« 梢越しの青空に想うこと | トップページ | ロケットストーブ試験→据え置き型七輪運用 »

2024/01/26

香貫山低山散歩

昨日のこと。
快晴なので布団を干していたら、愛鷹山の向こうの富士山が白くて綺麗なので、香貫山から写真を撮ってみようと考えた。

風呂掃除を終えて10時過ぎに家を出て、車で15分で登山口に到着。
展望台まで往復して、正午過ぎに帰宅。
気軽に散歩気分で低山歩きができることは、地方都市に住んでいることのいちばんの利点かもしれない。

さて、展望台からの眺めはこんな具合だった。
沼津市街を挟んで愛鷹山の向こうに、六合目(宝永火口のあたり)から上の富士山を望むことができた。

P1250647

海も明るい碧色だった。
冬型の気圧配置のため風が強く、凍えてしまった。

P1250652

この季節だから花はないだろうと思っていたら、冬桜花(トウオウカ)という冬咲きの桜が咲いていた。

P1250644

カラ混群(冬に見られるシジュウカラやコゲラ、メジロなどの群れ)が雑木林の枝先を移動しているのを見かけた。
カラ混群が過ぎていった後に、ヤマガラの群れに囲まれた。
何を考えているのか、望遠レンズのピントが合わないくらい近くの枝に留まり、頭をかすめて飛んでいった個体もいた。

P1250659

香貫山にはクマはいないがイノシシがいるので、注意を促す看板が立っている。

Img_20240125_112534

その看板のすぐ近くに、イノシシが掘り返した跡や足跡があるのだから、説得力があるねぇ。

Img_20240125_112549

|

« 梢越しの青空に想うこと | トップページ | ロケットストーブ試験→据え置き型七輪運用 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 梢越しの青空に想うこと | トップページ | ロケットストーブ試験→据え置き型七輪運用 »