« 2020年10月 | トップページ | 2020年12月 »

2020/11/27

AfterShockz OpenMove 使用感

6年もののヘッドセット(安いやつ)が壊れた。
右チャンネルが聴こえにくくなり、その音声がマイクに漏れる。
分解してみたら、導線の固定が外れて接触していた。
断線しかけていたので、このヘッドセットは廃棄。

また安いのでも買おうかなぁと思ったが、普通のヘッドセットは眼鏡と干渉するので使いづらい。
耳の穴に入れるタイプは外耳が痛くなるので嫌いである。

そこでちょっと調べて、骨伝導ヘッドセットの AfterShockz OpenMove を買った。
もっと高音質・高性能の骨伝導ヘッドセットもあるが、骨伝導のヘッドフォンを買うのは初めてなので、税込み1万円未満ということも魅力である。

Dsc_2748

バーというかワイヤーというか、細くて軟らかいネックバンドの部分を頭の後ろに回し、左右のトランスデューサーの平たい部分を耳の前に当てる。
スマートフォンやPCとは、Bluetoothで接続する。
電源は充電式のバッテリーで、附属のUSB-Cケーブルで充電する。
左のトランスデューサーに音楽の再生などをコントロールするマルチファンクションスイッチがある。
右側の太めの部分には、電源スイッチ兼用の音量調整ボタンがある。

長所

  • 眼鏡と干渉しない。
  • ワイヤレスなので、機器と接続するケーブルに煩わされない。
  • Bluetoothのペアリングは、電源ボタンを押し続けるだけで、容易だった。
  • マイク内蔵なので、オンライン会議への参加も楽ちんだと思うが、まだ機会がない。
  • 電話に着信があると着信音がなる。マルチファンクションスイッチを1回押すだけで通話ができる。ということは、スマートフォンをザックやポケットに入れているとき、OpenMoveを装着していれば、スマートフォンが鳴っているのに気づかない、なんてことを防げるかも。
  • マルチファンクションスイッチを2回押して、「Ok Google」と言えば、検索できる(音声アシスタントの起動)。
  • 耳を塞がないので、耳の穴が痛くなったり、蒸れたりという不具合がない。
  • 耳を塞がないので、会話の邪魔にならない。周囲に気を配ることができ、散歩の際にも安全である。
  • 軽いので、さほど負担にならない。もちろん、こめかみの下を左右から押さえるので、多少の違和感はある。
  • 多少音漏れがするが、隣に座った人でないと気づかないレベルである。
  • 長所なのかわからないが、箱などを挟むと、振動が伝わってスピーカーになる。

Dsc_2749

短所

  • 耳を塞がないので、背景雑音が大きいと、音楽が聴き取れない。まぁ、音楽に集中したいときには、普通のヘッドフォンを使えばよいだけの話だが(耳が蒸れるのも締め付けられるのも嫌いなので、KOSS の porta Pro を使っている)。
  • Bluetoothだから仕方ないが、ときおり音声が途切れる。音楽なら音飛びするような感じ。まぁ、音楽に集中したいときには、有線のヘッドフォン(前述の porta Pro)を使えばよいだけの話だ。
  • 左側のマルチファンクションスイッチにうっかり触ってしまうと、音楽の再生が止まる。位置を直そうとして音楽を止めてしまうことが(とくに慣れないうちは)しばしばあった。
  • 電池残量を確認するのに、音楽を再生していないときに、音量+ボタンまたは音量ーボタンを押さなくてはならない。残量も、「充電されています」「半量です」「充電してください」の三段階らしい(まだすべての状態に遭遇していない)。もっとも、スマートフォンのBluetoothアイコンの下に「80%」のように表示されるので、接続時に確認することはできる。
  • 頭の後ろに回したバーと枕が干渉するので、寝ながら音楽を聴いたりできない。まぁ、寝ながら聴くなよってことだが。

| | コメント (0)

