« 2022年10月 | トップページ | 2022年12月 »

2022/11/09

皆既月食の夜に

昨日夕方、リモートワークの業務終了後に散歩に出たとき、月の左下(東側)から欠け始めていた。
正確に言うと皆既月食の始まりで、月が地球の影に入り始めていたのである。

今、一眼レフを持っていないので、望遠レンズを使って月食の写真を撮ろうとは、初めから考えていなかった。
そこでまぁ、スマートフォンの夜景モードで撮ってみたのがこの一枚。

Img_20221108_175410

帰宅後、夕食の準備の合間に、月が完全に地球の影に入る様子をカミさんと駐車場から見た。

夕食後、2階のベランダに三脚とプロミナー(地上望遠鏡)を持ち出して観察したが、あいにく雲が広がってきて、天王星食は見られなかった。

皆既食の間の月は、20倍で見る月はトリュフチョコのような赤黒い球体として空に浮かんでいた。

皆既食の月が赤っぽく見えるのは、地球の大気圏を通過した太陽光のうち長波長の赤い光だけが月面に到達するからだ。
朝焼けや夕焼けと同じ原理だが、それにしても月は暗いなぁ、と思いながら見えていて、気づいたことがある。

朝焼けや夕焼けの富士山は、冬なら明るいピンク色や紅色だが、夏は赤黒い。
冬は白い雪が赤い太陽光に照らされるから明るいピンク色で、夏は雪がないので玄武岩の地肌が赤い太陽光に照らされるから赤黒い。

月の表面も玄武岩質だから、地球の影の中の月は、夏富士の夕映えと同様の色合いになるのだろう。

プロミナーで暗い月を見ていて、岩石でできた球体が真空の宇宙に漂っているのだということを実感した。

いま自分の居るこの惑星もまた、真空の宇宙に漂っている岩石でできた小さな球体である。
小惑星の衝突とか超新星爆発とか、「ちょっとした」宇宙のイベントで球体の表面の大気の膜が剥がれたり煮えたりしたら、その膜の中で暮らす生き物(とくにヒトなどの大型動物)は滅ぶだろう。

こんな小さな岩石の球体の上で争ったり、大気の膜の中を汚したりしてどうすんだろう、と毎度のように思うのだ。

| | コメント (0)

2022/11/05

愛鷹山へブナの黄葉を見に行く

晴れた平日に有給休暇を取って久々の本格的な山歩き。

3年前の2019年11月12日に、こんと歩いたコースを、ちょっと先まで行ってみた。

布団を干し、部屋と風呂の掃除をして、カミさんの指導で「おにぎらず」を作って9時20分に家を出た。

9時50分、長泉町森林公園駐車場着。登山靴に履き替えて、10時に登り始めた。

10時30分、池ノ平展望公園着。愛鷹山の稜線と駿河湾、伊豆半島、沼津市街がよく見えた。

このパノラマ写真は Google フォトが自動生成したもの。

Img_20221102_103020pano

池の平から位牌岳方面へ歩く。位牌岳のピークまで登る気はないので、あたりを眺めては写真を撮ったりしながら、のんびり歩いた。

Img_20221102_105510_20221105175201

ブナの黄葉やツツジ類の紅葉はいい具合だったが、カエデ類の紅葉はまだこれからという感じだった。

Img_20221102_114021

11時40分、葛山分岐あたり(標高約1010メートルくらい)の稜線に到着。ここで昼食をとって引き返すことにした。

Img_20221102_115013

木の根元が段のようになっていたので、雨具を座布団代わりに敷き、山と海を眺めながらの昼食。

Img_20221102_1139142

南側には、紅葉の山と海。

Img_20221102_1140432

北側には東富士演習場と裾野市街が見えた。タンデムローターの輸送ヘリが飛んでいた。

Img_20221102_115735

位牌岳から裾野市へ至る稜線越しに富士山もちょっぴり。

Img_20221102_115931

12時、稜線のブナの写真などを撮ってから下山にかかる。上空をジェット戦闘機が飛んでいてうるさかったが、視認できず。

Img_20221102_124605

12時45分、池ノ平展望公園着、ここで今日始めて登山者(1名)と遭う。

13時20分、長泉町森林公園着。

登りは息があがって辛かったが、休み休み歩けばなんとかなった。むしろ下りの階段状の道のほうが辛くて、トレッキングポールなしには膝をいためただろうと思う。

| | コメント (0)

« 2022年10月 | トップページ | 2022年12月 »