« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »

2020/03/29

冷たい雨が上がった

首都圏各都県で外出自粛要請の出されている週末、冷たい雨が降った。

急な温度変化で体が弱って病原体(COVID-19のみならず、アデノウイルスとかインフルエンザウイルスとか)に負けては困るので、体力維持のため散歩。

というか、昼寝から覚めたら晴れていて、こんが待ち構えていたのだ。

Dsc_2272

雨が上がったばかりの公園は水たまりだらけ。道が水たまりになっていたり、芝生を歩くとびしゃびしゃだったり。

Dsc_2273

ソメイヨシノはまだまだだけど、桜の品種によっては満開に近い。なぜかケヤキも一部の枝だけ芽吹いていた。

Dsc_2274

雨上がりの空の色は澄んでいてきれいだったが、晴れているのは上空だけ、箱根や伊豆の山には雲がかかっていた。

風が冷たくて寒いからか、こんは早々に引き上げたがり、いつもの週末の半分ほどの時間の散歩となった。きっとまた夜に出かけたがるだろう。

 

| | コメント (0)

2020/03/25

ユスラウメの(ちょっとした)異変

前回に続いてユスラウメの写真。

Photo_20200325215401

中央右側の花はあらかた花弁が散っている。よく見ると、おしべが変である。おしべの先が小さな花びらになっている。

おしべも花びらも、もともとは葉が変化してできたものである。ちなみに、このように植物の器官(部品)の形態が変化することを「変態」という。

おしべもめしべも花びらもがくも、花を構成する器官はすべて葉が変態したものなのだ。

そこで、おしべが花びらに変態するような異変は、そう珍しいことではない。原因は温度変化だったり病気だったり、そういった刺激によるホルモン異常である。

春に花咲く植物では、花を構成する部品は秋の落葉前に作られる。だからこのユスラウメの異変の原因である異常な刺激は、昨秋に受けたもの……ということになるが、さて何だろう? 

花びら以外の器官が花びらになることを「弁化」という。花びらは植物学用語で「花弁」(かべん)、おしべは「雄蕊」(ゆうずい)というので、正しくは「ゆうずいがべんかしてかべんになっている」ということになるが、まぁ音(おん)だけではわかりにくいこと。

おしべがすべて花びらになっている花は、たくさんある。たとえば、八重桜。チューリップとかアサガオとか、多様な品種のある園芸植物にはたいてい、花びらの数が野生種よりも多い「八重咲き」がある。

おしべもめしべも花びらになってしまうと、植物は生殖能力を失う。ということで、八重咲きの園芸植物はその生活のすべてを人間に依存しているのだ。

花粉症に苦しむカミさんを見てふと思ったのだが、スギやヒノキの花粉を作らせないために、おしべを弁化して八重咲きにすればよいのでは……というわけにはいかない。スギやヒノキは裸子植物なので、おしべも花びらもないからね。

| | コメント (0)

2020/03/23

ユスラウメ開花、桜もぼちぼち

東京では桜が満開だそうだが、沼津はようやくソメイヨシノがぼちぼち開花を始めたところ。

土曜日に動物写真家の原田純夫君と香貫山に登ったが、エドヒガン系の白い桜が咲いているくらいで、ソメイヨシノが満開になるまでまだ1週間くらいかかりそうだ。

どうも冬が暖かすぎてなかなか咲く気にならないんじゃないかという話だ。

Dsc_2264

冬と春の境目がよくわからないせいか、スギナもおかしい。

ツクシ(胞子葉)とスギナ(栄養葉)が一緒に出ている(写真のこんの足元のスギナの中にツクシが伸びてる)。

Dsc_2266

庭ではユスラウメが咲き始めた。

今年は花がやたらと多いが、こういう年は実りが悪いように思う。

さて、スマートフォンで撮った写真はGoogleフォトに自動バックアップするようにしている。

すると、Googleが勝手にエフェクトを掛けて、こんなんどうでしょう、と提案してくる。

Dsc_2266effects

うーん、鮮やかだけど、なんか嘘っぽい。「虚飾の春」という感じである。

まぁ、実際に世の中が嘘っぽい感じだしねぇ。

| | コメント (0)

2020/03/20

『神の目の小さな塵』のポケットコンピュータの仕様

ラリー・ニーヴンとジェリー・パーネルの共著『神の目の小さな塵』は、1974年に刊行されたSF小説である。いまから千年後、恒星間宇宙に進出し、第二次人類帝国を築いていた人類が知的な異星人にであるという、ファースト・コンタクトを主なテーマとしている。

