« 空に雲、地に病葉、人に愁いあり | トップページ | なゐの国 »

2021/10/06

科学とコンピュータ

プリンストン大学上席研究員の真鍋淑郎さんらがノーベル物理学賞を受賞。ということでマスコミや政治家は「日本人がノーベル賞を受賞」とか言ってはしゃいでいる。

真鍋さんは日本の出身だが、国籍はアメリカ合衆国である。はしゃぐのは何かおかしくないか?

今日のプリンストン大学での会見では、アメリカで研究しアメリカ国籍を取得した理由について、日本では協調を求められるし、コンピュータも自由に使えなかったからだと述べていた。日本での研究は不自由で、忖度とかは真っ平御免、ということだろう。
日本でも科学者はもっと政策に関わるべきだし、コミュニケーションが行われることが重要だとも述べていた。
そのあたり、学術会議に口出しするような政府(あー、前政府か?)はどう思うのかね?

受賞理由は「地球規模の気候変動モデルを構築し温暖化予測に貢献したこと」であり、選考委員は気候変動を物理学で説明できる科学的なモデルにしたことが重要だと言っていた。
地球温暖化を気のせいだとか自然現象だとか言って真面目に取り組もうとしない指導者たちに、科学的に考えろよ、とメッセージを送っているわけである。

さて、真鍋さんはコンピュータを自由に使える環境で気候モデルを作り上げたわけだが、それが1960年代である。そのころ、日本では大学のコンピュータ環境はどんな具合だったのか……。不自由だったことは確かだが。

1970年代後半、ワシが大学生の頃も大学の電算機室に鎮座するコンピュータは、誰もが自由に使えるものではなかった。学生が使うなんてことは論外で、教授ですら順番待ちだった。

ワシが所属していた作物学研究室には小型のコンピュータがあったのだが、プリンタ付きの大型のプログラム電卓のようなものだった。ディスプレイがなく、出力はレジのレシートのような感熱紙ロールだけ。教授が組んだ統計計算(分散分析とかt検定とか)のプログラムを起動し、データをテンキーで入力した。

調査項目の1項目、例えば「種子の重さ」とか「茎の長さ」とかを、野帳(フィールドノート)を見ながら100件入力したら、入力したデータと、平均や分散やt検定などの計算結果を出力する。そして、その入力データに誤りがないかを、野帳とレシート(のような出力紙)を対照してチェックする。入力ミスがあったら、100件すべてを最初から入力し直しとなった。だから入力時には必ず相棒を見付けて、野帳に記録した値を読んでもらい、復唱しながら入力する必要があった。

その小型コンピュータすら、研究室内の順番待ちでイヤになり、卒論のデータ集計が本格化する前に、プログラム電卓の購入を決意した。

P3094893s

カシオのプログラム電卓、FX-502Pである。プログラムを組むことができる関数電卓なので、型式名に fx(関数)とプログラミングの P が入っている。卒論では二元配置分散分析が必要だったので、付属の『プログラムライブラリ』を見ながらポチポチとキーを打ってプログラムを組んだ。

これで順番待ちを気にすることなく、何度でも入力し直して、結果をチェックできるので助かった。しかも、誰の手もわずらわせることなく、深夜だろうといつだろうと……。

じつはこの電卓、現役で、まだ使っている。購入したころは、電卓の表示部はネオン管が主流で、FX-502P は液晶表示の「はしり」であった。 「液晶なんて、5年もすると劣化して見えなくなる」というウワサがあったが、なんのなんの、40年以上不都合なく使えている。

研究室で、このプログラミング電卓でデータ入力や統計処理をやっていると、助教(当時は助手といった)がやってきてこう言った。

「いいなぁ、今の学生は電卓があって。オレが学生の頃は、手回し計算機だったからなぁ」

科学がコンピュータなしではやっていけなくなってから、半世紀も経っていないのだね。

そして今、ワシはこう思う。

「いいなぁ、今の学生は Excel とかスプレッドシートとかがあって。ワシが学生の頃は、電卓だったからなぁ」

現在のパーソナルコンピュータの性能は、1970年代のコンピュータの何倍だろうか。それに、カメラやセンサも使い放題だから、データの取得から分析まで一気通貫にできるだろう。

コンピュータの性能は著しく向上し、誰もが高性能の超小型コンピュータ(スマートフォンと呼ばれている)を持つ時代となった。

そのコンピュータを手にしている人々は、半世紀前と比べてより科学的な思考ができるようになっている……だろうか?

|

« 空に雲、地に病葉、人に愁いあり | トップページ | なゐの国 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 空に雲、地に病葉、人に愁いあり | トップページ | なゐの国 »