« 場違いな侵入者 | トップページ | 虫の季節の終わり »

2016/11/12

恒例の足尾行きを諦める

Numazutoashio

毎年11月の下旬に足尾へ行き、ニホンカモシカをカウントしている。
ここ10年くらい、ニホンカモシカを見る機会が減って、山でボンヤリして酒を飲んで帰ってくるだけのことも多いのだが……。
ともかく、山中で2泊し、冬枯れの稜線で何時間も双眼鏡を覗いたり、昔からの仲間と焚き火を囲んでとりとめのない話をしたりする貴重な機会ではある。

歳をとるとともに片道260km、4時間の運転(休憩を含めれば6時間かかる)が辛くなってきた。
落石や滑落への対応も、体の動きが鈍くなっているので不安である。

以前はクマに出会っても何とかなるだろうと思っていたが、最近は何とかならないかも、と思う。

それでも、今年も行くつもりであった。
ところが、家庭の事情が予想外の状態になってきた。
家族の75%が通院治療中となってしまったのだ。
元気な25%も仕事で忙しく、ワシ(通院治療中の25%)が出かけてしまうと、こんの散歩に付き合える「人」がいなくなってしまう。
こんを足尾に連れて行くという手もあるが、車に酔うので論外である。
それに、ワシが出かけている間に50%がまた不調になったら大変だ。

ということで、足尾行きを諦めた。

まぁ、近所の山でも歩きに行きたいもんである。
……山へ行くのが無理なら、庭で肉でも焼くか……。

|

« 場違いな侵入者 | トップページ | 虫の季節の終わり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 恒例の足尾行きを諦める:

« 場違いな侵入者 | トップページ | 虫の季節の終わり »