« Windows 7 サポート切れ対策 | トップページ | 今年の梅は例年より早く咲いたのか? »

2020/01/08

ベテルギウスは「いつ」超新星になる(なった)のか

立春の後なら「春一番」と言いたくなるような強い風が吹き、夜空は晴れ渡った。

散歩に出ると月が煌々と輝いていて、その下にオリオン座が見えた。

次の図は、Android版の星座早見(名古屋市科学館)のスクリーンショットである。

Psx_20200108_213531

このところ、オリオンの肩の赤い星、ベテルギウスが少し暗い。

そのせいか、冬の大三角形が一瞬で見つけられないことがあった。オリオン座の足の先のリゲルと、おおいぬ座のシリウスがやたらと目立ったりするからである。

ベテルギウスが暗いのは、超新星爆発の予兆かもしれないそうだ(ナショナルジオグラフィック「オリオン座の巨星に異変、超新星爆発が近い?」)。

もしも超新星になったとしたら、満月並みの明るさになるそうだから、とても壮大な見ものとなるだろう。

ベテルギウスは太陽系から500光年以上離れているので、超新星になったとしても実害はない。夜空の暗い星が見づらくなるだろうが。

今夜も散歩中にしばらくベテルギウスを眺めていたが、超新星にはならなかった。

まぁ、見ている間に爆発するなんて世にもまれな事態は起こりそうもない。だいたい、ベテルギウスが爆発するまで、あと10万年かかるか100万年かかるかもわからない。

さて、もしも「いま」ベテルギウスが超新星になったことを目撃したとしよう。

しかしベテルギウスは500光年以上の彼方にあるのだから、実際に爆発したのは500年以上前ということである。

だから「いま」ベテルギウス近傍にワープすることができたとすると、そこには爆発後に広がっていくガスが漂っているだけだろう。中心核は押し固められて中性子星になっているかもしれない。

ここでややこしいのは、どっちが本当の「いま」かということだ。

地球では爆発を「いま」観測したわけだが、ベテルギウス近傍では「いま」観測できるのは爆発の名残りだけである。現地レポートを電波やレーザーで送っても、地球に届くのは500年以上先である。ワープ航法が実現したら、現地レポートは通信するよりも持ち帰るほうが「早い」ことになるだろう。

とかいったことを考えながらベテルギウスを見ているとき、ひょっとするとベテルギウスはすでに爆発していて、「いま」はもう存在しない可能性もあることに気づいた。はたして、ワシが生きているうちに超新星を目にすることはできるだろうか。

|

« Windows 7 サポート切れ対策 | トップページ | 今年の梅は例年より早く咲いたのか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Windows 7 サポート切れ対策 | トップページ | 今年の梅は例年より早く咲いたのか? »