« 『神の目の小さな塵』のポケットコンピュータの仕様 | トップページ | ユスラウメの(ちょっとした)異変 »

2020/03/23

ユスラウメ開花、桜もぼちぼち

東京では桜が満開だそうだが、沼津はようやくソメイヨシノがぼちぼち開花を始めたところ。

土曜日に動物写真家の原田純夫君と香貫山に登ったが、エドヒガン系の白い桜が咲いているくらいで、ソメイヨシノが満開になるまでまだ1週間くらいかかりそうだ。

どうも冬が暖かすぎてなかなか咲く気にならないんじゃないかという話だ。

Dsc_2264

冬と春の境目がよくわからないせいか、スギナもおかしい。

ツクシ(胞子葉)とスギナ(栄養葉)が一緒に出ている(写真のこんの足元のスギナの中にツクシが伸びてる)。

Dsc_2266

庭ではユスラウメが咲き始めた。

今年は花がやたらと多いが、こういう年は実りが悪いように思う。

さて、スマートフォンで撮った写真はGoogleフォトに自動バックアップするようにしている。

すると、Googleが勝手にエフェクトを掛けて、こんなんどうでしょう、と提案してくる。

Dsc_2266effects

うーん、鮮やかだけど、なんか嘘っぽい。「虚飾の春」という感じである。

まぁ、実際に世の中が嘘っぽい感じだしねぇ。

|

« 『神の目の小さな塵』のポケットコンピュータの仕様 | トップページ | ユスラウメの(ちょっとした)異変 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『神の目の小さな塵』のポケットコンピュータの仕様 | トップページ | ユスラウメの(ちょっとした)異変 »