« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »

2020/07/22

毎日の感染者数より推移を見よう

今日の東京都のCOVID-19(いわゆる新型コロナウイルス感染症)感染者数が200人を超えたとか下回ったとか、そういう報道を見ていて感じた違和感。

100人とか200人とか、いわゆる「切りのいい数字」とか「節目の数字」を意識するのはなぜだろう?
まぁワシは256とか1024のほうが切りのいい数字と感じるような、ちょっとズレた職業なので、10進法にこだわることに違和感を感じるのだろうけどね。

それに、毎日の感染者数を見て、増えたとか減ったとか言って意味があるのだろうか?
自然界の現象は、積算値を対数グラフで見たほうが、推移や傾向がわかりやすいものだが……。

ということで、「COVID-19 感染者数 推移」で検索したら、次のグラフを見つけた。

Covid19_20200722

「人口あたりの新型コロナウイルス感染者数の推移【国別】」
https://web.sapmed.ac.jp/canmol/coronavirus/index.html 
出典は札幌医科大学医学部 附属フロンティア医学研究所 ゲノム医科学部門である。 

右端(昨日の値)を見てみると、人口100万人あたりの感染者数が一番少ないのは中国。
3月以降、感染者数の大幅な増加は見られない。

下から二番目が日本だが、2020年5月から平らだったグラフが、7月に入ってから上昇に転じている。
一番上のアメリカ(United States)よりも急角度かもしれない。
これは明らかに「感染が拡大している」と言えるだろう。

そんな中、今日から「GoToトラベルキャンペーン」がスタートするそうだ。
なんか、ものすごく「科学的現実」と乖離していると感じるのだが……。

ところで、静岡県東部に暮らすワシとしては、東京都のCOVID-19感染動向は無縁ではない。
静岡県内感染者のほとんどは、東京都や神奈川県で感染し、静岡県でPCR検査して明らかになった人だからだ。

東京都や神奈川県ではなかなか検査してくれなくて、静岡県ではすぐに検査するとかいったことがあるのだろうか??

それにしても、東京都での病院と保健所とのやりとりがFAX(ファクシミリ)だという報道には恐れ入った。
会社では数年前からFAXなんて(顧客対応に必要な一部の部署を除き)使っていない。

FAXで送ることができる情報は、要するにモノクロビットマップ画像だから、記載内容、つまり文字情報は転記する必要がある。
転記するには手間(人と時間のコスト)がかかるし、転記ミスも発生する。

首都からしてこんなんだから「ICT先進国」にはなれないんだよなぁ、などと思った次第である。

| | コメント (0)

2020/07/11

雨とウイルスの日々

梅雨前線が停滞し、毎日毎日、雨と風。

幸いにしてウチの近傍では災害になっていないので、何とか日常生活を続けている。

在宅勤務の日も、気象庁の高解像度降水ナウキャストで雨間を見計らって散歩に出る。

でももちろん、降られるときには降られる。

今日も30分くらい大丈夫だろうと思ったら10分で土砂降りとなって、公園の四阿で雨宿り。

Dsc_2493

ときには、木の下で雨宿り。

Dsc_2477

シャワーを浴びたようにずぶ濡れになったこともある。

まぁ、この季節は濡れても寒くないのでよいのだが。

先週、こんが遠征する気になって、鮎壺の滝公園まで行った。

Dsc_2487

御殿場・裾野・長泉の雨を集めた黄瀬川は茶色の濁流となっていた。

Dsc_2489

安全な公園の遊歩道から眺めたが、滝のしぶきを浴びた。

もしも下水道が未整備であったなら、そして上流でCOVID-19が蔓延していたら、こうして滝のしぶきを浴びただけで、飛沫感染するなんてことがあるのだろうか。

まぁ、この膨大な水の量を考えれば、感染するほどの数のSARS-CoV-2ウイルス粒子に接触する確率はゼロに等しいだろうが。

雨だけでなくウイルスのことも念頭から離れることのない日々である。

| | コメント (0)

« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »