« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »

2020/06/22

コロナ時代って何なんだよ

コロナの時代とか、ウィズコロナとか、アフターコロナとか、そういう言い方をよく耳にし、目にするが、あまり好きではない。

まず、コロナウイルスそのものは以前から知られていて、SARSやMARSの病原体もコロナウイルスである。
病原性のないコロナウイルスもある。

2019年末に発生した、奇妙な肺炎症状を引き起こす病原体は7番目のコロナウイルスで、WHOはCOVID-19と名付けた(正確には、COVID-19は感染症の名前で、ウイルスそのものの名前は、ややこしいことにSARS-CoV-2という)。
それまで知られていた6種類のコロナウイルスとは違うので「新型コロナウイルス」と呼ばれるが、この呼び方は好きではない。
コロナウイルスに限った話ではないが、「新」を付けるのが嫌いなのである。

理由は、Webページや印刷物の原稿、アプリの仕様書などをもらうとき、「原稿_新」とかいうファイル名だったりして腹立つことがあるからだ。
「原稿_新」を元に組み版していたら、依頼者から「原稿_最新」が届いたりする。
変更になった部分を確認しながら組み直していると、「原稿_new」が来たりする。
そしてもちろん、日を置くと、どれが最新かわからなくなるのである。

ワシのように頭のよい人間……というか、他人との情報共有に苦労したことのある人間は、こんなことはしない。
ファイル名にバージョン番号を付けたり、作成日付を付けたりしておくのだ。
もちろんこれは、他人だけではなく、過去の自分との情報共有にも苦労するからである。

仮に近いうちにワクチンや特効薬ができて、COVID-19が恐ろしい感染症でなくなったとしよう。
それでも必ず、次のパンデミックはやってくる。その病原体も、変異したコロナウイルスかもしれない。

そのとき、また「新型コロナウイルス」とか「アフターコロナ・コロナ」とか呼ぶわけにもいくまい。
COVID-19とはまた別の名前(COVID-19が変異したCOVID-20とか?)が付くはずだから、それで呼べばよいのだ。

だいたい、「コロナ」と略すと、コロナビールをはじめ、コロナという輝かしい名前を冠する商品や企業に失礼であろう。
ということで、この記事に添えたニュースアプリのスクリーンショットは、2020年3月2日、「新型コロナ」関連ニュースに囲まれた可哀想なボウリング場「コロナワールド」のオープニング広告である。

Photo_20200622221001

| | コメント (0)

2020/06/16

もしもゾンビ化ウイルスがCOVID-19みたいだったら

SF映画は好きでよく観るのだが、ホラー映画はあまり観ない。

そこでゾンビについても詳しくはないのだが、COVID-19がいかに想定外のウイルスであるかを考えるために、ちょっとやってみょう。

感染するとゾンビになってしまうウイルスがあるとする。
そしてゾンビになるといっても、発症して生ける屍みたいな姿になるとは限らない、とする。
しかし、「無症状ゾンビ」も飛沫によりウイルスをばらまく。
しかも、「無症状ゾンビ」には自分がゾンビであるという自覚はない。

ホラー映画なら、ゾンビハンターは感染していない人を守るためにゾンビを倒しまくる。
ところが「無症状ゾンビ」はゾンビなのか感染していない人かわからないのだから、やたらと倒すわけにはいかない。
ゾンビハンターは無症状ゾンビを見分けて倒すのが難しいので、マスクを配ったりアルコール消毒したりするために奔走することになる。

設問:もしもゾンビ化ウイルスがCOVID-19みたいだったら
結論(1):ホラー映画にはならない。

結論(2):無症状でも、マスクをして飛沫を飛ばさないようにしましょう。

Sketch1592311545137

| | コメント (0)

2020/06/02

緊急事態宣言が解除されても

緊急事態宣言が解除されても、もちろん COVID-19(いわゆる新型コロナウイルス)が消えたわけではない。
ワクチンが開発され、治療法が確立されるまで、つまりインフルエンザ並みになるまでは、「緊急事態」なのだろう。

この病原体の厄介なところは、発熱などの症状が出ない場合がある、ということだ。
そして、感染しているが発熱などのない「無症状」の人が、他人に感染させる可能性がある、というところである。

したがって、COVID-19 に感染している(感染していた)ことがはっきりわかる人のほとんどは、発症してPCRなどの検査を受けた人、あるいは亡くなってから検査された人だけ、ということになる。
無症状で検査を受けた人は、発症者の濃厚接触者くらいだからだ。

Covid19_2

すでに感染し、免疫を持っている人がどれくらいいるのか、大規模な検査がされていないのでわからない。
上の図でⒸの発症者とⒷの無症状者は免疫を持っていることが(ほぼ)確実だが、Ⓑの無症状者の実数が不明だからだ。

真の感染者数がわからないのだから、真の致死率もわからない。

そして何よりも、自分がⒶの未感染者なのか、Ⓑの無症状者なのかもわからない、というところが不安である。

もしもⒶの未感染者だとしたら、抗体がないのだから、当然、これからもいつでも感染する機会がある、ということだ。

もしもⒷの無症状者で、上の図の②とか③の段階、つまり COVID-19 に感染しているが充分に抗体ができていない状態、ウイルスが増殖している状態だったとしたら……。
くしゃみなどの飛沫に含まれるウイルスで、周囲の誰かを感染させてしまうかもしれない。

というわけで、出社するときにはマスクを付け、公園を散歩するときにはバフをまとう。
公園では、人とすれ違うときだけバフで鼻と口元を覆う(暑いので、熱中症のリスクがあるため)。

自分が感染するリスク、誰かに感染させてしまうリスクとの「闘い」というか「取り組み」は続く……。

| | コメント (0)

« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »