« 初夏の赤とんぼ | トップページ | つるべ落としの滝往復 »

2024/06/13

梅雨入り前の晴れ間の活動など

昨日(6月12日)、よく晴れた昼食後、洗濯物を取り込んでからカミさんと西伊豆スカイラインに出かけた。

カミさんはめまいなどの不安のため急な山道を歩けない。
そこで、開けた穏やかな稜線歩きのルートを求めて、下見したかったのである。

昨年10月に達磨山高原レストハウスから金冠山付近を歩いたが、割と起伏がある割に展望がなかった。
今回は、戸田峠から小達磨山や達磨山付近の稜線と、その起点・終点とする駐車場を探った。

修善寺から達磨山高原を経て戸田峠へ。
峠の駐車場に車を駐めて、小達磨山へと続く稜線に上がると駿河湾が見えた。
手前には戸田港、向かいには三保の松原が望めた。

Img_20240612_151923

小達磨山付近の稜線の道は穏やかな笹原の中のアップダウンで、快適に歩けそうだった。
ただし、夏は暑そうだし、草の露で濡れそうである。
秋から冬、冬から春にかけてが適当かもしれない。

駐車場も複数あったが、達磨山の南側で登山道と接しているあたりがよさそうだ。

帰路は戸田峠から北へ、沼津市民の森キャンプ場の横を通って西浦へと下ったが、なかなか暗くて淋しい林道だった。

今日(6月13日)、午前中は曇りだったので庭の手入れ。
昼過ぎには少し雨が降ったりしたが、昼寝しているうちに晴れてきた。

ということで散歩。

ムクドリが騒いでいるのでなんだろうと思ったら、チョウゲンボウが飛んできて、電線にとまった。

P61309502

しばらくするとカラスまでやってきて騒ぎ出したので、チョウゲンボウは飛び立ち、カラスに追われるようにして工業団地の向こうへ消えた。

P61309532

門池公園のネムノキが花盛りだった。
例年、この時期には梅雨入りしているため、ネムノキの花を青空を背景に撮る機会は珍しいように思う。

P6130957

ネムノキはマメ科の木本だが、花はまったくマメ科っぽくない。
マメ科の花は、木本であってもフジのように、おおむね蝶状花なのだが。

P6130958

もっとも、花のあと、果実になるとまるきり「豆」なので、妙に納得してしまうのだが。
と書いたものの、ネムノキの果実の写真はありません。すみません。

|

« 初夏の赤とんぼ | トップページ | つるべ落としの滝往復 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 初夏の赤とんぼ | トップページ | つるべ落としの滝往復 »