« 2023年4月 | トップページ | 2023年6月 »

2023/05/31

『はだしのゲン』を読んだ

はだしのゲン』を最初に読んだのは、1970年代はじめ、中学校の図書室だったと思う。
当時は原爆投下とその直後の悲惨さだけが印象に残ったが、読み直してみると、戦後の話のほうが長い。

そしてある意味で、原爆投下直後よりも非道い。
ゲンの一家や仲間たちの「敵」は、原爆を投下したアメリカ軍、被爆者を実験サンプルとしか見なさないアメリカ政府だけではない。
むしろ、日本人の大人たちに対する憤りのほうが大きいのではないか。

子どもたちを(大人たちが始めた)戦争の道連れにして命を奪い、親兄弟を奪い、住む家を奪い、教育の機会を奪い、肉体的・精神的に傷付け、被爆者を差別する……。

Sketch1685501320423

儂の親の世代は、ゲンと同じように終戦時に小中学生だった。
その親の話を聞くと、やはり大人たちの変わり身の速さに腹が立ったという。

玉音放送の翌日、軍事教練で生徒に体罰を加え続けてきた教官は、中学生からの仕返しを恐れて逃亡する。
英語の教師が急に威張りだす。
鬼畜米英、一億火の玉、と叫んでいた大人たちが「じつは戦争には反対だったのだ」「竹槍で勝てるわけがないと思っていた」と言い始める。

太平洋戦争への道 1931-1941』などでは戦前の状況について、慎重な軍部を国民が煽り、無謀な戦争へと突き進んだ側面もあると書かれている。
いまを「新しい戦前」にしないために、戦争を体験せずに老人となった儂らは、何ができるだろうか。

| | コメント (0)

2023/05/17

在来種? 外来種?

以下の写真は、ここ数日の間にウチの庭および近くの公園で撮影した生物だが、それぞれ在来種(日本在来の野生生物)と外来種(栽培飼育環境から逃げ出した外来生物)のどちらだろうか?

(1)P5120242

(2)P5120243

(3)P51202442

(4)P5120247

(5)P5150255

以下、正解を記す。

P5120242

(1)ツチイナゴ(在来種)

ちなみに、仮面ライダーのモデルはイナゴではなくトノサマバッタだそうだ。

P5120243

(2)コモチマンネングサ(在来種)

「子持万年草」の「子持ち」は、葉の付け根に珠芽(むかご)ができるから。むかごが地表に落ちて無性生殖で増殖する。学名は Sedum bulbiferum Makino で、牧野富太郎が命名者である。

P51202442

(3)ユウゲショウ(帰化植物)

夕化粧という優雅な名前だが、北アメリカ原産の元栽培植物。赤花(淡紅色)の株が多いが、まれに白花の株がある。

P5120247

(4)ニホントカゲ(在来種)

ウッドデッキで昼寝をしているところ。日差しが少々強くてデッキの表面が熱かったのか、手足を背中に回している。ちなみに、日なたの岩の上などで昼寝することを、登山用語でトカゲという。

P5150255

(5)コブハクチョウ(帰化動物)

なにせ体が大きいので、餌として食べられてしまう植物や昆虫の減少や水質の悪化など環境負荷が大きい。

帰化生物が自然環境に放たれると在来生物に悪影響を及ぼすので、故意に放したり植えたりしてはいけない。庭に留めましょう。

| | コメント (0)

2023/05/11

愛鷹連峰位牌岳の手前までブナの新緑を見に行った

5月10日水曜日、愛鷹連峰の位牌岳に登った。
ゴールデンウィーク終了後の平日、晴れたらブナの新緑を見に行こう、と思っていたのだ。

布団を干し、部屋と風呂の掃除をして、弁当(おにぎらず2個)を作って9時半頃出発。
登り口の水神社には、10時ごろに着いた。

青空! 新緑! ちょっと冷たいくらいの風が最高ですな。

Img_20230510_102116

林道からつるべ落としの滝へのハイキングコースに入ると、路傍のあちこちにオトシブミの揺籃(ゆりかご)が落ちていた。

P5100194

昆虫も盛んに活動を始める時期になったのだ。
そのせいで、ちょっとばかりコバエがうるさい。
汗をかいた頭にまつわりつくし、動画を撮れば写り込むし。
オオルリが鳴いていたので動画を撮ったら、コバエの姿だけでなく羽音まで入っていてガッカリ。

