« 今朝の富士山 | トップページ | 「溶けた核燃料」はないだろう »

2017/01/29

ドウダンを移植したら

Dsc_1136s

昨日は終日、ぽかぽかと暖かかった。
近所の公園のカワヅザクラ(河津桜)や白梅も咲き始めた。

樹木の植え替えは、休眠から目覚めるいまのうちに済まさなくてはならない。

というわけで、庭のドウダンツツジを移植した。
大きな幹が2本あるので、二つに分けて二箇所に植えよう、と思ったのだ。

根元で融合している幹を切り分けるにも苦労し、根のまわりの土を保持したまま掘り返すのにも苦労した。
そして幹をぼきりと切り分けたとき、腰に痛みが走った。

どうもまた、軽くやっちまったようだ。
どうにか移植を終わらせたあと、腰に湿布を貼り、腰痛ベルトをして過ごしている。

Dsc_1138s

写真の左奥が移植したドウダンツツジ。右手前は2週間前に切ったカツラ。

|

« 今朝の富士山 | トップページ | 「溶けた核燃料」はないだろう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2251/64825215

この記事へのトラックバック一覧です: ドウダンを移植したら:

« 今朝の富士山 | トップページ | 「溶けた核燃料」はないだろう »