« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »

2019/12/21

こんはグレーチングが苦手

Sketch1576935047376

| | コメント (0)

2019/12/18

iOSをアップデートしつつクソが!と叫ぶ

会社でアプリやWebコンテンツの動作チェックに使っているiPad mini 2 のOSのバージョンは、長らく iOS 8 だった。
さすがにもう、iOS 8 での動作チェックは必要ないので、iOS 12 に上げることにした。
iPad用のOSの最新バージョンは iPadOS 13 だが、iPad mini 2 には対応していないのだ。

iOS 12 から iPadOS 13 へのアップデートのように、最近の OS であれば、会社のワイヤレス環境(Wi-Fi)でダウンロードし、アップデートできる。
ところが、iOS 8 から 12 へのアップデートは、ワイヤレス環境ではできない。
iPad をパソコン(Mac または Windows PC)とUSBケーブルで接続し、iTunes アプリ経由でアップデートしなくてはならない。

iOS アップデートの最初の関門は、会社の Windows PC は、モバイルデバイスとUSB接続できないように設定されていることだ。
もちろんこれは、会社のセキュリティポリシーに基づくものなので、情報システム部にお願いして設定を解除してもらう、なんてことはしたくない。
会社にもMacはあるが、他部署のものなのでどれだけ時間がかかるかわからないアップデート作業の間、占領するのも気が引ける。
ということで、iPad mini 2 を自宅に持ち帰り、アップデートすることにした(個人情報や機密情報の入っていない、動作検証機だから許されることだ)。

自宅の複数のPCのうち、来年にはお役御免となる Windows 7 PC を使うことにした。

2011年に買った省スペース・省電力デスクトップ機なので動作は遅いが、現在はワシしか使っていないので、家族に気がねしなくてよい。
夕食・散歩・入浴を終えた21時半、PCを起動して、まずはiTunesのインストールから。

ここで第2の関門が。
アップルのWebサイトでには、Windows用iTunesは、マイクロソフトのアプリストアで入手しろと書いてある。
いやワシはWindows 7 用のiTunesが欲しいんだから、アプリストアじゃないだろ、と思いつつ、アップルのサイトで動作環境を確認する。
CPUやメモリやグラフィックボードの記述はあるが、OSのバージョンは書いてない。
一応マイクロソフトのアプリストアを見てみると、案の定Windows 10 専用と書いてある。

アップルのサイトをよく見たら、端のほうに「以前のバージョン」というリンクがあった。
「最新版以外は裏へどうぞかよ、クソが!」と毒づきながら、クリック。

すると、様々なOS、バージョンに対応したiTunesのボタンアイコンの一覧の中に、Windows(32ビット)対応のiTunes 12 のダウンロードボタンがあった。

Itunes4win

ダウンロードして、インストール。
利用規約への同意や、システム設定変更の許可などのインストールに伴うあれこれは、まぁよくあるとものして。

iTunes を起動すると、最新版(マイナーバージョン)があるけどアップデートするか?と訊かれた。
iTunes で音楽聞いたりするわけじゃなくて、iOSをアップデートするだけだから「キャンセル」して先へ進む。
じつはこれが落とし穴の一つだった。

アップルのサイトの情報では、iTunes を起動して iPad を接続すると、PCが(というか iTunes が)iPad を認識してアップロードするかどうか尋ねられるという。
Thunderbolt-USB-A ケーブルでiPadとPCを接続したが、これがまたなかなか、認識してくれない。
まぁ、ウチのPCのUSBポートも不調ではあるのだが。
PC前面はダメ(エラー)、テンキーの拡張ポートもダメ、PC背面からの延長ケーブルにつないでしばらく待つと、iTunesのツールバーにタブレットアイコンが表示された。

やれやれやっとかよ、とアイコンをクリックし、端末名を確認して iOS 12 のアップデートボタンを押すと……iTunes 12の最新版をインストールせよという。
なんだと!
iOSのアップデートにはiTunesの最新版が必要と、先に言えよ、さっきのアップデート警告は落とし穴かよ、クソが!
というか、iTunesのダウンロード用ボタンアイコン一覧の時点で、最新版にリンクしとけよ、クソが!

ということで、iTunes 12 (の最新版)のダウンロードが始まり、iPadは切り離された。
iTunesをインストールしたら、「インストールを完了するにはPCを再起動しろ」と来た。
(終末期のWindows 7 PCだから、再起動遅いんだよ、クソが!)と思いながら、再起動ボタンを押す。

すでに1時間ほど経過していて、再起動するまでちょっと休んで、(酒呑むと頭が痛くなるので)白湯を飲んで「報道ステーション」を見た。

PCの再起動後、iTunesを起動し、また利用規約に同意し、プレイリストとかへのアクセスはキャンセルし、iPadを接続した。
ようやく、iOS 12.4.4 のダウンロード開始。
ダウンロードが終わるとiTunesのツールバーの上に細い進捗バー(または進行状況バーまたはプログレスバー)が出てきて、「ソフトウェアを抽出中…」という表示の下を、少しずつ動いて行く。
時間がかかりそうなので、本棚からケン・リュウの『紙の動物園』を取り出して読む。
ディスプレイを横目で見て、進捗バーが右端に達したな、と思ったら、「バックアップ中…」だかなんだか、別のメッセージに変わって進捗バーが左からのろのろと進む。
全工程の進捗バーじゃないのかよ、クソが!

