« 雨上がりの虫たち | トップページ | キノコちゃんに叱られる »

2018/09/25

仲秋の名月と「勉強」の違和感について

Psx_20180925_122410

新しいスマートフォンで月を撮ってみた。
まあ月や星や夜の雲が撮れることに驚いた(ちょっとPhotoshop Expressで明るくしたけど)。

上の写真の右のほうの明るい点は、火星である。
ここで、「この写真、24日の仲秋の名月(満月)ではないな」と気付いた人はいるかな?

じつはこの月は22日の夜の「十三夜月」で、左(東)側が少し欠けているのだが、ぼぉっとした写真なのでよくわからない。
しかし、24日の満月(十五夜の月)を見た人なら、こんな位置に火星がなかったと言えるのでは?

22日には30°(腕を伸ばしたときの握りこぶしの幅3個分)くらい離れていた月は、24日には60°ほどにもなる。
この値は、月の満ち欠けの周期が約30日であることを知っていれば、簡単に求めることができる。

もし正確な値を知りたいときは?
国立天文台などのサイトで調べればよいのだ。

細かい数値を覚えていることを、「頭がよい」とか「勉強ができる」とか勘違いしている人がいるが、まったくの間違いである。
数値やら何やらを覚えておくのは、本やコンピュータの仕事である。

「頭のよい」人間に必要なのは、観察し、疑問を持ち、考えて、新たなモノや価値を作り出すことだ。

ついでに言うと、勉強ができても頭がよいとは限らない。
「お勉強ができるようだけど、頭悪いんじゃないか?」と疑いたくなる人っているからね……。

(おまけ)
じつは本当の満月(望)は翌日(25日)の午前中だったりする。日本は昼なので真の満月は見えなかったのだ。

|

« 雨上がりの虫たち | トップページ | キノコちゃんに叱られる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 仲秋の名月と「勉強」の違和感について:

« 雨上がりの虫たち | トップページ | キノコちゃんに叱られる »