« 散歩の記録 | トップページ | 歴史の改変は可能か? »

2023/07/29

もしもカメムシが良い匂いだったら

P7280332

昨日、庭にムギワラトンボが飛んできた。胸と腹が黄色いので「麦藁蜻蛉」と呼ばれているが、正式な和名ではない。

ムギワラトンボはシオカラトンボのメスである。シオカラトンボのオスは、次の写真のように腹が青い(「散歩の記録」の写真を再掲)。

P7240325

ウチの庭には、こんな具合にトンボやチョウがやってくるので、殺虫剤の使用は最低限に留めている。庭で作業するときに蚊取り線香を焚いたり、アリの侵入防止用に壁の隙間に薬剤を塗布する程度だ。

そのため、あまり歓迎したくない虫もやってくる。ハチやセミは、まぁやり過ごせばなんとかなる。困るのはカメムシだ。

どういうわけか、緑のカーテンにしているリュウキュウアサガオに、大量のホオズキカメムシが発生する。カメムシに栄養分を吸われてリュウキュウアサガオが弱るとか、そういう被害はないのだが、カメムシが洗濯物に留まっていたりすると、その匂いが付いて大変迷惑である。

もしもカメムシの匂いが良い匂いだったら、こんなに嫌われないだろうに、と思いながら、毎朝駆除している。駆除方法は、「効果的カメムシ駆除法」や「カメムシを進化させちゃってるかもしれない」に書いた通り、界面活性剤の水溶液を利用している。

要するに、豆腐の容器に台所用洗剤を1滴入れ、水を張って、そこにカメムシを落としているのだ。この方法の利点は、容器の水溶液が泡立っているので、そこに落ちてもがいてるカメムシを見なくても済むことだ。

今朝、例によっていやいや駆除作業をしていて、新たな発見をした。カメムシに天敵がいることが判明したのだ!

P7290339_12

ハエトリグモがカメムシの幼虫を抱えていた。カメムシは尻の先から臭い液を出して抵抗していたが、抵抗虚しく体液を吸われているようである。

ハエトリグモはカメムシの匂いが気にならないのだろうか? ひょっとしてハエトリグモにとっては良い匂いだったりするのか?

|

« 散歩の記録 | トップページ | 歴史の改変は可能か? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 散歩の記録 | トップページ | 歴史の改変は可能か? »