« 2017年6月 | トップページ

2017/07/29

素朴な疑問

素朴な疑問
原子力発電所の放射性廃棄物の地層処分の候補地について、公表された地図を見て考えたこと。

静岡県東部は伊豆・箱根・富士の火山がたくさんあるので適地にはならないだろうと思っていた。
ところがポツリポツリと適地がある。
なぜだ?

どうも火山(しかも火口)からの距離を一律に設定したのではないか。
ハザードマップとの対照とかやったのだろうか。

そして活断層も「線状」に捉えているようだ。
断層と断層の間が適地って……。

……これって本当に「科学的有望地」なんすか?

もちろん、10万年間も地層内に「隔離」できるという幻想がまず、科学的ではないように思うのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/24

大気のプランクトン

大気のプランクトン
今日は朝から風が強かった。
その風に逆らって、トンボが飛んで行った(写真はそのときのものではなく、昔撮ったイメージ写真である)。

さて、水中の生物の生態学的分類の中に、ネクトンというものがある。
水の流れに逆らって泳ぐことのできる遊泳能力の高い回遊魚などである。
遊泳能力が低いか、または能力がない、水に漂う生物がプランクトンである。
微小な生物だけでなくクラゲのように大きな動物もプランクトンである。

水中ではなく大気中で、鳥やトンボはネクトンのように流れ(風)に逆らって飛ぶことができる。
大気中のプランクトンにあたる生物はいるのか?  
蚊はどうだろう?  

そんなことを考えていたら、ヤマトシジミが風上へと飛んで行った。
チョウはプランクトンではなく、ネクトンなのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/23

昆虫の睡眠

昆虫の睡眠
夜に散歩していると、クマゼミはまだ鳴いているしアブラゼミの幼虫は歩いているしカブトムシは飛ぶしで、こいつらいつ寝るのだろうと思う。

一方、写真のベニシジミのように、ぐっすり寝ているものもいる。
地べたのシロツメクサの花にとまっていたので、危うく踏むところだった。

さて、ヒトは睡眠中に記憶の整理をするという。
夢はその副産物だそうだ。
睡眠中の蝶は、夢を見るのだろうか?
胡蝶の夢を・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/22

平和な一日

クマゼミの声で目が覚めた。
半覚醒状態の時、視野の中にグレーの球のようなものがぎゅうぎゅうに詰まったような感覚になって不快で目が覚めた。
音が視覚に変換される、共感覚だろう。

こんを連れて散歩に出たときも、クマゼミの声のすごいこと。

蝉時雨に 負けじと叫ぶ 子供らに
怯えてこんは 歩みを止める

散歩から戻って水を飲んでいるこんの3秒動画を撮ったのだが、ファイルサイズが大きすぎてアップロードできなかった。

午前中は買い出し、午後は窓の入れ換え(曇りガラスの位置の交換)やら庭の手入れやら。

夕方、町内の夏祭りの売店に行って、生ビールをもらい、フランクフルトと団子を買った(焼きそばなどは売り切れていたのだ)。
家に帰ってウッドデッキにキャンプ用の折り畳み椅子を出し、フランクフルト・ソーセージを食いながらビールを飲んだ。

空を見上げると、高層の白い巻雲と低層の灰色の層積雲が逆の向きに動いて交差している。
その雲の間を旅客機が、夕日に輝きながら横切って行く。
低空を鳴き交わしつつ舞うのはイワツバメだろうか。
さらに低く、ウチの屋根くらいの高さをトンボがジグザグに飛んでいる。
ワシが椅子の下で蚊取りのファンをまわしているので、そこから逃れて昇って行った蚊でも捕らえているのだろうか。

平和な一日が暮れようとしているが、居間のテレビから漏れて来るニュースの音声は平和とは程遠い。
近隣諸国ではテロやら核ミサイルやら、不穏な動きが絶えない。
国内でも原発を再稼働しようとする胡散臭い動きがある。
福島第一原発の核燃料デブリがどんな状態かすら、はっきりわからないのに。

ビールを口に運び、ぼんやりと見上げるたびに、雲の形と色が変わっている。
いつのまにか蝉の声が止み、イソヒヨドリの声が響く。
地球はこんなに豊かで面白いのに、その上で生きる人はなぜ、互いの命を取り合ったり、放射性物質で汚しかねないバカをしたりするのだろう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/18

駐車場の車の屋根で発電!

駐車場の車の屋根で発電!

もう未来がないのに税金と電気料金を食い続ける原子力発電。
個人でできるせめてもの抵抗として、太陽電池でスマートフォンの電源を賄おうと考えた(この話前にも書いたな)。

写真は車の屋根にソーラーパネル5 PLUSを設置した様子。
家中のスマートフォンとタブレットすべての電源を太陽光で賄おうと思ったら、車の屋根全面を太陽電池にしないとダメかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/16

ハチか?違う、カミキリムシだ!

ハチか?違う、カミキリムシだ!

今日、洗面所兼脱衣所の窓の目隠し用に、スダレを付けようとしたときのこと。
足元のシダにハチが!と思ったら、カミキリムシ(ヨツスジトラカミキリ)だった。

擬態である。
毒針を持つアシナガバチに似た模様を持つことで、捕食を免れる効果を期待するベーツ擬態というやつである。

もちろん、カミキリムシ自身が「捕食されないことを期待」して化けているわけではない。
ハチっぽい模様を持つ個体のほうが、そうでない個体よりも生き残る確率が高いので、幾世代かを経るうちにハチに似たのだろう。

もちろん、カミキリムシは毒針を持たない。
だからワシがスマートフォンのカメラを近付けたら、慌てて逃げ出し、飛び去った。
ハチの腹のような黒と黄色の模様は前翅にあるので、前翅を開いて飛ぶと、まったくハチらしくなく、カミキリムシであることがバレバレとなるのであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

太陽電池でスマートフォンを充電する

太陽電池でスマートフォンを充電する
バイオライトのソーラーパネル5 PLUSを購入した。
写真はベランダに置いて充電しているところ。
スタンドで角度を変えられるのでパネルに太陽光を垂直に当てることができる。

コーナーの穴に通してある細引きは、駐車場の車の屋根に設置するために、ワシが付けたものである。
先週の大雨の際にも、会社の駐車場に止めておいた車の屋根に設置しておいた。
もちろんビシャビシャに濡れていたが、防水(IPX4)なので問題なかった。

晴天時には約2時間で満充電となる。
しかし、内蔵のリチウムイオン電池の容量が2200mAhなので、スマートフォンを充電するにも、ちょっと力不足である(Arrows F-02Hの内蔵電池の公称容量は3390mAh)。

ソーラーパネル5 PLUSは手軽に太陽光で発電・充電できる。
そこで、キャンプや非常時にはとても役立つだろう。
ただ、これだけで毎日のスマートフォンの電源に充てようとするのは無理がある。

もっと容量の大きい太陽電池の導入を検討するかな……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/11

カブトムシとネコ

カブトムシとネコ
夜の散歩中、公園の街灯の下にいたカブトムシを見付けた。

こんはちょっと匂いを嗅いだだけで興味を失い、遠くの芝生を横切ったネコを追いかけたがった。
こんがリードを引っ張るのでうまく写真が撮れず。

毎年カブトムシを見掛けるが、このあたりも雑木林がどんどん宅地になっていくので、虫も棲みにくくなったのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/08

五月晴れ?

九州は大変な雨だが、ウチのあたりは全然梅雨らしくない。

朝から晴れたので、いちおう五月晴れである。
7月だけど梅雨どきは旧暦の五月なので五月晴れである。

五月晴れ?

タ方、庭の草刈り。
ビフォー&アフターの写真を撮ったが、すごくキレイになった・・・という気はしないなあ。
芝生の周囲の茂みはそのままだからね。

ちなみにビフォーの写真にいたこんは、途中で飽きてウチに入ったのでアフターにはいない。

五月晴れ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/06

YOGA BOOKを買った

YOGA BOOKを買った

7月2日に発注、7月5日到着。

2014年に買ったHP Slate7 Extremeが不調となったので、タブレットPCを買い換えることにした。
いろいろ調べて、キーボードの付属しているLenovo YOGA BOOKを選択した。
キーボード入力と手書きメモ機能を容易に切り替えられるというところに惹かれたのだ。

今後使い勝手などを報告する……かもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/03

7月1日、ヒキガエルと遭遇

7月1日、ヒキガエルと遭遇
夜の散歩でヒキガエルと遭遇。
住宅地の中なんだけどね。

今朝はクワガタムシのオスを見つけた。
車道を横切ろうとしていて危なかったので、近くの生垣に投げた。
そのため写真はない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年6月 | トップページ