« 駐車場の車の屋根で発電! | トップページ | 昆虫の睡眠 »

2017/07/22

平和な一日

クマゼミの声で目が覚めた。
半覚醒状態の時、視野の中にグレーの球のようなものがぎゅうぎゅうに詰まったような感覚になって不快で目が覚めた。
音が視覚に変換される、共感覚だろう。

こんを連れて散歩に出たときも、クマゼミの声のすごいこと。

蝉時雨に 負けじと叫ぶ 子供らに
怯えてこんは 歩みを止める

散歩から戻って水を飲んでいるこんの3秒動画を撮ったのだが、ファイルサイズが大きすぎてアップロードできなかった。

午前中は買い出し、午後は窓の入れ換え(曇りガラスの位置の交換)やら庭の手入れやら。

夕方、町内の夏祭りの売店に行って、生ビールをもらい、フランクフルトと団子を買った(焼きそばなどは売り切れていたのだ)。
家に帰ってウッドデッキにキャンプ用の折り畳み椅子を出し、フランクフルト・ソーセージを食いながらビールを飲んだ。

空を見上げると、高層の白い巻雲と低層の灰色の層積雲が逆の向きに動いて交差している。
その雲の間を旅客機が、夕日に輝きながら横切って行く。
低空を鳴き交わしつつ舞うのはイワツバメだろうか。
さらに低く、ウチの屋根くらいの高さをトンボがジグザグに飛んでいる。
ワシが椅子の下で蚊取りのファンをまわしているので、そこから逃れて昇って行った蚊でも捕らえているのだろうか。

平和な一日が暮れようとしているが、居間のテレビから漏れて来るニュースの音声は平和とは程遠い。
近隣諸国ではテロやら核ミサイルやら、不穏な動きが絶えない。
国内でも原発を再稼働しようとする胡散臭い動きがある。
福島第一原発の核燃料デブリがどんな状態かすら、はっきりわからないのに。

ビールを口に運び、ぼんやりと見上げるたびに、雲の形と色が変わっている。
いつのまにか蝉の声が止み、イソヒヨドリの声が響く。
地球はこんなに豊かで面白いのに、その上で生きる人はなぜ、互いの命を取り合ったり、放射性物質で汚しかねないバカをしたりするのだろう?

|

« 駐車場の車の屋根で発電! | トップページ | 昆虫の睡眠 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2251/65568178

この記事へのトラックバック一覧です: 平和な一日:

« 駐車場の車の屋根で発電! | トップページ | 昆虫の睡眠 »