流れてきた。

戦争に発展しなければいいな、と思っているが、ちょっと疑問に思ったことがある。
米軍基地にはイージス・アショアのような対ミサイル防衛システムは配備されていないのだろうか?

  • 配備されていない場合
    • なぜ配備されていないのか?
    • ひょっとしてイージス・アショアのようなシステムはあまり有効ではないからか?
  • 配備されている場合
    • なぜ攻撃を防ぐことができなかったのか?
    • 十数発も撃ち込まれると対処しきれないのか?

……ということで、どっちにしろ良い買い物ではないような気がする。
いまから「役に立たないみたいなので、やっぱり買いません」ということはできないのだろうか?

それはさておき、我が家のネット防衛対応の話。

メインマシンは Windows 10 搭載のノートPCに替えたので、通常の使用には支障がない。
だが、ドキュメントスキャナが Windows 7 PCに接続されていて、スキャナにバンドルされていた Acrobat Standard のバージョンが 9 なのだ。
Acrobat 9 は Windows 10 では動作しないので、Windows 7 環境がなくなってしまうと、PDF の結合などの処理がやりづらくなる。

ということで、Windows 7 PCを家庭内のネットワークにつながる状態にしたまま、インターネットから切り離すことにした。
具体的には、家庭内のPCなどのネットワーク機器から見えるように固定のIPアドレスを設定し、外部のネットワークに出ていく/入ってくるためのゲートウェイを設定しない。

  1. 「ネットワーク」を右クリックして「プロパティ」を選択
  2. 「ローカルエリア接続」をクリック
  3. 「プロパティ」ボタンをクリック
  4. IPv6のチェックを外す
  5. IPv4を選択して「プロパティ」ボタンをクリック
    Ipv4
  6. 「次のIPアドレスを使う」にチェックして、IPアドレスとサブネットマスクを設定する
    Tcpipv4
  7. デフォルトゲートウェイは設定しない
  8. 「次のDNSサーバーのアドレスを使う」にチェック
  9. DNSサーバを設定しない

設定後、NAS(ネットワークストレージ)やほかのPCとつながることを確認し、GoogleなどのWebサイトは見られないことを確認した。

まぁ、9年近く使ってきたPCなので遠からずリサイクルしなくてはならないが、蔵書の自炊にかける期間がもう少し伸ばせることになったので少々ホッとしている。

| | コメント (0)

2019/12/02

あなたが欲しいのはどっちの首相?

Sketch1575291125143

本当に潔白なら、資料の廃棄に怒り、データの復元を命じると思うんだけどねぇ。

| | コメント (0)

2019/10/10

未来のために戦う

Liion

2012年ごろ買ったタブレットPCには、こんな注意書きが付いていた。

リチウムイオン電池は落としたり充電し過ぎたりすると発火や爆発する危険があるのだ。

リチウムは空気中の酸素などと非常に反応しやすい金属なのである。

最近のリチウム電池は改良され、より安全になっているのだろうか。

 

そのリチウム電池の開発で地球環境保存に貢献しているとして、旭化成の吉野さんがノーベル化学賞を受賞した。

昨晩からテレビのニュース番組などに出ずっぱりである。

よくまぁ辛抱強く、同じような質問にていねいに回答されているなぁと思って見ていて、気付いた。

吉野さんは、注目を集めているこの機会を捉えて、訴えたいことがあるのだろう。

 

一つは、研究とはそう簡単に成果に結びつくものではないこと。

若い研究者にエールを送ると同時に、金を出したのだから早く結果を出せ、とほざく人たちに喝と言いたいのではないだろうか。

 

もう一つは、地球環境保全のために戦い続ける必要があること。

リチウムイオン電池のような蓄電システムを用いることで、発電量の変動の大きい再生可能エネルギー(太陽光、風力など)の供給を平準化することができる。

火力のような化石燃料を大量消費する発電方法、原子力のようなリスキーで非倫理的な発電方法は集中型であり、電力消費地まで延々と送電する必要もある(その送電網が強大化する台風などの風水害や地震に弱いことは証明済みだ)。