結局、いつ終わるのかわからんなぁ、と思っているうちに、『紙の動物園』の短編を二つ読み終わり、TVは「ニュース23」に変わっていた。
時間がかかるのは、まぁ、通信状況にもよるから、仕方がない。
問題は、全体のどれくらいのところまで進んだのかを示す目安もなく、進捗バーが右端まで行っては、また左から始まることだ。
それも何度も。
これって、「よくないUI事例」そのものではないか。

そして、「iPadソフトウェアをアップデート中…」とかいったメッセージで進捗バーが右端に到達した状態のまま、画面に変化がなくなった。
iPadの画面も消えている。
Windowsのタスクマネージャを見ると、iTunesは実行中で、ディスクもメモリも動いているので何かしているらしい。
……という状態のまま1時間が経過し、「午前様じゃないか、クソが!」となったところで、PCを放置して寝ることにした。

午前4時、小用で起きたついでにPCをみると、寝る前とまったく変化がない。
腹が立ったので(クソが!)ケーブルを抜いてPCをシャットダウン。
一瞬、「iOSをアップデートできませんでした」というメッセージを見た気がするが、眠かったのでちゃんと覚えていない。
iPadは電源ボタンを押しても無反応。
まぁ、朝になってから考えよう、ということで、PCの主電源を落として寝た。

 

翌朝(というかその日の朝)、こんの散歩から戻ってから、PCを起動。
朝食を摂りながら再度アップデートを試みる。

iPadを強制再起動すると、PCと接続して欲しそうな画像が表示された(ThunderboltケーブルがiTunesアイコンに向かって伸びている)。
ちなみに、物理的なホームボタンのあるiPadの場合、ホームボタンと電源ボタンをアップルマークが表示されるまで押し続けると強制再起動できる。
こういうとき、物理的なボタンがあると安心できる。
ソフトウェア的なボタンしかなかったら、「クソが!」と床に叩き付けるくらいしか、できることがないではないか。

iTunesを起動し、iPadを接続すると、「アップデートするか復元するか?」というダイアログボックスが表示された。
アップデートを選択して、朝飯を食べている間にアップデートは終了。
昨晩の3時間はなんだったんだ、クソが!

……さて、じつは会社にもう1台、iOS 8 の iPad があって、今日、アップデートするため持ち帰ってきた。
これは iPad Air 2 なので、iPadOS 13.3 にアップデートできる。

昨日の二の舞は嫌なので、夕食を食べる前にPCを起動し、iPad を接続しておいた。
するとなんと、順調に進んで40分足らずでアップデート終了。

昨晩の3時間はなんだったんだ、クソが!

| | コメント (0)

2019/12/14

令和元年最後の満月……って、なんか意味あるのか?

2019年12月12日の月は、今年最後の満月だった。

夜、こんと散歩していると、月明かりに照らされた富士山が白く浮かび上がっているのが見えた。

Psx_20191213_125556

もちろん、上の写真は露出補正して明るさを増したものだ。

スマートフォンで撮ったままの状態では、次のような具合である。

Psx_20191214_215846

まぁ、散歩中に公園のフェンスにスマートフォンを載せて、ちょいと撮った写真でこれだけ写るのだから、光学機器の進化は大したものだと思う。 

さて、最初に「今年最後の満月」と書いたが、よく考えたら「今年最後」ということに特別の意味はない。

満月は何万年も前から約30日ごとに見られるわけだし(晴れていれば、ね)、1年を12月で終わりにするというのは人間の都合である。

ましてや、「令和元年最後の満月」なんて言っても、何か意味があるのか全然わからない。

「新しい時代の最初の年」とか言われても、何が「新しい時代」なのか、法律でそう決まっているというだけのことで、実感がない(強行採決で決めた法律だしね)。

人間の都合に関係なく、地球から月を見れば、30日ごとに満ちる。

次の満月の夜も、そのまた次の満月の夜も、月の光を浴びて散歩できればいいなぁ、と思うのである(晴れていれば、ね)。

| | コメント (0)

平日山歩き・晩秋?初冬?香貫山

(続き)12月11日(水)午前、中瀬駐車場から香貫山に登った。

Psx_20191214_221642

新桜台到着、こん14歳まだまだ元気。

Psx_20191214_221515

海側は少しガスっていた。

Psx_20191214_221125

山頂近くの展望台からの富士山。その手前は愛鷹山、さらに手前に沼津市街。

Psx_20191214_220952

山頂付近には、ところどころに安山岩の塊がある。

これは安山岩というより、火砕流が固まったもののように見える。

香貫山は海底火山の残骸ということだが、海底火山からの噴出物がどうしてこんな、かき揚げのような形になるのだろう? 水中火砕流だろうか?

