« 2023年2月 | トップページ | 2023年4月 »

2023/03/31

タチツボスミレとスミレ

先日、香貫山の尾根上の明るい林床と湿った斜面にタチツボスミレが咲いていたという話を書いた。

その記事の中で触れた、ウチの駐車場で咲いているタチツボスミレを撮った。

P3290086

駐車場のコンクリートと犬走りの間の隙間に根を下ろしている。まったく、いろいろなところで咲くものである。

タチツボスミレを漢字で書けば「立坪菫」で、「坪」つまり庭に咲く、茎が「立つ」スミレという意味である。

まだこの時期は茎があまり立っていないが、初夏には高さ15cmくらいまで茎を伸ばし、葉を広げる。ちなみにウチのタチツボスミレは、その時期になるとツマグロヒョウモンの幼虫に食われて丸裸になる。

さて、ウチの庭の芝生には、タチツボスミレではなく次の写真のスミレが咲く。

P3290087

このスミレは、「ナントカスミレ」ではなくただの「スミレ」である。説明するのがややこしいな。

たとえばタンポポという「種」はない。よく見かけるタンポポは、「キク科タンポポ属セイヨウタンポポ」であり、ウチの庭で大切に自生させているのは「キク科タンポポ属トウカイタンポポ」である。「キク科タンポポ属タンポポ」という種はない。

ところがこのスミレは、「スミレ科スミレ属スミレ」という種なのである。日本に自生するスミレの仲間(スミレ科スミレ属)は、変種を含めて100種類を超えるが、「スミレ」という名前のスミレ科スミレ属の種は、このスミレだけである(ややこしいな)。

だったらニホンスミレとかそういう名前にすれば良いのではと思われるかもしれないが、日本特産ではなく、朝鮮半島や中国本土にも分布している。学名は Viola mandshurica だから、「満州の菫」である。

さてさて、ウチの敷地という狭い範囲での話だが、なぜタチツボスミレは駐車場のコンクリートの隙間、スミレは芝生というように棲み分けているのか? タチツボスミレの適応領域は広そうなのだから、タチツボスミレが芝生に生えていても良さそうなものだが……。

答えは、儂という環境要因の存在である。

芝生を維持するため、定期的……と言わないまでも、年に数回短く刈り込む。このとき、スミレは地上茎がないので、刈られても成長点が残る。それに対してタチツボスミレには地上茎があるので(茎が立っているので)成長点を失ってしまう。そのため、タチツボスミレは芝生では生きていけないのだ。

タチツボスミレは刈り込みには(おそらく草食動物による被食圧や山火事などにも)弱いのである。逆に言えば、刈り込みなどの環境変動に弱いので、林床や斜面、コンクリートの隙間などのあらゆる環境に適応して生存を図っているのだ。

一方、スミレは刈り込みに強いだけでなく、じつはコンクリートの隙間などでも生存できる。だからいずれウチの敷地内でも、スミレがタチツボスミレを脅かすようなことになるのだろうか?

今後の推移を見守りたい。

| | コメント (0)

2023/03/27

香貫山の桜吹雪

予想より早く桜が開花しているようなので、香貫山に登った。

午前中、曇り空の下の散策だったがそれなりに風情があった。

風が吹くと雪のごとく花びらが舞う。桜吹雪ですな。

P3270055

時折薄日が射し、淡い桜色の花びらに陽の光が透ける。

P3270062

ミツバツツジ(だと思う、たぶん)も咲いていた。

P3270068

展望台から三島市方面。尾根筋や斜面にも桜が咲いていた。

P3270077

あいにくの曇り空なので、右奥に見える駿河湾も鈍色。

P3270074

林道脇の法面のタチツボスミレの群落。こういう湿った火山堆積物の斜面だけでなく、尾根筋の明るい林床にもタチツボスミレが咲いていた。

P3270050

スミレ類の分類はややこしいので自信がないが、タチツボスミレで間違いなかろう。ウチの駐車場にも咲いているので、生息範囲というか、適応領域の広いスミレだなぁ、と思った。

| | コメント (0)

2023/03/26

名刺を整理した(3)

似顔絵を描き写した名刺は、ハンドシュレッダーで処分。

これで、会社の資料はすべてなくなったはずだ。

Face013_20230326115201

Face011

Face015_20230326115201

Face014_20230326115201

Face012

(おわり)

| | コメント (0)

名刺を整理した(2)

名刺の似顔絵の続き。

仕事の範囲が印刷・出版、システム開発および教育関係だったので、名刺を交換したのは技術系・研究系・営業系・デザイン系の人々である。数秒で描いた雑な似顔だが、職種の雰囲気が出ているだろうか?