2020/11/25

老いについて

昨日の晩、こんが寝床場所にしている座布団(家中にある寝場所のうちのひとつに過ぎないが)から、落ちたらしい。

Dsc_2746

これは一昨日の写真だが、このように積んである座布団から降りようとして、フローリングで足を滑らせたのだろうか。

夕食の支度をしていたらドカッと大きな音がしたのでリビングを覗くと、こんがよろめきながら歩いていて、すぐに座り込んだ。

よだれも出て気持ち悪そうにしているので、夕食の間、ずっと背中を撫でた(こんは座卓の下に潜り込んでいたのだ)。

幸いにして今朝は元気そうで、朝ごはんも食べた。

今日は晴れたら山にでも行こうと思って有給休暇を取得していたのだが、天気もよくないので山行きは中止して動物病院へ。

原因は詳しく調べないとわからないということで、とりあえずコケたときの脳震盪を疑って注射と投薬で様子を観ることに。良くならなければ精密検査だ。

午後、1時間半ほどの散歩(ワシの歩数は7000歩くらい)のときも元気に機嫌よく歩いたので、大事でなければよいのだが。

さて、こんは15歳だから、人間でいえば80歳前後である。それにしては若々しいね、と獣医さんにも褒められた(?)ところをみると、老化の程度はそこまで進んでいないのかもしれない。

ワシも還暦を過ぎて定年後再雇用の非正規雇用で働き、高年齢雇用継続給付金をもらう身だから、老いを実感することがある。

身体のアチコチが痛いとか、長時間動けないとか、そういったことはともかく、仕事をしているときに「引退する潮時かもなぁ」と感じることがあるのだ。

プログラム言語の仕様を思い出せないなんてのはしょっちゅうで、やらなきゃならないタスクを忘れてたり、Web会議に遅刻したり、すでに作成したプログラムやマニュアルをまた作ってしまったり(作ったことをわすれているのだ)。

そこでつくづく思うのは、年取ったら、多くの人に影響を及ぼす重要な判断や決定をしないほうがよいのでは、ということである。判断や決定は、若い人たちに任せるべきだろう。

なんたって、年寄りは結果の責任を負えるほど生きていないのだから。

ワシも会社の3年後のことには責任を負えないので(3年後には引退しているので)、決定は若い社員に任せる。意見を聞かれれば、経験を活かして思うところを述べるが、その提案が採用されなくても、構わない。こんなことで腐ったり怒ったりするようでは、成熟した大人とは言えない。

GoTeGoTeキャンペーン、じゃない、GoToキャンペーンの強行によるのかもしれないCOVID-19の再度の感染拡大とか、学術会議任命問題とか、ともかく政治家や官僚がジジイばっかりなことが影響していないだろうか。

ジジイは隠居して単なるご意見番となり、決定は若者に任せたほうが、よりよい世の中になるかもよ。

| | コメント (0)

2020/11/22

エンジンルームに猫がいた!

散歩から帰ってきたとき、こんが駐車場で妙なしぐさをした。アルトの前でラジエータグリルの臭いを嗅いだり、車の下を覗いたりしては、キューキュー言うのだ。

これはもしや、と思ってボンネットを開けたら、エンジンルームの (4) エアフィルターの上に猫がいた(図は「スズキ アルト オーナーズ マニュアル」から切り出したもの)。

Screenmemo_20201122212709

 子猫ではなかったが成獣でもないようで、ワシのほうを二度見してから、(2) ブレーキフルードリザーバータンクとエアフィルターの間に頭を突っ込み、オルタネーターの横から地面に降り、逃げ去った。

もしも明日の朝まで気付かず、猫のほうものんびりしていて、エンジンをかけたら大惨事になるところだった。

やはりエンジンをかける前にボンネットを叩く「猫バンバン」は欠かさずやったほうがいいね。しかも、猫がビビるように、真剣にバンバン叩く必要がありそうだ。

それにしても、こんのナイスプレイであった。

| | コメント (0)

« 2020年10月 | トップページ | 2020年12月 »