« オミクロン株は「まだ」風邪ではない | トップページ | 進化に方向性はない(これ書くの何度目かな) »

2022/01/30

『プロジェクト・ヘイル・メアリー』を読んだ

『プロジェクト・ヘイル・メアリー』を Amazon Kindle で買って読んだ。

『オデッセイ』というタイトルで映画化された『火星の人』を書いたアンディ・ウィーアーの第3長編である。

『火星の人』は、ポジティブな主人公が孤軍奮闘し、次々と遭遇するアクシデントを乗り越えて火星から生還するまでを描いていた。

『プロジェクト・ヘイル・メアリー』もポジティブな(陽気なキャラクターというわけではなく、ユーモアのセンスがあってめげない)主人公が孤軍奮闘する物語である。

何を書いてもネタバレになってしまいそうなので、舞台が太陽系にとどまらない、ということだけ書いておく。

太陽系から出ていくのに、そんな都合の良い方法があるか?などと突っ込みたくなるが、まぁそこは、SFは所詮ホラ話。
話のスケールを大きくするには、大きなホラを吹かないと。

さて、『プロジェクト・ヘイル・メアリー』の読後感はすこぶる良い。
クラークやアシモフやベンフォードや(初期の)ホーガンが好きな人なら、楽しめるだろう。

実は、読後感が「個人的に」すこぶる良かったのには理由がある。

『プロジェクト・ヘイル・メアリー』を読む前に、『三体』三部作を再読し、『サピエンス全史』を読了していたのだ。

人類(ホモ・サピエンス)と、宇宙における人類の位置付け……というか、宇宙にほかの知的生命体がいるとしたら、どんな出会い方をするのか(あるいは出会うことはないのか)について、ちょっと悲観的な気分になっていたのである。

ちなみに、『プロジェクト・ヘイル・メアリー』と『三体』は Kindle Oasis で、『サピエンス全史』は単行本で読んだ。

物理的な書籍は一覧性に優れていてランダムアクセスしやすいので好きなのだが、歳とともに活字(もちろん活版印刷ではないので印字だが)を読むのが辛くてかなわない。

その点、電子書籍は文字サイズや行間、明るさや色調まで自在に変更できるので読むのが楽だ。

まぁしかし、Amazon Kindle を使っていていちばん面倒なのは、「おすすめの書籍」やキャンペーンの通知がしょっちゅう来ることかもしれない。

Sketch1643509799880

|

« オミクロン株は「まだ」風邪ではない | トップページ | 進化に方向性はない(これ書くの何度目かな) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« オミクロン株は「まだ」風邪ではない | トップページ | 進化に方向性はない(これ書くの何度目かな) »