« こん、昼寝の夢に登場する | トップページ | シュレーディンガーの猫と現実の世界 »

2023/12/17

庭にピザ窯を作った

先月末から始まった外壁塗装工事が、12日の足場撤去でようやく終了した。
塗装そのものは先月中にほぼ終わっていたのだが、ベランダの防水工事を実施するまでに時間がかかったのだ。
なにやらあちこちで防水工事をしていて、日程が詰まっていたとか。

それはともかく、あと10年は外壁が維持できそうだし、居間とダイニングの掃き出し窓に内窓を設置したので、より快適に過ごせるようになるはずである。

外壁塗装工事中、というか足場が組んである間は、庭仕事ができなかった。
そこで足場撤去後、庭木の剪定をしたり耐火レンガを買ってきてピザ窯を作ったりした。
どういうわけか二週間ほど前から再びギックリ腰気味なので、腰痛ベルトを締めて作業した。

ペンキが塗り直されてきれいになったポーチに、物干し竿を設置するためのフックを増設する、なんていう作業もしたのだが、電動ドリルドライバーでネジを締めるときに、力を掛けたらネジが外れた。
ポーチの垂木に手を突っ張ろうとしたがその手も外れ、脚立から落っこちた。

室内から見ていたカミさんによると、テレビドラマなどで人が落ちるときのような具合だったそうだ。
ドリルドライバーに少し擦り傷ができ、左腿の筋肉がしばらく痛んだものの、ほかに被害はなかった。
翌日に耐火レンガを36個買って車に積んで運び、駐車場から庭まで運ぶことができたから、身体的にはまったく問題ないだろう。

その耐火レンガを積んでピザ窯を作ったわけだが、その詳細については、実際に使用してみてからまた書くことになるだろう。

さて、足場が組んである間、庭仕事はできなかったけれども、散歩にはいつも通り出かけた。
11日の夕方には、門池公園でカワセミを見た。

次の写真は池の周囲の擬木の上に留まっているところ。
くちばしの下側が赤いのでメスである。

Pc110593

次の写真は、シマサルスベリの枝先に移動したところ。
こういう水面の上の枝からダイビングすることもある。

Pc110597

ちなみに、遠くにうっすらと写っている山並みは、箱根の玄岳のあたり。
なんとか腰を直さないと、安心して山歩きもできないなぁ。

|

« こん、昼寝の夢に登場する | トップページ | シュレーディンガーの猫と現実の世界 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« こん、昼寝の夢に登場する | トップページ | シュレーディンガーの猫と現実の世界 »