« 2021年4月 | トップページ | 2021年6月 »

2021/05/12

生物の生態や進化に関する非目的論的思考について

昨日載せそこなった「緑」の写真(散歩の途中の近所の公園の植え込み)。

Psx_20210512_212921

緑色に見える植物が、緑色の光を使っていないことをご存知だろうか。

植物の葉は赤や青の光を吸収し、緑色の光を反射するので、緑色に見える。

赤や青の光を吸収して光合成に利用して、余分な緑の光を通過させるので、木漏れ日は緑色だ。

より効率的に光合成する「ため」には、緑色の光も使ったほうがよさそうだが、そうなっていない。

たまたま数億年前、植物が光合成に使い始めた色素が葉緑素(クロロフィル)で、今日までとくに不都合がなかったから、あるいは他の感光性色素に切り替えるコストが高いから、こうなっているのだ。

生物の生態や進化について考えるとき、「~のため」という目的論的思考は排除しなくてはならない。

生物の生き方や進化に目的や方向性はなく、生物の世界は(というか宇宙は?)偶然と確率が支配しているからだ。

だから最近テレビの報道番組などで聞く「ウイルスは宿主を殺すと生存できないので、変異して弱毒化する」という言説には違和感がある。

ウイルスが変異によって弱毒化するか強毒化するかは、わからない。感染力が強くなる変異株が生き残るのは確実だが。

感染力を増した変異株が強毒化して、宿主(人類)ともども絶滅してしまう可能性もある。

数年後か数十年後か、運よく弱毒化したウイルスだけが蔓延した島とか奥地とかに生き残った人類がいたとしたら、「SARS-CoV-2も変異して弱毒化したね」と言うだろう。

要するに、ウイルスは長いタイムスパンを経て、「結果として」弱毒化するのだ。パンデミックの最中にある現在、急速な弱毒化は期待できない。

ウイルスは「弱毒化しよう」などと思って生きているわけではないのだから。

| | コメント (0)

2021/05/11

木々の緑のまばゆい光の夏、気分が重いので更新が滞る

東京などでは緊急事態宣言が継続され、医療体制は危機的な状況。

コケて救急車のお世話になったら申し訳ないと思うと、山にも行けない。

それなのに日本のCOVID-19感染者数のグラフについて、「さざ波」と評する政府の人間がいるという腹立たしさ。

日々の数ではなく、こういうトレンドの立ち上がり方を見て、それでも「さざ波」というか?(グラフの出典は札幌医科大学医学部 附属フロンティア医学研究所 ゲノム医科学部門

Screenshot_20210511212841423

ワシには津波にも見えるぞ(日本は下から3番目の曲線で、最近の立ち上がり方はインドに次いで急なのでは?)。

そして何よりも1万人を超える死者やその家族に思い至らない輩が国政の中心にいることが、変異株よりさらに脅威である。

いったいどうしてこれでオリンピックなぞできると思うのか。

板挟みにされる選手もかわいそうだから、そろそろ決めろ、と言いたい。

いっそ、金と権力に汚染されたオリンピックは、全世界のCOVID-19が終息するまで停止してはどうか、とすら思う。

そしてアスリートを利用しての金儲けや人気取りを考える輩から、アスリートとアスリートを支援・応援する人々の手に、オリンピックを取り戻そうではないか。

| | コメント (0)

« 2021年4月 | トップページ | 2021年6月 »