« ベテルギウスは「いつ」超新星になる(なった)のか | トップページ | カワヅザクラ咲く »

2020/01/29

今年の梅は例年より早く咲いたのか?

国会中継を観て腹が立ったりして、ブログの更新が滞った。はぐらかす、隠す、捨てる、嘘をつく……まったくどこが「美しい日本」なんだか。

気を取り直して、本当に「美しい」もののことを考えよう。

Dsc_2169

1月25日土曜日の朝、散歩の途上にウメがたくさん咲いていたので写真を撮った。数日前からポツポツと咲いているのを見ていたが、雨の後、気温が上がったからだろうか、一斉に開花したようだ。

このところ各地で雪不足が報告されるなど、異様に暖かい日々が続いた。では今年の梅は例年よりも早く咲いたのだろうか?

そう考えて過去数年の記録を見てみると、だいたい1月下旬から2月初旬にウメの開花を確認している。ということは、今年は格段に早く咲いたというわけでもないようだ。

ただ、ウメだけでなく草の花もたくさん咲いていて(ヒメオドリコソウやらナズナやらトウカイタンポポやら)、なんとなく春っぽい。ウメのように春に咲く「木」は秋までに花芽を準備して冬眠しているので、冷え込んで「休眠打破」された後なら、気温が上がるとすぐに花開く。冬に緑の葉を広げている「草」は、少しずつ、じわりじわりと成長し、花を咲かせる。

Dsc_2158

さて、例によって自発的隔週週休三日制実施のため休んだ1月22日水曜日、香貫山ではサクラが咲いているのを見た。サクラといってももちろんソメイヨシノやヤマザクラではなく、トウオウカ(冬桜花)という中国原産のサクラである。

近隣のカワヅザクラの花芽も膨らんできているので、もうじき咲くだろう。

冬来たりなば春遠からじ。もう少し辛抱すれば「美しい日本の春」がやってくる。

ちなみに、2011年のウメの開花は1月14日で、こんなことを書いている。

「朝の散歩に出たら、玄関先から畑から、夜のうちに降ったらしい霰(あられ)でごま塩状態。そんな中、白梅の開花を確認。」

もちろんこのときは、2ヶ月足らず後に未曾有の大災害が発生し、春らしい気分が吹っ飛ぶとは知る由もなかった。

|

« ベテルギウスは「いつ」超新星になる(なった)のか | トップページ | カワヅザクラ咲く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ベテルギウスは「いつ」超新星になる(なった)のか | トップページ | カワヅザクラ咲く »