« 無為の庭 | トップページ | 恒例の足尾行きを諦める »

2016/11/12

場違いな侵入者

場違いな浸入者
冬枯れの様相を見せ始めた庭の片隅にアフリカホウセンカが咲いていた。
インパティエンスという属名で売られている花である。
苗を植えた覚えも種子を播いた覚えもないので、勝手に生えてきた「侵入者」である。

アフリカホウセンカの花粉は容易に発芽するので生物の実験に使ったことがある。
花が咲いているときに花粉を採取したが、果実が熟するところまで観察していない。
同じインパティエンス属のホウセンカと同様に種子を飛ばすのだろうか。

植物の種子散布メカニズムは多種多様で、ホウセンカやカタバミのように熟した果実がはじけて種子を飛ばすものも多い。
だが、果たしてウチの庭まで、隣家あたりから種子が飛んでくるものなのだろうか?

カタバミの種子は飛ばされて落ちるだけでなく、動物の体(衣類や毛皮)に付着する。
カタバミはカタパルト発射型と動物付着型の混合型なのだ(動物付着型の代表格は、「ひっつき虫」として知られるオナモミやイノコズチ)。
自然は簡単に分類(線引き)できるものではない。
線引きや分類にこだわるのは非科学的だ(こんなこと考えちゃうのは、アメリカ大統領選挙と関係あるかも)。

アフリカホウセンカの種子も、飛ばされるだけでなく、動物の体(疑わしいのはワシとこん)に付着して侵入したのだろうか。

|

« 無為の庭 | トップページ | 恒例の足尾行きを諦める »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 場違いな侵入者:

« 無為の庭 | トップページ | 恒例の足尾行きを諦める »