« 2021年6月 | トップページ | 2021年8月 »

2021/07/29

Lenovo IdeaPad Duet Chromebook を買った

Android タブレットが使用不能になったので、Chromebook を買うことにした。メインマシンとしては、カミさんと共用の Windows 10 ノートがあるので、ちょっとした調べ物やメモ書きなどの情報管理に使うための軽快なサブマシンが必要なのだ。

ちょっと悩んで、Lenovo IdeaPad Duet Chromebook にした。

 ASUS Chromebook Detachable CM3 も考えたのだが、初期不良とサポートに不安があったので、これまで初期不良があってもサポートに問題がなかった Lenovo にしたのだ。充電式のUSIスタイラスペンが内蔵されているのはちょっと魅力的だったが、内蔵ペンは細いし、動画を見たらレイテンシ(反応の遅延)が少々あるようなので、考え直した。

じつは、前に使っていた YOGA BOOK に似ている 2 in 1 タイプの Lenovo IdeaPad Flex 360 と最後まで悩んだが、Duet のほうがすぐに手に入るのに対し、Flex のほうは一週間以上かかる上、重さも違うことから、Duet にしたのだった。

さて、ヨドバシで日曜に注文したら、火曜に到着したので、在宅勤務中の昼休みに開封してセッティング。開封してから30分でWebブラウジングまでできてしまったから、最近の PC はセットアップが楽ちんである。

で、第一印象は……意外と重いな、ということだった。

タブレット形状の本体は、450gなので軽いのだが、キーボードとスタンドカバーを付けると920gになる。膝の上に置いて使うと、けっこう重い。

本体裏に磁力で貼り付けるスタンドカバーは、一部を開いてキックスタンドにできる。こんな感じ。

Dsc_31372

このキックスタンドの部分を開くときに少し力がいる。キックスタンドを開く角度は無段階なので、固めにしてあるのだろう。ただ、力の入れ具合をしくじるとキックスタンドが外れてしまう。

また、本体をキーボードの上に閉じた状態から本体を起こすとき、うっかりスタンドカバーを持ってしまうと、スタンドカバーが外れてしまう。スタンドカバーが外れると、こんな感じ。

Dsc_31402

キーボードの上に閉じた状態になっているため下側になっているが、本体の上部はアイスブルーのプラスチック製である。もちろん、プラスチックなのは電波を通しやすいからで、本体下部は金属製だ。

スタンドカバーの表面は布のような素材(ファブリック)だが、これが厚くて重い。厚いのはキックスタンドの機構が入っているためで、重いのは本体に貼り付くように磁性体が入っているからだろう。

とにかく磁力による接着というか結合が多用されていて、スタンドカバーだけでなく、キーボードも磁力で本体と結合する。

Dsc_31362

キーボード上端に二つの凸と五つの接点があり、本体を近づけるとパチっと結合する。ちょっと怖いくらいの勢いでくっつくので、この磁力の強さだとキャッシュカードのデータなどは一発消去だろうなぁと思う。

キーボード自体の剛性はけっこうあるので安定感があり膝の上でも問題なくタイピングできるが(いまもそうやっているが)、本体との接続部分がゴム状の素材なので、ここがぐにぐにしてちょっと不安定な感じだ。

また、接続の具合か初期不良なのかわからないが、esc, 1, q, a, z など左端のキーが効かないことがある。

ひょっとすると、外付けの Bluetooth キーボードを使ったほうが安定性がよいかな?とも思った。

Dsc_31412  

スマートフォンや iPad(会社の備品を貸し出してもらっているもの)などのテキスト入力に使っている Logicool K480 を接続してみたところ、問題なく使えた。膝の上で使うなら、このほうがいいかも。もちろん、画面の角度は固定、いちいち Bluetooth で接続する手間がかかる、といったデメリットはあるのだが。

どっちの運用が楽か、今後いろいろな場面で試してみることとしよう。

 

| | コメント (0)

2021/07/25

Lenovo YOGA BOOK がほぼ亡くなってしまった

先週木曜日、仕事で作成中のWebサイトがAndroidタブレットで正しく表示されるかどうか確認しようと思って、Lenovo YOGA BOOKを起動したら、画面が表示されない。

何度か電源ボタンを長押しして再起動すると、画面が表示されるものの縞が入ったり、周囲が暗くなったりして様子が変だ。

そのうち画面に何も表示されなくなってしまった。

YOGA BOOKはいわゆるコンバーチブルタイプのAndroidタブレットで、画面とキーボード兼ペンタブレットがウォッチバンドと呼ばれる特異な形状のヒンジで接続されている。

このヒンジの部分で断線しているのか、あるいは表示系の部品が壊れたのか……。

YOGA BOOKにはHDMI出力があるので、PC用のディスプレイに繋いでみた。

Sketch1627218451633

するとロック解除用のパターンが表示されたので、亡くなったのは表示系だけかな……と思ったが、タッチも効かない。

これは断線かもなぁ。

キーボードのトラックパッドでなんとかロックを解除したが、まぁ思うように動かすことができず、苦労した。

この状態では満足に使うことができないので、ユーザーデータを消去して工場出荷状態に戻した。

2017年7月に購入したので4年の生涯となった。

そういうものだ(So it goes)。

Androidタブレットとしては、複雑な機構を持っていた割に長持ちしたほうかもしれない。

| | コメント (0)

« 2021年6月 | トップページ | 2021年8月 »