« 愛鷹連峰位牌岳の手前までブナの新緑を見に行った | トップページ | 『はだしのゲン』を読んだ »

2023/05/17

在来種? 外来種?

以下の写真は、ここ数日の間にウチの庭および近くの公園で撮影した生物だが、それぞれ在来種(日本在来の野生生物)と外来種(栽培飼育環境から逃げ出した外来生物)のどちらだろうか?

(1)P5120242

(2)P5120243

(3)P51202442

(4)P5120247

(5)P5150255

以下、正解を記す。

P5120242

(1)ツチイナゴ(在来種)

ちなみに、仮面ライダーのモデルはイナゴではなくトノサマバッタだそうだ。

P5120243

(2)コモチマンネングサ(在来種)

「子持万年草」の「子持ち」は、葉の付け根に珠芽(むかご)ができるから。むかごが地表に落ちて無性生殖で増殖する。学名は Sedum bulbiferum Makino で、牧野富太郎が命名者である。

P51202442

(3)ユウゲショウ(帰化植物)

夕化粧という優雅な名前だが、北アメリカ原産の元栽培植物。赤花(淡紅色)の株が多いが、まれに白花の株がある。

P5120247

(4)ニホントカゲ(在来種)

ウッドデッキで昼寝をしているところ。日差しが少々強くてデッキの表面が熱かったのか、手足を背中に回している。ちなみに、日なたの岩の上などで昼寝することを、登山用語でトカゲという。

P5150255

(5)コブハクチョウ(帰化動物)

なにせ体が大きいので、餌として食べられてしまう植物や昆虫の減少や水質の悪化など環境負荷が大きい。

帰化生物が自然環境に放たれると在来生物に悪影響を及ぼすので、故意に放したり植えたりしてはいけない。庭に留めましょう。

|

« 愛鷹連峰位牌岳の手前までブナの新緑を見に行った | トップページ | 『はだしのゲン』を読んだ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 愛鷹連峰位牌岳の手前までブナの新緑を見に行った | トップページ | 『はだしのゲン』を読んだ »