1979年に創元推理文庫版を読んだとき、登場人物たちが使うポケット・コンピュータが非常に気になった。当時のコンピュータといえば、ホストまたはメインフレームと呼ばれるような、コンピュータルームに鎮座している巨大な機械か、さもなければ登場したばかりの、個人が趣味でプログラミングするパソコンくらいだった。とにかく本体はでかい箱で、入力はキーボード、出力はブラウン管のモニタだから、持ち歩いて使うことなど不可能だった。

Pa070184s

1982年にシャープのポケット・コンピュータ PC-1251 を入手して、小さなQWERTYキーをポチポチと押して、BASICでプログラムを組んだ。横長の液晶画面には大文字の英字と数字といくつかの記号を24桁で1行表示できるだけだった。PC-1251は酔っぱらって帰宅中にどこかで落としたので、1985年に後継機種PC-1261を買った。液晶画面は24桁2行表示になり、カタカナも表示できるようになった。とはいえ、ポケット・コンピュータとは(名前が同じだけで)程遠い仕様だった。

P6290012s

時は下って2011年、富士通のスマートフォンF-12C を入手した(左がF-02C、右がF-06E)。電話やメールのやりとりやインターネット経由での情報検索はもちろん、スタイラスや指で入力でき、写真撮影や動画の視聴もできる。まだまだ『神の目の小さな塵』のポケット・コンピュータには及ばないが、近いものが出てきたな、と嬉しかった。

さて、現在のスマートフォンは、『神の目の小さな塵』のポケット・コンピュータを凌いでいるだろうか?

スマートフォンと同等の機能

  • コートや軍服のポケットに入るサイズに、CPUとメモリー、タッチスクリーンが搭載されている。
  • 入力はスタイラスペンまたは指。キーボードはない。
  • 手書きのメモを入力できる(お絵かき)。
  • 時計・スケジューラ(カレンダー)の機能。
  • 音声入力(口述録音)可能。
  • マルチタスク。口述しながら検索したりできる。
  • 無線データ通信機能。近距離用(屋内)だけでなく基地局との通信ができる。
  • 関数電卓的な数値計算、グラフ出力。複雑な学術的な計算処理は外部のコンピュータ(サーバ)で行い、その結果を表示できる(スマートフォンやタブレットでも、Googleの計算機を使って次のようなグラフを表示できる)。
    Screenshot_20200318184107129
  • データ検索。端末のメモリー内のデータ検索のほか、サーバ内の動画なども検索できる。検索した動画はポケット・コンピュータのディスプレイだけでなく、外部のディスプレイなどに表示させることもできる。

上巻 p.95(引用部分は池央耿訳の創元推理文庫版による)

彼はポケット・コンピュータを取り出し、対話スクリーンに「チャーチ・オブ・ヒム」と書いて情報照会ボタンを押した。船内のデータバンクに接続されているポケット・コンピュータのスクリーンに求める情報が映し出された。

下巻 p.419

「記録を見られるかな? わたしの記録を出してもよいが」
「いや、わたしのを見せよう」ホーヴァートはポケット・コンピュータに数字を書き込んだ。壁のスクリーンに映像が浮かんだ。

スマートフォンを凌ぐ機能

  • 充電しているシーンがないので、ひょっとするとものすごく電池が長持ちするのではなかろうか(電卓並みとか?)。
  • 通常はスタンドアロンで動作し、必要に応じて外部接続する。接続時には、接続先や速度に応じて異なる「唸り」でユーザーに知らせる(というユーザーインターフェースなのだろう、たぶん)。

下巻 p.373

「どんな話をしたんだ?」
「はっきりとは憶えていないわ」彼女はポケット・コンピュータを取り出して情報を照会した。小さなコンピュータは微かな唸りを発した。音色が変わって、コンピュータが車の無線機を通じて宮殿のデータ・バンクと交信していることを告げた。「それに、いつのことだったかも、よく憶えていないのよ……」彼女はさらにコンピュータに情報の検索を指示した。「もっと検索が楽な情報整理の方法を考える必要があるわね」

スマートフォンに及ばないこと

  • AIの機能を使えない(『神の目の小さな塵』には人工知能やロボットが出てこない)。従って、音声コマンド入力や画像認識ができない。
  • 引用した部分では、機械学習を用いた検索用インデックスの自動生成などができていないことを示唆している。動画の検索も、呼びだし用の数字(ID?)で行っている。
  • 音声コマンド入力に関しては、スタートレックみたいにしたくない、という作者の意図があったかな?
  • ポケット・コンピュータで(ポケットベルのように)呼び出されるが、通話は無線通信機やインターカム(テレビ電話)を使っている。音声通話やビデオ通話はできないようだ。
  • カメラやマイクロフォンも、本体には装置されておらず、外付けである。

