« 自主的隔週週休三日制平日山歩き | トップページ | 令和元年最後の満月……って、なんか意味あるのか? »

2019/12/14

平日山歩き・晩秋?初冬?香貫山

(続き)12月11日(水)午前、中瀬駐車場から香貫山に登った。

Psx_20191214_221642

新桜台到着、こん14歳まだまだ元気。

Psx_20191214_221515

海側は少しガスっていた。

Psx_20191214_221125

山頂近くの展望台からの富士山。その手前は愛鷹山、さらに手前に沼津市街。

Psx_20191214_220952

山頂付近には、ところどころに安山岩の塊がある。

これは安山岩というより、火砕流が固まったもののように見える。

香貫山は海底火山の残骸ということだが、海底火山からの噴出物がどうしてこんな、かき揚げのような形になるのだろう? 水中火砕流だろうか?

まぁ、でっかいかき揚げに見えてもじつは、地下に長く根っこのような構造になっていたりして。

Psx_20191214_220818

香稜台公園を経て山腹の道を新桜台へと戻る途中、斜面にたくさんのツワブキが咲いていた。

その写真を撮っていたら、こんがその斜面の細い道のほうに行くのだと思ったらしい。

Psx_20191214_220600

こん、そっちに行くんじゃない、けもの道だろそこは、と言ったら……上半身が被写体ブレしてる。

 Psx_20191214_220328

イロハモミジの紅葉を撮ってみると、こんな具合だったが、Google Photo にアップロードしておいたら、勝手に補正してくれた。

Effects

妙に鮮やかな気がしないでもないが、実際に見たときの印象に近いのは、補正されたほうかもしれない。

じつは、この写真だけでなく、富士山の写真やツワブキの写真も Photoshop Express で補正して、記憶の中の風景に近付けている。

写真は「真」実を「写」すものではないのである。

|

« 自主的隔週週休三日制平日山歩き | トップページ | 令和元年最後の満月……って、なんか意味あるのか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 自主的隔週週休三日制平日山歩き | トップページ | 令和元年最後の満月……って、なんか意味あるのか? »