家庭の太陽電池などの小さな発電と、リチウムイオン電池を搭載した電気自動車などの蓄電の組み合わせで、化石燃料を消費することも温暖化ガスを放出することもなく電力を作り、使う未来。

吉野さんをはじめとする研究者たちは、未来のために戦ってきたわけだし、今晩もニュース番組に出演して、戦い続けている。

| | コメント (0)

2019/09/20

全力でやるけど、責任は負いません

9月19日、東京電力旧経営陣に対する裁判の判決文より:
「自然現象に起因する重大事故の可能性が一応の科学的根拠をもって示された以上、安全性確保を最優先し、事故発生の可能性がゼロないし限りなくゼロに近くなるように、必要な結果回避措置を直ちに講じるということも社会の選択肢として考えられないわけではない。」

ワシはマニュアル(操作説明書)のライティングもやってきたので、二重否定を使った文は不明瞭で嫌いだ。
なぜ「選択肢として考えられる」と言わないのか?
というかその選択肢しかないだろうと思うのだが。

もちろん、津波対策をしたからといって、メルトダウンを防げたかどうかはわからない。
津波以前に、地震の影響で原子炉が冷却機能を失っていた可能性があるからだ。
津波以前に被害を受けていたかどうか、今後の調査でわかるだろうか(隠蔽改竄されなければ、だけどね)。

裁判長の発言:
「予測に限界のある津波という自然現象について、想定できるあらゆる可能性を考慮し、必要な措置を講じることが義務づけられれば、原発の運転はおよそ不可能になる」

いやだから、原発は正しい選択肢じゃないって前から言ってるじゃん、とツッコミたくなるなぁ。
もっとも、そもそも原発の運転ができない、という判断は正しい。
大気圏内で大規模な核分裂を完全にコントロールできると思い上がったことが間違いなのだから。
放射性物質が漏れても「安全・安心」な、他所(大気圏外)でやってくれ。

東電のコメント:
「福島原子力事故に関わる当社元役員3名の刑事責任を問う訴訟について、判決が言い渡されたことは承知しておりますが、刑事訴訟に関する事項については、当社としてコメントを差し控えさせていただきます。当社としては、「福島復興」を原点に、原子力の損害賠償、廃止措置、除染に誠心誠意、全力を尽くすとともに、原子力発電所の安全性強化対策に、不退転の決意で取り組んでまいります。」

ワシも会社組織で働いてきた人間であるから、気乗りのしない商品やサービスの開発にも何度も携わった。
その都度、会議では「やると決まれば全力でやるけど、責任は負いませんよ」と念を押したものだ。
もちろん、責任はやると判断した管理職が負うものである。
その分担があるからこそ、現場は全力で当たれるというものだ。

東京電力も政府も、全力という言葉が好きなようだが、責任を負うのは「誰」なのか?

| | コメント (0)

2016/04/16

「余震に警戒」と言わないほうがよいのでは

「余震に警戒」と言わないほうがよいのでは
熊本の皆さんには申し訳ないくらい静岡は平穏である。
地震の報道を見ていて、「余震に警戒」と言わないほうがよいのではないか、と考えた。
前震、本震、余震という地震学の用語は、一連の地震が終息してから当てはめるものだ。
一連の地震の中でも生活を続ける人々にとって、本震も余震もないだろう、と思うのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/09/02

東京五輪エンブレム騒動

2020年への想い
2020年開催予定の東京オリンピックについては、国立競技場のデザインやらエンブレムやら、ケチがつき通しである。
これらの問題、というか騒動について、「どうもこのごろ日本はおかしい。日本人が劣化しているのではないか」という意見を新聞やTV報道で目にする。

だが、いろいろ考えてみると、劣化しているのは「日本人」ではないのではないか、という気がしてきた。

責任をとらない組織の長たち。
税金を仲間うちで分け合うかのように見える専門家たち。
ネットの画像をコピー&ペーストはするくせに、それが画像検索でバレることに思い至らない「プロ」のクリエイター。
外の世界を見ない連中、委員とか理事とかいう名前の、組織に利益(※)をもたらさない人たち。

日本人が劣化しているのではなく、旧来のしくみに乗っかり、一般人の感性とか民意とかを感じ取ることができない「古いタイプの組織人」が、変わり行く世界の在りように置いて行かれているだけではないのか?