第二次人類帝国と現代社会

人類が世界平和を実現し、恒星間宇宙に進出して築いた第一次人類帝国に比べ、分離戦争で分断・疲弊した第二次人類帝国は、技術的には後退している。そのためか、遺伝子工学やロボット工学は21世紀と比べてもそれほど進歩していない。分離戦争の際にはサイボーグ技術により人体機能を強化した兵士もいたようだが、その反動なのか、科学技術だけでなく社会制度も保守的である。

何といっても皇帝が統べる「帝国」で、政治を担うのは貴族階級である。

幸いにして皇帝や貴族たちが優秀な人たちらしく、強力な軍事力を使って辺境の惑星の反乱を抑え、人類をまとめているようだ。

だが、民主主義がうまく機能しないので帝政になってしまうという未来は、なんか寂しいね。

21世紀の社会も民主主義が選挙主義みたいになっていて、うまく機能しているとは言い難い。

人類帝国では発展しなかった人工知能であるが、現実の世界で今後どのように「進化」するかは未知数である。もちろん「進化」には方向性がないので、人類にとって都合の良い方向に発展するとは限らない。

千年後の銀河系に広がっているのは、人類帝国ではなく機械帝国かもしれないし、ウイルス帝国かもしれない。

| | コメント (0)

2020/03/18

スマートフォンで体温を測れるか

Screenshot_20200317094145

いま使っているスマートフォンには虹彩認証機能がついている。登録ユーザーがロック画面上部に目を映すと、ロックが解除される。

赤外線カメラを使っているのだが、虹彩の模様(パターン)だけを読み取るらしい。赤外線写真でもロック解除できるという報告がある。

どうせ赤外線カメラを使うなら、同時に眼底の温度を測ることはできないのだろうか。体温で生きた人間か写真かを判定すればセキュリティのレベルが向上する。

それに、認証時に体温を表示すれば、体温計を使う必要がなくなって便利かも。

COVID-19対策で毎日体温を測らなきゃならない今日このごろ、そんなことを考えた。

| | コメント (0)

2020/03/16

コロナウイルスの構造を調べてみた

Sketch1584363301056

幸いにして、まだワシや家族は COVID-19 には感染していないが、この「新型コロナウイルス」はいつまで猛威を振るうのだろう。

はやいうちにほかの、風邪の原因となるウイルスのように、弱くなってくれるとよいのだが。

コロナウイルスは脂質の膜に覆われていて、この膜をアルコールや洗剤で破壊すれば感染力を失う。その点では、脂質の膜を持たないノロウイルスやロタウイルスよりは予防しやすいそうだ。

よく「アルコールでウイルスが死ぬ」といった記事を見かけるが、よく考えると正しくないように思う。ウイルスはそもそも単独では「生きていない」のだから。

ウイルスは宿主の細胞に侵入し、細胞の栄養と物質生産機能を利用して増殖する。ウイルスが生物学的に「生きている」状態になるのは、宿主の細胞と共にあるときだけだ。

つまりウイルスが生き延びるためには、宿主を殺さず、細く長く増殖できるほうが都合がよい。ということで、ウイルスは毒性が弱くなるように進化し、宿主と共存できるようになって行くのだという。

COVID-19 が人類と共存できるようになるまでどれくらいかかるのだろう。

| | コメント (0)

2020/03/01

昼寝をしていたら、こんに起こされた

3月になった。

COVID-19(新型コロナウイルス感染症)対策で、ウチの近辺の学校は明日から休みだそうだ。会社には学齢期の子供のいる社員も多いが、仕事はうまく回るだろうか。

まぁワシのようなロートルが補助できるところはせねばなるまい。ウイルスに感染していなければ、だけれど。

感染しても無症状の場合がある、というのが厄介だ。気付かないうちにベクター(運び屋)になっているとよろしくないからね。

とりあえず、体力を維持するため、休日の午後は昼寝。昼寝の際、逆流性食道炎のため横になれないので、キャンプ用のチェアで寝る。

1時間ほどウトウトしていたら、こんが足の下に潜ってきた。散歩に行きたくて、起こしにきたのた。

日が傾きはじめるまで、1時間超の散歩。

散歩から帰ったら、疲れたのか平べったくなって寝てしまった。

Sketch1583056123901

| | コメント (0)

« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »