« Webサイト「科学的逍遙」を閉鎖した | トップページ | 75年は草木も生えぬ »

2020/08/06

暑いが夏の実感がない

テレワークを実施中のため、今日も在宅勤務。
午前中に30℃を超えるため冷房を入れ、夕方仕事を終えて散歩に出る毎日。
暑いのだが、夏だなぁ、という気がしない。

なぜだろう、と思いつつ、最近Facebookに投稿した写真を再掲する。

8月1日、東海地方梅雨明け。
久々に雲の間に青空が見えた。

Dsc_2514

ようやく梅雨明け、とはいうものの、雨粒が舞っていた。

 Dsc_2515

その翌日の日曜日、よく晴れたので、こんをシャンプーした。
梅雨前にシャンプーしなかったら、長い長い梅雨の終わりには、けっこう臭ったのである。

 Dsc_2517

4日火曜日の夕方、雲がもりもりと盛り上がっていた。
雲が湧き上がり、池の向こうの林ではヒグラシとツクツクボウシが鳴いていた。

ツクツクボウシが鳴くと、夏の終わりが過ぎたような気配を感じる。

しかし、梅雨が明けたばかり。
しかも、まだ学校は夏休み前で、下校する中学生たちとすれ違う。

温暖化の影響なのか天候の移り変わりがイレギュラーだし……。

COVID-19のせいで生活の年周リズムはガタガタだし……。

そんなことから、いまが夏の盛りであるという実感がわかないのかもしれない。

それでも、庭の草木や虫たちは元気だ。
その虫を食べるトカゲたちも元気である。

ウチの庭には、ニホントカゲとカナヘビの2種類のトカゲが、たぶん合わせて10匹以上いる。

昨日、在宅勤務中のティーブレイクで庭を見ていたら、カツラの切り株の上でカナヘビが踊っていた。
頭を左右にフリフリ、しっぽを上下にバタバタ……。

Psx_20200805_123643

なんで踊っているのだろうとよく見ると、口から虫の足がはみ出していた。
くわえた虫が大きすぎて、飲み込むのに苦労していたのだろう。

Psx_20200805_123916

もう少し近寄って鮮明な写真を撮りたかったのだが、こんが乱入したためカナヘビは逃げてしまったのだった。

|

« Webサイト「科学的逍遙」を閉鎖した | トップページ | 75年は草木も生えぬ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Webサイト「科学的逍遙」を閉鎖した | トップページ | 75年は草木も生えぬ »