« 素朴な疑問 | トップページ | こんと山へ行った »

2017/08/24

偽装毒虫と美意識

偽装毒虫と美意識

自宅の駐車場のコンクリートのすき間に生えたタチツボスミレ。
そのスミレをばりばり食べているツマグロヒョウモンの幼虫。

黒いトゲトゲや赤い筋があって見るからに毒々しいが、毒はない。
トゲトゲも見掛け倒しで、触るとゴムのように軟らかい。
さも毒虫であるかのように偽装しているわけだが、いったい誰に対する偽装か?  

もちろん、天敵に対してである。
チョウの幼虫の場合、鳥や小動物、それに寄生蜂などだろう。

しかし、蜂は論外として、(小動物には赤色は伝わらないから)鳥に「毒々しいイメージ」が伝わるのだろうか。
鳥も人も毒虫に対して同じようなイメージを抱くとしたら、鳥と人の美意識は案外似通っているのかも知れない。

|

« 素朴な疑問 | トップページ | こんと山へ行った »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 偽装毒虫と美意識:

« 素朴な疑問 | トップページ | こんと山へ行った »