一昨日に大雨が降ったので、沢の水量が多い。
おかげで沢沿いに登る間、飲み水に苦労しなくて有り難かったが、ふだんのこのルートでは、こうはいかない。
千じょう岩にも流れや小さな滝ができていた。

P5100199

正午少し前、つるべ落としの滝に到着。
やはり雨の後なので水量が多い。
滝壺のあたりは水滴が漂っていて肌寒い。
ザックにしまい込んでいたウインドブレーカーを羽織った。

P5100215

ほかに登山者がいないので、滝を独り占めである。
近くの岩の上で昼食。

Img_20230510_120352

12時半頃、再び登り始める。
アシタカツツジ(だと思う、たぶん)の咲く沢沿いの道は気分が良いが、急傾斜なので脚が辛い。
若い登山者2名と、高らかに鳴くミソサザイに遭遇。

P5100225

どうにも脚が上がらなくなってきたので、この先のルートをどうするか考える。
位牌岳(1457.5m)への登頂はあきらめた。
ということは、位牌岳から南西へ、愛鷹山方面へ下って一服峠から水神社に戻るルートは却下である。

儂はピークハンターではないので、山頂を踏まなくてもなんとも思わない。
ただし、この先のブナ林には行きたいので、もう少し頑張って稜線まで到達しようと、トレッキングポールにすがって岩や根の段を登った。

稜線手前、沢の源頭部に到着。
ちょっと広くなっていて、岩の間を水が流れている。
ここはもう一度来たかったところのひとつだった。

P5100227 

2004年10月に登ったとき、木々の中の小さな水辺に感動したからだ。
18年と半年ぶりかぁ……登るのが辛いわけだ。儂はもう高齢者なのだから。

P5100228

などと考えながら、ヒイヒイ言いつつ登り、14時頃、稜線に到着。
位牌岳と池の平展望公園、つるべ落としの滝へ至るルートの分岐点にあたるところだ。
そこから位牌岳の方へ100メートルほど進むと、大きなブナの林に出る。

P5100230

ここからさらに位牌岳へ向かうと、しばらくは快適な稜線の道だが、やがて急な最後の登りがあることがわかっている。
そこで、この林の中に留まってシジュウカラやアカゲラの声を聞きながら、下りのルートを考えた。

P5100232

来た道を戻って、つるべ落としの滝を経由して水神社に戻るのが最短のようだが、ここまでの登りでガタガタになった膝が、沢沿いの急な下りに耐えられるかどうか不安だ。
そこで、稜線を下って池の平展望公園に向かい、長泉森林公園を経由して水神社に戻ることにした。
長泉森林公園から水神社までの林道が長いが、このルートの良いところは、携帯電話の電波が終始通ることだ。
沢沿いは圏外だから、途中で動けなくなっても救援要請ができないからね。

しばらくブナ林の稜線を行くと、Google マップでは「展望広場」と名前の付けられている開けたピークに出た。
足元はシカの踊り場になっている。
踊り場というのは、シカが集団で採食したり休息したりするため木々がなく広くなった場所のことだ。

振り返ると、位牌岳から前岳に至る稜線越しに富士山が見えた。

Img_20230510_142452

展望広場からは、東富士演習場や箱根の山並みも見えた。

Img_20230510_142600

ここから池の平まで、わずかなアップダウンのある稜線を歩く。
いや、ダウンの方はけっこう急かも。
幅が1メートルに満たない痩せ尾根もあって、登山道の両側に木々がなければキレットになっているのではないかと思う。

昨年11月に紅葉を見に来たときに昼食を摂った地点を過ぎ、こんと一緒に2019年11月に来た地点を過ぎて、15時40分、池の平展望公園に到着。

Img_20230510_154158

駿河湾を眺めながらキットカットを食べておやつ休憩。

この後は何度か来たことのある道なので、痛む右膝をかばいつつだらだら下った。
林道の途中で沢に降りて顔を洗い、16時45分、水神社に到着。

久々にブナの新緑の中を歩けて気分は良かったのだが、いかんせん、体力の限界を感じた。

うーむ、高齢者の登山とはこういうものか。
今後の山歩きは少し慎重に考えないと危険かもしれないなぁ。

| | コメント (0)

