« 秋の訪れ | トップページ | 哀しいほどの青空の日に »

2023/10/16

こんの夢を見る

今朝、プラスチック包装容器のゴミ出しに行ったところ、富士山の積雪の陰影が綺麗だった。そこで、ゴミ置き場からの帰り道は遠回りして近所の公園まで行き、富士山と愛鷹山を眺め、写真を撮ってきた。

Img_20231016_065142

愛鷹山の稜線のブナも色付いてきただろうか。気になるが、今週は7回目の新型コロナウイルスワクチン接種があるので、山へ行くのは来週かな。

……ということで、晴れた空の下、ウッドデッキにペンキを塗った。陽なたは暑くて汗をかいた。しかし木陰は涼しいので汗が冷える。気を付けないと風邪を引きそうな、やっかいな気候だ。

さて、今朝方、こんが久しぶりに夢に出てきた。

どういうわけか、布団の上にこんがいる。布団の上にいるときにはたいてい丸まって寝ていたものだが、その夢の中ではちょこんと座っていて、こちらを見ている。

どうしてこんが、死んでしまったはずなのに、と言うと、こんは消えてしまった。

こんが消えてしまったことが悲しくて、布団の上に体を折って、子供のように声を上げて泣いた。

泣いたところで目が醒めた。夜明け前の暗い寝室で、仰向けに寝ていた。夢の中と頭の向きが180度違うので、少しばかり失見当識があった。現実には、泣いていなかったようだ。

トイレに行って寝たら、またこんの夢を見た。

今度は陽の当たるベランダに立っていて、こっちを見ている。(実際にはベランダと寝室は隣接していないのだが)こんにこっちへ来いと声を掛けて布団をめくって待つ。

もちろん、こんが来るはずもない。

布団をめくった状態で目が醒めた。そろそろ空が明るくなり始めるだろうか、という頃だった。

こんがこの世を去ってから、もうじき1年半になる。

|

« 秋の訪れ | トップページ | 哀しいほどの青空の日に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 秋の訪れ | トップページ | 哀しいほどの青空の日に »