残念な問題が噴出する組織には、非民主主義的な病根があるのではないだろうか?

※ここでいう利益とは金銭のことではない。価値の創造とかブランドイメージとかいった、組織の存在意義にかかわるもののことだ。ドラッカーの著作を読んだことがあればわかるよね。ちなみに、ドラッカーによれば、組織が時の流れに抗して生き残る方法は、一つしかないそうだ。イノベーション(改革)である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/10/09

皆既月食は見えず、LEDの夜

今夜は月が煌々と輝いてるのに、なぜ昨晩は曇ったんだろうなぁ。
……というわけで、静岡県東部では、2014年10月8日の皆既月食は見えなかった。

晴れれば、地球の大気圏で屈折して届いた赤い弱い光だけに照らされた、赤黒い満月が見えたはずだったのに。
太陽の(虹の七色の)光のうち、朝焼けと夕焼けの色に同時に照らされた月……見たかったなぁ。

月の見えない夜、白色LED(発光ダイオードの)ヘッドランプを灯しての散歩を終え、ウチに戻ればTVはノーベル物理学賞受賞のニュースで持ちきり。
液晶TVの光源もLEDだし、居間の照明もLEDである。

今年のノーベル物理学賞は、三人の日本人科学者による青色発光ダイオードの発明・製品化に対して与えられた。
赤色と緑色のLEDは早くから実用化されていたが、青色のLEDは20世紀中には無理ではないかと言われていた。
その困難を克服し、21世紀の人類に明るい、環境負荷の少ない光を与えた功績が評価されたのだ。

赤・青・緑の光の三原色が揃えば、すべての色が表現できる。
三原色を均等に混ぜれば、太陽光と同様の白色光になる。

さて、懐中電灯やシーリングライトには、赤・青・緑の三色のLEDを使っているわけではない。
「白色LED」が1個あるいは数十個使われている。

「白色LED」とは何なのか?

写真撮影時のフラッシュとしてスマートフォンに装備されている白色LEDを「自撮り」してみた。
鏡に映して写したので、ちょっとゆがんでいるし、ゴミも写っているし、ゴーストも出ているし……まぁいいか。

上の写真の左側の丸い「白色LED」をよく見ると、黄色っぽい。
懐中電灯やシーリングライトのカバーを外してみるとわかるとおり、点灯していない「白色LED」は、黄色いのである。
これはなぜかというと、じつは青色LEDを使っているからなのだ。

青色LEDそのものは、青くない。
点灯していないときは銀色の電極が見えるだけで、通電すると青い光を発する(なにしろ「青色発光」ダイオードだからね)。

白色LEDは、青色LEDを黄色の蛍光色素を含むプラスチックで封入してあるので、黄色く見えるのである。
青色LEDから発せられる青い光のうちの一部が、蛍光色素に吸収され、蛍光色素は黄色い光を発する。
LEDが発する青い光と、蛍光色素が発する黄色い光が混ざって、白く見えるのである。

光の三原色の図をもう一度見てみよう。

赤や緑の光がなくても、青と黄色の光をまぜれば、白くなることがわかるね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/09/27

御嶽山噴火!

御嶽山噴火!
突然の木曽御嶽山噴火。
ニュースの映像では、山頂付近の複数箇所から噴煙が立ちのぼっている。
火山弾が飛ぶようすも見える。

御嶽山には登ったことがないので、とりあえず位置関係を確認。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/07/03

ちょっとキャスティング変えてみた

ちょっとキャスティング変えてみた
で、拉致問題も全力だとさ。
ミサイル発射でも制裁解除のミョーなバランス感覚。
というか、誰かの思う壺?

ところで、拉致された邦人の乗った仮想敵国の船舶に、その国の要人かスパイが同乗しているとする。
要人暗殺を目的として、同盟国が攻撃しようとしたら、我が国はどうするのかね。
国民の生命を守るため、同盟国軍の攻撃を武力をもって阻止するのかね?
あり得ない想定?
いやあ、例のアレよりはありそうでは?

| | コメント (0) | トラックバック (0)