« ロケットストーブ試験→据え置き型七輪運用 | トップページ | 奥沼津アルプス大平山に登る »

2024/01/29

愛鷹山の位置が変だぞ?

先週の26日、香貫山に登った

展望台で風に吹かれて凍えながら景色を楽しんだが、その際、展望台に置かれた山名表示に誤りがあることに気付いた。

P1250654

拡大するとわかるかな?

P1250654s

愛鷹山の位置がおかしい。
愛鷹連峰の最高峰は越前岳(1504m)だが、香貫山からは見えず、愛鷹山(1188m)と位牌岳(1458m)がよく見える。
愛鷹山は、富士山の左側(西側)の稜線から少し左のピークである。
展望台の写真では、引き出し線が愛鷹山よりも低いピーク(1006m?)を示している。

P1250654m

じつは愛鷹山の位置だけでなく、標高についても疑義がある。
展望台の表示では「1,187m」となっていたが、国土地理院の地図では「1187.5m」である。

Ashitaka_1187_5
地理院地図(電子国土Web)より
https://maps.gsi.go.jp/#15/35.198518/138.807664/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1g1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1

縮尺を小さくする(表示範囲を広くする)と、「1188m」となる。

Ashitaka_1188

山の標高は小数点以下を四捨五入するようだ。
とするなら、展望台の「1,187m」という表示も誤りで、正しくは「1,188m」ということになる。

展望台に誤った表示がされていてはよろしくないなぁ、と思ったので、沼津市公園緑地課にメールを送っておいた。
どういう返答が来るだろうか。

(追記)

2月1日に沼津市観光戦略課から返答があった。

愛鷹山の標高について:

愛鷹山の標高につきましては、ご指摘のとおり国土地理院によれば1187.5mとされておりますが、本市においては、従来小数点以下を切り捨てした1187mを採用して、配布するパンフレットをはじめ、市のホームページ等においても統一している経緯がございますので、当面はこのままの表示とさせていただきます。

小数第一位を四捨五入するか、切り捨てるかという値の取り方の妥当性の問題ではあるが、国土地理院は四捨五入を採用している。
だから登山者等の混乱を防ぐためにも愛鷹山の標高は1188mにするほうがよいのでは、と思うなぁ。

表示の変更について:

今後において、表示の見直しを行う際には、(儂の名前)様からのご意見も参考とさせていただき、看板だけでなく、全ての表示の変更を検討いたしますので、ご理解くださいますようお願いいたします。

検討する、ということなので、ぜひ誤りは正していってほしいものである。
とくに愛鷹山の山頂の位置は明確な誤りなので、直さないと恥ずかしいよね〜。

|

« ロケットストーブ試験→据え置き型七輪運用 | トップページ | 奥沼津アルプス大平山に登る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ロケットストーブ試験→据え置き型七輪運用 | トップページ | 奥沼津アルプス大平山に登る »