« 朽ちていくもの | トップページ | また迷惑メールが来たよ »

2023/04/14

愛鷹山で山桜を見る

昨日(4月13日)の午後、愛鷹山の水神社から二時間ほど林道を歩いた。

P4130143

すると、ちょうど山桜が花盛りだった。例年よりも2週間ほど早い。

つるべ落としの滝(雨が少ないと見られないので「まぼろしの滝」とも呼ばれる)の入り口あたりもこの通り。

P4130146

ここからさらに先に進むと、一服峠や愛鷹山への登り口があるそうなので、その確認のため林道を歩く。

昭文社の「山と高原地図」のコースタイムを見ると、愛鷹山や位牌岳に登るならば朝から出かけなくてはならないが、今回はその下見なので、午後から出かけたのだ(水神社までは、ウチから車で20分)。

P4130151

林道をだらだら歩くのはあまり好きではないが、山桜と新緑を眺められたので楽しかった。

沢へ降りて水を飲んだり、植物の写真を取ったり、四十雀や山雀をからかったりしたのでコースタイムどおりとは行かなかった。

こういう寄り道の時間を除けば、コースタイムから大きく遅れたわけではないので、高齢者の山歩きとしてはまぁまぁであろう。

昨秋歩いた尾根の下の斜面にも、たくさんの山桜が咲いていた。

P4130148

1時間と少々歩き、一服峠の登り口に到着。なるほど、この梯子を登って一服峠に向かい、そこから愛鷹山なり位牌岳なりを目指すのだな。

Img_20230413_150402

この登り口で折り返して林道を戻ろうと思っていたのだが、林道を挟んで反対側(南側)に水神社への近道を示す道標があった。

その道標に従って檜(ヒノキ)の林の中の尾根道を下ったところ、登りの半分の時間で降りることができた。ただし、林の中のため景色がなく、また急なところもあり、その上地図にも載っていないので、万人向けではない。

そういえば、儂はヒノキ花粉にアレルギーがあるのだが、檜林を歩いても症状が出なかった。なぜだろう?

|

« 朽ちていくもの | トップページ | また迷惑メールが来たよ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 朽ちていくもの | トップページ | また迷惑メールが来たよ »