« 迷惑な奴等 | トップページ | ドコモからのメールがウソくさかった件 »

2020/09/27

対話可能な異星人は存在するのか?

Psx_20190617_213545

ある夜、こんと散歩していると、月や星が明るかった。

夜空の星を眺めて思うことは、あの星ぼしは遠い太陽であって、その周りを廻る惑星があるだろう、そしてその惑星には、生物がすんでいるのだろうか、ということだ。
そしてその異星の生物は、夜空を眺めて「あの遠い星ぼしを廻る惑星には知的な生物がいるのだろうか」などと考えているのだろうか?

SF映画に出てくる異星人、つまりエイリアンや E.T. は対話可能であることが多い。
『スタートレック』や『スターウォーズ』の異星人は、撮影技術的な制約もあって「見た目の異なる地球人」だが、そもそも対話可能であることは、ストーリーを成立させるためには必須である。

だが現実には、対話可能であるとは限らないだろう。

地球上の生物であっても、犬とは対話することはできない。
意思の疎通はできても、抽象的な会話は不可能だ。

夜空の下を一緒に散歩していても、こんは星を見上げて「あの遠い星々を廻る惑星にも犬がいるのか?」などと考えることはなさそうだ。
散歩中は星を見上げるよりも、地表の匂いを嗅ぐことに忙しそうにしているからね。

さて、「あの遠い星ぼしを廻る惑星には知的な生物がいるのだろうか」?

宇宙が誕生してから100億年経っていること、そして宇宙には非常にたくさんの恒星があることから考えて、地球と同じような惑星には、地球人のような知的な生命体が発生しているだろう。
そして十分な時間をかければ、星ぼしの間の空間を渡って訪れてきたり、あるいは星ぼしの間で通信していたりしていそうなものだ。
それなのになぜ、まだ異星人が地球にやってきたり、異星人の会話を聞いたりしていないのか?
「もし宇宙人が存在するなら、いったいどこにいるのか」

……というフェルミのパラドックスに答えるための仮説を集めた、スティーブン・ウェッブ著『広い宇宙に地球人しか見当たらない75の理由』を読んだ。

「すでに来ていて、ハンガリー人と名乗っている」といったジョークもあるが、SETI(知的異星生命探査)や宇宙論、生命科学の最近の学説まで紹介されている。

実際のところは「異星の生命」と出会うまではわからないが、この広い宇宙のどこかの惑星でも、生命が発生することはあるだろう。
しかし、異星の生命が人類と同じように対話をできるようになる可能性は、非常に小さいのかもしれない、と思った。

そもそも、「対話可能な異星人を探す」ということは、他の星で地球人を探そうとするようなものなのかもね。

|

« 迷惑な奴等 | トップページ | ドコモからのメールがウソくさかった件 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 迷惑な奴等 | トップページ | ドコモからのメールがウソくさかった件 »