2023/05/08

シダとの戦い

こんがいたころは、庭の端のあたりにシダやドクダミの茂みを残しておいた(次の写真は2021年4月に撮影)。
庭の手入れができるのが、晴れた休日に限られていたから芝だけ刈って手抜きをしていただけではない。
こんが茂みでまどろんだり、トカゲを追いかけていたりしたので、野性的(?)な部分を庭に残す意図もあったのだ。

Dsc_3017

そのシダ類のウチいちばん多いのは何か、というと……、オシダ科のシダ類の同定は難しいので、ヒメワラビかヤワラシダだと思うのだが、はっきりとはわからない。
次の写真のような、葉の柔らかい、2回羽状複葉の夏緑シダである。
庭にはほかに、カニクサやイノモトソウも生えている。

P5010182

毎日が日曜日になって、雨さえ降らなければ庭の手入れができる。
そこで蚊が潜みそうな茂みを減らすことにした。

一週間ほど前に、とりあえずすべて除去したのだが、毎日のように芽が出てくる。
芽というか、折りたたまれた若い葉だが、まぁここでは「芽」としておく。

P5010179

出てきた芽の長さは1〜2cmほどだが、これを掘り返してみると……。

P5010181

10cm近い地下茎(と根)が出てきた。
こういうとき、シダの本体は地下茎なのだなぁと思う。

この地下茎をすべて取り除かないと、シダを根絶できない。
ちぎれた地下茎が残っていると、そこから葉を展開して新しい株になる。
ようするにクローン増殖(単為生殖)である。

もちろん、庭から地下茎をすべて除去しても、どこかから飛んでくる胞子が発芽して前葉体となり、そこから新しい個体ができるかもしれない(こっちは有性生殖)。

シダとの戦いは続く。

| | コメント (0)

2023/05/03

憲法記念日に幻日を見た

憲法記念日の今日5月3日の夕方、散歩中に傾きかけた太陽を見て、薄雲がかかっていることに気づいた。
太陽の手前に薄雲がかかると、彩雲や日暈といった気象現象が起こる。
それを期待して眺めていたら、幻日が現れた。

P5030183

次の写真では、太陽(右側の雲の中)と同高度で左に22度離れたところに、虹色の幻日が見える。

P5030189 

幻日とひこうき雲。羽田から名古屋か大阪に向かう旅客機(エアバス)だろうか。

P5030190

以前、「戦争放棄と信教の自由の誤解」という記事にも書いたが、幻日は現実(笑)に存在する現象である。
厳密に言うと、幻日は太陽光が雲粒(氷晶)で反射・屈折して生じる光学的現象なので、そこに光る実体があるわけではない。
太陽の角度と雲粒の位置、そして観察者の位置の組み合わせがマッチしたとき、幻日が見える。
太陽も雲粒も観察者(儂)も実在している。

ひこうき雲や、その雲の元となる旅客機も実在している。

だが、その旅客機が国内線であるにもかかわらず、ひこうき雲ができるほどの高度を飛ばなくてはならない理由は、仮想的な「横田空域」のせいである。
東京・神奈川・静岡・山梨などの上空7000メートルくらいまでは、アメリカ軍が優先的に使える空域で、旅客機は飛べないのだ。

今日も輸送機(C-140かな?)が何度も旋回していた。
例の事故の多い機体、オスプレイも頻繁に数百メートルの高度で飛ぶことがある。
エンジン音がウルサイし、ウチの窓が共振して振動するし。
風の強い日に遷移モードで飛んでいたりすると、落ちてくるんじゃないかとヒヤヒヤする。

このような飛行制限空域は、仮想的な国家というやつの仮想的な約束事によって設けられている。
はてさて、仮想的な国家というやつはなんとも厄介だ。
その国家のために実在の個人の自由が制限される(場合によっては命が奪われたりする)事態はなんとかならないもんであろうか。

| | コメント (0)

« 2023年4月 | トップページ | 2023年6月 »