まぁ、でっかいかき揚げに見えてもじつは、地下に長く根っこのような構造になっていたりして。

Psx_20191214_220818

香稜台公園を経て山腹の道を新桜台へと戻る途中、斜面にたくさんのツワブキが咲いていた。

その写真を撮っていたら、こんがその斜面の細い道のほうに行くのだと思ったらしい。

Psx_20191214_220600

こん、そっちに行くんじゃない、けもの道だろそこは、と言ったら……上半身が被写体ブレしてる。

 Psx_20191214_220328

イロハモミジの紅葉を撮ってみると、こんな具合だったが、Google Photo にアップロードしておいたら、勝手に補正してくれた。

Effects

妙に鮮やかな気がしないでもないが、実際に見たときの印象に近いのは、補正されたほうかもしれない。

じつは、この写真だけでなく、富士山の写真やツワブキの写真も Photoshop Express で補正して、記憶の中の風景に近付けている。

写真は「真」実を「写」すものではないのである。

| | コメント (0)

自主的隔週週休三日制平日山歩き

これまで繰り越してきた有給休暇を3年後のリタイア時に完全に消化するには、隔週週休三日にすればいい、と気づいたのが半年ほど前。

水曜日に休むようにすると、毎日が休みか、休み明けの初日か、休日の前日になる。

つまり、労働意欲の維持にも貢献するというわけ。

それはさておき、12月11日水曜日、よく晴れていたので、こんを連れて香貫山を歩いた。

Dsc_2059effects

Effects

今ごろ紅葉、しかもまだ色づく途中という具合だったのは、やはり温暖化の影響か。

ちなみに、上の写真の色がやたらと鮮やかなのは、Google Photo で自動補正されたものだからである。

この日の香貫山の山歩きについては、また書くかもしれない。

| | コメント (0)

2019/12/08

散歩と昼寝、ちょっとだけ庭仕事

Dsc_2050

朝からよく晴れた。

朝の散歩と朝食の後、布団を干し、掃除機をかけ(ダイソンのバッテリーが衰弱したので通販で購入8,800円也)、庭に出るとドウダンツツジが良い具合に赤くなっていた。

光の透けた感じが面白かったので、スマートフォンのインカメラを使って下から見上げる感じに写真を撮った。

風呂掃除を終えて、キャンピング用のチェアをウッドデッキに持ち出す。

Psx_20191208_104304

気持ちの良い小春日和。

1時間ほどウトウトする。

昼食後、布団を取り込んでから再び庭に出てウトウトする。

上空を行く旅客機の音を聞こえたからか、足尾の山の中で寝ている、という夢を見る。

初冬の足尾でカモシカの観察をしているとき、風のない昼下がりなどについウトウトしてしまい、青空に白く機体を光らせて飛んで行く旅客機の音で気が付くことがあった。

新幹線の音で目が覚めて、あぁ、ここはウチの庭だっけと足元を見ると、こんが何かを訴えている。

何かって、もちろん散歩である。

1時間ほど散歩。

家に帰っても、こんは屋内に入ろうとしない。

ついでに庭仕事。

というか、玄関先の芝が市道にはみ出しているので、その手入れ。

ようやくウチに入って一服していると、こんがまた散歩に行きたいという。

Psx_20191208_175035

本日3回目の散歩。

Psx_20191208_175415

ちょうど日没のころで、富士山の雪が赤く染まっていた。

| | コメント (0)

2019/12/02

あなたが欲しいのはどっちの首相?

Sketch1575291125143

本当に潔白なら、資料の廃棄に怒り、データの復元を命じると思うんだけどねぇ。

| | コメント (0)

2019/12/01

富士山のつるし雲を宇宙から見る

今日の午後、近所の公園に散歩に出かけた。

富士山の東側(写真の右側)につるし雲ができていた。

Dsc_2042

リードを引いてこんの足を止めさせ、写真を撮った。

じつは、つるし雲はいくつも、箱根の上空まで連なっていた。

そこでふと考えたことは、この雲は宇宙から見えるのだろうか?ということだ。

家に帰ってから、「ひまわり8号リアルタイムWeb」で調べてみると、次のような具合だった。

20191201himawari

ちょっと小さくて薄いが、富士山から点々と連なっている雲が見える。

東に行くほど雲がぼやけて、薄くなっていることもわかる。

地上のわれわれが見ている雲は、しっかり宇宙からも見えているのだね。

| | コメント (0)

« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »