« ワクチン接種で安心できないわけ | トップページ | F-01Kを下取りに出した »

2021/08/28

2回めのワクチン接種完了

木曜日に2回めのCOVID-19ワクチン接種を終えた。沼津市の集団接種で、ワクチンはファイザーのコミナティである。

翌金曜日、副反応で微熱が出て軽い頭痛があったが、大したことはないので通常通り在宅勤務。注射した左腕が重く、Ctrl+C→Ctrl+V(コピー&ペースト)の操作にも手間取った。腕がうまく動かないので、余計なキーを押してしまったり。午後には猛烈な眠気に襲われて、Webページ91件分の画面校正がとても辛かった。

カミさんはワシよりも副反応が重く、半日寝込んだ。

Fig20210828

ワクチンを2回接種すると、「新型コロナワクチン予防接種済証(Certificate of Vaccination for COVID-19)」がもらえる。これをワクチンパスポートとして、様々な特典を……という話もあるが、どうかなぁ、と思う。

まず、ワクチンを2回接種しても、抗体ができて免疫を獲得するまで2週間から1ヶ月かかる。それまでは無防備だ、と考えたほうが良い。

さらに、ワクチンを2回接種しても充分な免疫を獲得できない可能性もある。

また、とくにデルタ株においては、ワクチンを2回接種して免疫を獲得し、重症化を防げても、感染(ブレイクスルー感染)そのものは防げない。感染すれば、体内でウイルスが増殖して、体外に排出される。

場合によっては、無症状で感染を広げるサイレントキャリア(見えない感染者)になってしまう可能性がある。

そこで、より年齢の低い世代までワクチン接種が進み、感染者数が激減するまでは、外出時のマスク着用や不要不急の外出抑制は続けなくてはならないだろう、と思う。不要不急の定義が難しいね……。そういえば、なんで政府は不要不急とかロックダウンとかの言葉の定義をしないのだろう?

とにかく、「ワクチンを2回射ったから大丈夫」ではない、ということをもっと周知する必要があると思うのだが、政府もマスコミもなぜしない?

|

« ワクチン接種で安心できないわけ | トップページ | F-01Kを下取りに出した »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ワクチン接種で安心できないわけ | トップページ | F-01Kを下取りに出した »