« 真夏日の彼岸 | トップページ | 秋の訪れ »

2023/09/28

暑さ寒さも彼岸まで……と思って我慢してきたけれど

もう9月も終わろうかというのに、今日は30℃超えの真夏日。静岡県内でも35℃を超えて猛暑日となったところがあるらしい。

彼岸の頃から朝晩は涼しくなって、冷房や扇風機を使わなくても寝られるようになってはいるが。日中は暑い! 先週末との気温差が酷い。

急に気温が下がった先週土曜日(秋分の日)の夕方、ミズヒキの花穂に留まった状態のまま動けなくなったヤマトシジミを見つけた。

P92303932

ようやく日中の散歩もできるようになったかなと思った月曜日、鮎壺の滝まで歩いた。まぁ結構暑かったのだが。黄瀬川の河原の石に妙な穴が開いているのを見つけた。

Img_20230925_164543

直径3cmほどで、石を貫通している穴もある。どうやら溶岩樹型のようだ。この石は木立に流れてきた溶岩で、冷えて固まったときに木の幹や枝(の燃えて灰になった跡)が穴になったのだろう。

火曜日からはまた日中が暑くなったので、日没の頃に散歩に出るようにした。

公園の入口のエノコログサに、傾いた陽が射していた。こういう写真をスマートフォンで撮るのは難しい。一眼レフなら、ダイヤルを回してマイナス補正してやれば簡単だ。

P9250406

最近発見したのだが(マニュアルが500ページもあるのでなかなか読み進められないのだ)、OM-5には「デジタルテレコン」という機能があった。センサーの中央部分だけをトリミングすることで、テレコンバーターを使ったのと同様の効果を得るというものだ。望遠レンスが超望遠レンズになるのである。デジタルテレコンをONにして、ズームレンズの望遠側にして月を撮ってみた。35ミリ換算で600mmとなり、クレーターや海がはっきりわかるように撮れた。

P9250411

さて、夕方に散歩すると珍しい現象を見ることがある。夕日をぼんやり眺めていたら、その左側(南側)に幻日が出ていた(幻日については過去にも書いている)。縦になった短い虹のようであるが、見られる時間もサイズも短いので、気づく人は少ないようだ。

P9260415

珍しいといえば、ウチの玄関先にあったコレ↓はなんだろう、と気になった。

P9270419

先週気づいたときには白い泡の塊のような感じで、カマキリの卵塊かと思った。しかし、カマキリはこんなふうに草に卵を産み付けたりしないし、カマキリの卵塊ほど形が整っていなかった。白い泡はやがて黄ばんできて、触ると崩れて黒い埃のようなものが舞った。

こりゃあ胞子だな、ということは粘菌の子実体かも、と思って調べてみたら、どうやらススホコリという粘菌らしい。放っておけば、胞子が発芽して粘菌アメーバとなり、集合して移動する様子が見られるだろうか。

天にも地にも、驚異は満ちている。

|

« 真夏日の彼岸 | トップページ | 秋の訪れ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 真夏日の彼岸 | トップページ | 秋の訪れ »