« 『フォッサマグナ』を読んだ | トップページ | ドコモからの通知がウソくさかった »

2019/08/18

『消滅』を読んだ

カミさんに薦められて、恩田陸の『消滅』を読んだ。

超大型台風が接近し、閉鎖された国際空港の入管で、足止めされた11人の(普通の)人たちと、1匹の犬。

なぜかそこに混じって泣いていた若い女性が、ヒューマノイド・ロボットだった。

キャスリンと名乗るそのアンドロイド(女性型だからガイノイド?)が言うには、この中にテロリストがいる、そのテロリストを見つけ出し、「消滅」を阻止してほしい。

はたしてテロリストは誰なのか、期限である深夜0時までに明らかにできるのか、そしてテロリストの目的である「消滅」とは、いったい何を消滅させるというのか?

というような風にあらすじを書くと、なんかすごいサスペンスみたいだが、実際にはユーモアにあふれたSFである。

人物描写や、それぞれの視点から見た他の人の言動の描写が巧みで、一気に読んだ。

マレーシアから帰国して早く肉ワンタン麺を食べたいのに足止めされてしまうエンジニアとか、なぜだかいつも怪しい人物と想われてしまう編集者とかには、同情を禁じ得なかった。
それはさておき、SFとしては、これはどうだろうと思った点があるので、指摘しておきたい。

以下、ネタバレを含むので結末を知りたくない人は読んではいけない。

SFは、大きく分けると2種類になる(細かく分けると切りがない)。

一つは、サイエンス・フィクションつまり空想科学小説で、とくにハードSFは(現実に存在するものか空想的なものかは問わず)科学技術が核心にあり、それを抜いたり、別のもの(魔法とかそういったファンタジックなもの)に置き換えると、小説が成立しなくなる。

クラークやアシモフ、ベンフォードやイーガンのSFは、サイエンス・フィクションだ。

もう一つはスペキュレイティヴ・フィクションと呼ばれ、思弁小説・思索小説などと訳される。

「もしも……だったら、……はどうなる?」を突き詰めたもので、いわゆるSF的な小道具(ロボットとか宇宙船とか)は、あくまでも脇役である。

エリスンやディック、ゼラズニイに優れた作品がある。

 

恩田陸のSFは(自身もあとがきに書いている通り)スペキュレイティヴ・フィクションである。

そのため、どちらかというとハードSF好きのワシは、おや、と思ってしまったのである。

好みの違いに由来する違和感の表明であって、批判というわけではないので、念のため。

 

キャスリンはどう見てもオーバーテクノロジーだよなぁ。

作中でも触れられていたが、実社会で運用されている、人間と見分けのつかないヒューマノイド・ロボットの存在は、ちょっとリアリティに欠ける。

 

あとは「消滅」を実現するツールであるところの量子コンピュータ。

市販の耳栓やデンタルフロスをソフトウェアだけで量子コンピュータ化するなんて、ドラえもん級の反則では?

 

最後に、耳栓があれば、デンタルフロスは要らないのでは、と思った。

みんなが耳栓型音声翻訳装置を付けていれば、それぞれ好きな言語で話しても、自国語として聞こえるのだから。

ちなみにこれは、ダグラス・アダムスのコメディSF『銀河ヒッチハイク・ガイド』に登場し、音声を食べて脳波を排出する寄生生物の使い方である。

耳に入れて使う、小さくて黄色い、魚に似たその生物の名は「バベル・フィッシュ」。

|

« 『フォッサマグナ』を読んだ | トップページ | ドコモからの通知がウソくさかった »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『フォッサマグナ』を読んだ | トップページ | ドコモからの通知がウソくさかった »