ちなみに、同じ人を二度描いていることもあるのだが、そのときどきの雰囲気で、全く違う絵になっていたりする。

Face006

Face007

Face010

Face009

Face008

(つづく)

| | コメント (0)

名刺を整理した(1)

退職する前に、書類は会社でシュレッダー処理したが、名刺をシュレッダーにかけるのが面倒くさかったので、一旦家に持ち帰った。もちろん、そのまま家に置いておいてはよろしくないので、雨の日など、庭仕事や散歩ができないときに、ハンドシュレッダー(手回し式の裁断機)で少しずつ細断した。

およそ四分の一ほどの名刺に、似顔絵が描いてあった。名刺に写真が載っていると、あとから誰の名刺かわかるのだが、写真がないとすぐに忘れてしまう。儂は人の顔と名前を一致させるのが苦手なのだ。

そこで、打ち合わせ中や打ち合わせの直後に、ちょろっと1cm角くらいの似顔絵と、日付を名刺に書くようにしていたのだ。しょっちゅう会う人や、二度と会わないであろう飛び込み営業の人、展示会などで会った人の似顔絵はない。

似顔絵と言っても似せて描くことが目的ではなく、儂が思い出すための印象を表現したものだから、本人に似ているとは限らない。

いま見直すとちょっと面白かったので、名刺から描き写してみた。

Face004

Face005_20230326112501

Face003

 Face002

Face001

(つづく)

| | コメント (0)

2023/03/23

OM-5を買った

昨日の午前中、通院の帰りにカメラ屋さんに寄って、ミラーレス一眼カメラ OM SYSTEM OM-5 を買った。

スマートフォンのカメラ機能が進歩したので、散歩中に写真を撮るには充分だと思っていたが、やはり接写や望遠には物足りない。

このところ毎日の散歩の後半、喪失感に悩まされることが多く、気を紛らわせるためのガジェットが必要かも、とも考えたのだ。

Img_20230323_130550

OM-5 はオリンパスから切り離されたOMデジタルソリューションズのブランド「OM SYSTEM」のロゴが付いた最初のミラーレス一眼だ。

OM-5 のフォルムはフィルムカメラの OM-1 や OM-2 に似ている。ミラーレス一眼の OM-1 よりも似ている。

ちなみに OM-1 ではなく OM-5 を買ったのは、少しでも軽いカメラが欲しかったのと、儂には OM-1 はオーバースペックだと思ったからだ。OM-5 の機能も使いこなせるかどうか自信がないのであるが。

P3220015

昨日の夕方、ようやく充電とアプリのセッティングが終わり、公園に散歩に行った。そろそろ桜が咲き始めた。

やっぱり一眼レフはいいなぁ。ファインダーで狙うのもいいなぁ。

そしてレンズのズームリングを回してズーミングして、好きな画角で切り取れるのもいいなぁ。

そしてそして、ボケ味もいいなぁ。

P3220019

ガードレールの下の土筆を撮るために、カメラを地面すれすれのところで構えて、バリアングルモニタを使ってみた。

どこにフォーカスを合わせるか、きめ細かく指定できるようだが、まだそこまで使いこなせていない。

P3220020

カラスノエンドウの葉にナナホシテントウがいたので、オートフォーカスで撮ってみた。

植物や昆虫を撮るときには、マニュアルフォーカスでピントを合わせる必要があるが、マニュアルフォーカスに切り替える方法がすぐにはわからなかった。

なんとかアプリ付属の取扱説明書で調べて解決したものの、やっぱり多機能だと使いこなせるかどうか不安だなぁ。

なお、OM-5 のレンズキットの標準ズームレンズは2種類あって、買ったのは高倍率ズームの 14-150mm のほう。35mmフィルムカメラの焦点距離に換算すると、広角の 28mm から望遠の 300mm までに相当する。とりあえずこの1本で、散歩中のスナップ写真には充分である。散歩中、右手でグリップを握り、ずっとぶら下げて歩いたが、カメラ本体もレンズも軽いので、まったく負担にならなかった。

しかし、最短撮影距離は 0.5m でマクロ倍率は 1:2 だから、接写用レンズとしてはちょっと物足りない。望遠のほうも、野鳥などを本格的に撮ろうと思ったら不足だろう。

ということで、もっとレンズが欲しくなったりしないか、という点でも不安になったりしたのだった。

| | コメント (0)

2023/03/15

ユスラウメ咲く

庭のユスラウメが咲き始めた。

Img_20230315_072524

ユスラウメが咲くと、桜(ソメイヨシノ)の開花も近い。

なんか今年は、桜が咲くのが怖い。

怖いというか、不安というか、心安らかでいられないというか……。

昨年、こんの散歩に家族と一緒に最後に行ったのが桜の頃だったからだろうか。

| | コメント (0)

2023/03/12

キャンピングチェアを修理した

3月は気鬱になる月である。
10日の東京大空襲、11日の東日本大震災。

こんがいなくなって、ひと月ちょっとで1年になることもあって、庭をいじっても散歩しても気が晴れない。

気が晴れるのは、何かを作っているときだけかもしれない。
目の前の課題を解決することに集中するからだろうか。

ということで、昨日キャンピングチェアを「楽しく」修理した。
先日、座面の下中央のパイプフレーム(以後「センターフレーム」と呼ぶ)の接続部分が壊れた、と書いた、ヘリノックスのサンセットチェアである。
いきなり座面がぐにゃりと沈み込んでしまったのだ。
ピンと張っているはずの座面の手前のラインが曲線になっている。

Img_20230311_135414

センターフレームをよく見ると、次の写真のようにプラスチックのスリーブに亀裂が入っている。

Img_20230311_135451

亀裂が入っているだけかと思ったら、パイプフレーム自体が断裂していた。

Img_20230311_144102

さて、修理するか、買い換えるか……。
買い換えると2万円超だし、儂は引退しちゃったので「明日からの在宅ワークに支障がある」というわけでもない。
……ということで、時間がかかっても修理することにした。

このチェアはモンベルから購入したものなので、モンベルの修理サービスにWebフォームから「修理または部品交換は可能か?」と問い合わせてみた。
すると翌日、パーツ交換で対応可能というメールが来た。

しかも「シンプルな構造なので多くのお客様がご自身で交換されています」とのこと。

ならば、パーツを送ってもらって自力で交換修理してやろうではないか。
部品代税込み4180円、手数料込みの送料が550円、代引で受け取ることにした。
モンベル直営店が近くにあれば、店舗での受け取りで送料が不要となる。

問い合わせてから6日目、宅配便でパーツが届いた。
通常のモンベルの通販商品同様、袋に入った状態である(写真には写っていないが、厚紙の袋の中に、さらにポリ袋に包まれていた)。

Img_20230311_135629

座面のフレームの先端のストッパーを引っ張ると、ショックコードの結び目を引っ掛ける構造であることがわかる。
ここを外せば、フレームをバラバラにできる。

Img_20230311_142237

脚のフレームの先端には石突き(ラバーフィート)があるが、これを外せばストッパーが現れるので、ショックコードをはずして付け直すという修理工程は同じである。

Img_20230311_141647

しかし、ショックコードを接続部分の穴に通すには、いったん結び目を解かなくてはならない。
解かなくてはならない結び目は、座面のフレームの先端2箇所、脚のフレームの先端2箇所の計4箇所である。

じつは、修理の全工程の中で、結び目を解くのにいちばん時間がかかった。
なにせ頑丈なゴム製なので、爪では歯が立たず、かといって本当に歯を使うわけにも行かないのでラジオペンチを使って、ショックコードを傷めないように解くのが手間だった。

Img_20230311_142857

ショックコードをフレームの中に通すため、ショックコードの先端を再び結んで、そこに適当なひもをくくりつける。
ひもの反対の端には、ナットを結びつけてフレームに通しやすいようにした。

Img_20230311_143152

フレームを通したショックコードにキャップを取り付けて、修理完了。

Img_20230311_144222

シートを取り付けると、座面がピンと張られた。
こうでなくては。

Img_20230311_144329

さて、今後は在宅ワークもほとんどしない予定なので、毎日毎日身じろぎしてフレームに負荷をかけることもないから、すぐに壊れることもなかろう、と思う。
そう願いたい。
修理するのは楽しいが、パーツ代がかかるからね。

| | コメント (0)

2023/03/11

空から降り注ぐもの

Img_20230311_160546

2023年3月11日の午後、散歩の途中に眺めた富士山は霞んでいた。
春霞ではなくて黄砂だろう。
スギの花粉もけっこう飛んでいるようだ。
自宅駐車場の車も真っ黄色である。
ちなみに上の写真では、右端に真っ赤な雄花をつけたスギが見える。

スギの花粉や黄砂も困ったものだが、まだ我慢の範囲内である。
許し難いのは、放射性降下物(フォールアウト)。

12年前の東日本大震災に伴う東京電力福島第一原発事故により大気中に放出されたセシウムなどの放射性物質は、まだなくなっていない。
帰宅できずにいる被災者の苦難は考えるだけで苦しくなるが、じつは遠く離れた静岡県でも、今日に至っても影響を受けているのだ。

静岡県の放射性物質関連情報の「「野生きのこ」における放射性物質の検査について」では、昨年9月の検査で食品衛生法の基準を超える放射性セシウムが野生のキノコから検出されたと報告されている。

こんな状況なのになぜ、政府は原発の再稼働や運転期間の延長を計画するのか。
まぁはっきり言って、現実把握能力や想像力に欠けた愚か者の計画だと思う。

Img_20230311_154848

河津桜は盛りを過ぎたが、若葉を空に向かって広げ始めている。
その空をカラスやトビが舞う。

この空から降り注ぐものは、陽光と花粉と黄砂だけにしてほしいものだ。
放射性降下物が再び降り注ぐことは、なんとしても避けなくてはなるまい。

| | コメント (0)

2023/03/05

ちっとも暇にならない

Img_20230303_1310392

一昨日はハナニラが咲き、昨日はトウカイタンポポとキュウリグサが咲いた。
日なたは暖かいが、風は冷たい。

Img_20230304_1341272

今日は午後になって雨が降ってきて、トウカイタンポポもオオイヌノフグリも花を閉じてしまった。

さて、退職して5日、まぁある意味で「毎日が日曜日」である。
さっさと手を付けないと別の用事が発生しそうなので、暇を持て余したりしない、という意味で。

週末の食料品の買い出しに行ったり、歯医者に行ったり。
先日手放したアルトから取り外した(比較的新しい)ドライブレコーダーをムスメの車に付けたり、ムスメの車から取り外した(かなり年季の入った)ドライブレコーダーをもう一台の車のリアウィンドウに付けたり。

通勤用に使っていたデイパックを一次避難用の非常持ち出し袋にしようと整理を始めたが未完だし。

一昨日、ブルーレイレコーダーのB−CASカードが壊れた話を書いたが、昨日はキャンピングチェアの接続部分が壊れた。
以前、リモートワークの際に腰痛予防のため使っていると書いたキャンピングチェアである。

「リモートワークが終わった途端に壊れるなんて、時期を心得たやつ」とムスメが評価していたが、リモートワークだけでなく昼寝など日常的に使っているので、使えなくなると困る。
そこで壊れた部分に負荷がかからないように応急処置して、購入したモンベルの問い合わせフォームに、修理可能かどうか入力して送信した。

ということで、問い合わせ中や処理中、対応待ちの案件をいくつも抱えているのだ。

| | コメント (0)

2023/03/02

関東地方で春一番、静岡県は?

Img_20230302_103458

昨日今日と暖かく、義母の形見の水仙が咲き、オオイヌノフグリやホトケノザも花を咲かせた。

昨日(3月1日)夜遅くに春一番が吹いたそうだ。関東地方の話である。
ウチのあたり(静岡県沼津市)も昨日も今日も強い南風が吹いているが、春一番ではないのだろうか?

さて、昨夜のこと、シャープのブルーレイレコーダーで予約しておいたテレビ番組の録画が開始されていないことにカミさんが気づいた(録画中であることを示すランプが点いていなかったのだ)。
テレビの入力をレコーダーに切り替えてみたところ、「B-CASカードが読み取れません。正しく挿入してください」というようなメッセージが出ていた。

カードを抜いて挿入し直してみたが変化なし、レコーダーをリセットしても効果なし、ということで、昨夜はそれ以上の対応は諦めた。
風呂に入って寝たかったからである。

今日はまず、レコーダーの電源をACタップから切って、カードを抜き、ダイソンのクリーナーでカードのスロットあたりを掃除。
ついでにエアーダスター(下のムスメがPS4の分解清掃をするために買ったものだ)で埃を吹き払った。

しかし、効果なし。やっぱりB-CASカードを認識しない。
レコーダーの埃が原因ではないので、レコーダーの故障か、カードが悪いのか……。

B-CASのサイトを見たところ、不具合原因特定のための手順を示すガイドがあったので、その手順に従って調べてみた。

今すぐ診断ナビ

やったことを簡単に示すと次のような具合。
レコーダーと同様のB-CASカードを使っているテレビとカードを交換する。
その結果、レコーダーは正常動作、テレビがエラー。
ということは、レコーダーの不具合ではなく、B-CASカードのほうが壊れているのだ。

そこで、B-CASのサイトの診断結果のページから「カード再発行の申込み」へと進んで、再発行を依頼し、送ってもらうことにした。
費用は送料・消費税込みで2160円。
レコーダーを買い換える羽目にならなくてよかった。

B-CASの「今すぐ診断ナビ」原因特定のための「障害の切り分け」の手順とカード再発行へのつながりもスムーズで、よくできたナビゲーションだなぁと思った。

ただ一つ惜しいのは、「障害の切り分け」を始める前に、カードの番号をメモしておくように、という手順がなかったことだ。
レコーダーとテレビのカードを交換する際、どっちのカードかわからなくなることを防げるし、その後再発行の手続きの際に必要になるからだ。

代わりのB-CASカードが届くまで、レコーダーは放送中の番組視聴や録画に使うことにできないので、ハードディスク内の番組やブルーレイディスクの再生にしか使えない。
しばらくの間、レコーダー(録画機)ではなくプレーヤー(再生専用機)になってしまうわけである。

| | コメント (0)

さらばアルト

Img_20230227_0832372

2023年2月28日、再雇用契約社員の契約満期のため退職。
65歳の高齢者になったその月の月末で契約が終了となったのだ。

もう通勤することもないので、この5年間使ったアルトを3月1日に売却した。
いま中古の軽自動車の需要が多いらしく、思ったよりも高値だった。

ここ3年は COVID-19 パンデミックに伴う在宅勤務がほとんどだったので、通勤に使う機会も少なくて、走行距離は6600kmほど。
販売店に持ち込む前に社内を掃除したところ、こんの毛が出てきたり、よだれの跡が残っていたり。
通勤以外に、こんを連れて近所の山や動物病院に行くときにも使ったので、その痕跡である。

なんとも寂しかったが、その痕跡を消し去った。

退職後の初日は、アルトを売却したほか、自動車保険の解約手続きをしたり、健康保険の届け出書類を書いて郵送したりで、まったく「毎日が日曜日」になった気がしなかった。

いろいろ手続きをしていて思ったのが、なんかいっぱい住所氏名を書いたなぁということと、判子を使わなくなったな、ということである。
5年前のアルト購入のさい、ランドクルーザープラドを下取りしてもらったときには、なんと実印が必要で、とても面倒くさかった覚えがある。

健康保険の手続きも、マイナンバーがあれば住民票や収入証明は不要だった。
マイナンバーは有無を言わさず個人に付与されていて、実際こうした利点もあるのに、このうえ更に税金を使ってカードを作らせようという行政の意図はわからんなぁ、と思ったのだった。

| | コメント (0)

« 2023年2月 | トップページ | 2023年4月 »