« 2022年6月 | トップページ | 2022年9月 »

2022/07/22

文明崩壊・人類絶滅のシナリオ

スティーブン・ウェッブ著『広い宇宙に地球人しか見当たらない75の理由』を再読した。
定期的な通院の待ち時間には Kindle を持って行って読んでいる。
Kindle にダウンロードした書籍の中で、2年前に読んだ本書の内容をあまり覚えていなかったので、もう一度読むことにしたのだ。
「もし宇宙人が存在するなら、いったいどこにいるのか」というフェルミのパラドックスへの回答は、もちろん、判断材料が少なすぎて確定できない。

さて、フェルミのパラドックスへの回答の中には、「文明の存続期間は短い」というものがある。
いくら宇宙に生命と知性があふれるほど存在していても、宇宙へ出ていくような文明を数百年、数千年しか維持できなとすれば、他の文明と接触することはないだろう。

Sketch20220722

昨今の国内や世界の情勢を見ていると、文明の崩壊、人類の絶滅の日近いかもなぁ、などと考えてしまう。
SFなどでよく見る(よく読む?)人類絶滅のシナリオに書かれているような出来事が、現実世界でもお起こりそうだからだ。
それも、小惑星の衝突のような、そう滅多に起こりそうもない、稀な出来事が原因ではなくて。

カルト
反知性主義的なカルト教団が各国政府を乗っ取り、科学を「黒魔術」と断じて文明を崩壊させる。宇宙へ出ていくことなど論外(というSFを読んだ記憶がある)。

核戦争
核兵器が使用されて「核の冬」となり、文明は崩壊、悪くすれば人類を含む多くの生物種が絶滅する。
大国間の全面核戦争でなくも、限定的な核兵器の利用でも核の冬になりうることを、カール・セーガンが指摘していた気がする。

温暖化
温室効果による地球温暖化が進み、異常気象と海水面上昇により食糧危機となる。
文明は崩壊、悪くすれば人類を含む多くの生物種が絶滅する。

氷河期の到来
温室効果による地球温暖化の影響で深海の海流が変化し、氷河期が到来する。
映画『デイ・アフター・トゥモロー』がそんな話だったね。

太陽フレア
太陽フレアにより、通信インフラなどが途絶し、脆弱な科学技術文明が崩壊。
原発のメルトダウンや核廃棄物の飛散が起これば、生活基盤が破壊されるだけでなく、人類を含む多くの生物種が絶滅する。

地殻変動
地殻活動の活発化により火山噴火・地震・津波の影響で文明のライフラインが分断・崩壊。
とくに原発のメルトダウンや核廃棄物の飛散が起これば、生活基盤が破壊されるが、これは地域が限られるだろうか。

パンデミック
パンデミックを甘く見て、終息前に感染予防策を解除したために感染者が急増。
感染時あるいは後遺症による男性不妊が増加し、人口は激減。文明が維持できなくなる。

小惑星の衝突のような天変地異ではなく、現在の生活と地続きのところから文明崩壊・人類絶滅に至るシナリオは、まだまだあるだろう。
星から星へ旅するような高度な文明まで発展することは、この広大な宇宙でもなかなか難しいことなのかもしれない。

そうすると、異星人の侵略だけは心配しなくてもよいかな。

| | コメント (0)

2022/07/16

Lenovo USI ペン無償交換

Lenovo IdeaPad Duet Chromebook で絵を描こうと思うと、指やスマートフォン用タッチペンでは物足りない。

そこで Chromebook 用の USI 規格のスタイラスペンを探したところ、Lenovo が IdeaPad 用のペンを出していた。

レビューを見ると、「使えないので買ってはいけない」から「問題なく使える」までいろいろで、「電池を入れ替えたら使えるようになった」というものもあった。

そこで溜まっていたポイントを利用してヨドバシで購入し、Autodesk(当時)の Scketchbook で使ってみたところ、ペンの先が画面に触れる前に描画が始まってしまった(次の図の右側)。

Screenshot-20220716-221419

Chromebook 標準のメモでは問題なく使えるので、アプリとの相性かなぁと思ったが、使いづらいので別の USI ペン(ATiC タブレットペン)を買って使っていた。

ATiC タブレットペンは、まぁ支障はないのだが電池がケツのほうに寄っているので、バランスがちょっと悪い。
ペン先もちょっと引っかかる感じなので、文字を書くとガリ版かボールペン原紙のようになってしまう(中高年しかわからないかな)。

それから約1年。

Lenovo が USI ペンの無償交換を開始したという記事を目にした(リリース自体は昨年9月に掲載されたようだ)。

IdeaPad Chromebook用 Lenovo USIペン(IdeaPad版)無償交換のご案内
〜 描画センサー感度にご不満の方は、ぜひお問い合わせください 〜

そこで問い合わせてみたところ、IdeaPad のシリアル番号や自宅住所などについて何度かやり取りした後、無償交換してくれることになった。

最初に問い合わせてから1週間で代替品が到着。

テストしてみたところ、まったく問題ない。

Screenshot-20220716-223923

Lenovo 純正ペンと ATiC のペンを比べると、筆圧感知の感度が違うようで、純正ペンのほうがきめ細かい反応が期待できそうだ。

ちなみに不調なほうの Lenovo のペンは、5営業日後に宅配業者が引き取りに来るそうである。

| | コメント (0)

2022/07/15

カメムシを進化させちゃってるかもしれない

今年も緑のカーテンとして、勝手に生えてくるリュウキュウアサガオを利用していて、先週から花が咲き始めた。

リュウキュウアサガオは病気にもならず、伸びすぎたつるを切るぐらいで手間がかからないのだが、カメムシが付くことだけが厄介だ。

ホオズキカメムシというナス科やヒルガオ科の植物に付く厄介な害虫で、このたぐいの昆虫は駆除するのが難しい。

ワシは8年前に「効果的カメムシ駆除法」を編み出して、今年もこの方法で駆逐している。

毎朝、食後に駆除しているうちに、気づいたことがある。

20220715

初日は10匹近くシャボン玉液をくっつけて退席願ったが、二日目はあっさりシャボン玉液にまみれたのは2匹だけで、のこり6匹はパラパラと落下して逃れた。

三日目は何匹いたのかわからないが、全部落下して逃げた。

ひょっとして、危険を感じたら直ちに逃れるような性格?の個体だけが生き残るように、選択圧をかけてしまったかもしれない。

これで逃れたカメムシが繁殖して、進化しちゃうと困る。

そこで落下してきたカメムシを水を入れた容器で受け止めて確実に仕留めるようにした。

約一週間でリュウキュウアサガオにつくカメムシは激減した(1日に1〜2匹)。

しかしまぁ、なぜゼロにならないのか? 毎日どこかから飛んでくるのだろうか、と考えて、ハタと気づいた。

庭の隅でサツマイモを栽培しているのだが、サツマイモもヒルガオ科だ。

慌ててサツマイモの葉をかき分けて見ると、……つるの上に十数匹のカメムシがいた。

これで朝のルーチンワークが増えてしまうことは決定だが、サツマイモの辺りはヤブカが多いのである。

まったく、虫どもときたら。

| | コメント (0)

« 2022年6月 | トップページ | 2022年9月 »