« 木星昇る | トップページ | ラティスフェンスを作り直した »

2016/02/12

見えないけれど、あるんだよ

見えないけれど、あるんだよ
写真は昨日の記事の答え。
木星は肉眼で見えるし、スマートフォンで撮れる。
だが宇宙には見えない天体もある。

太陽のような恒星は自ら光を発している。
木星や月などの惑星や衛星は恒星の光を反射している。
暗黒星雲のような星間ガスも、恒星の光を遮るので「見える」。
また、目に見える光ではなく、電波を出している天体もある。
これも電波望遠鏡で「見える」。

だが、宇宙の大部分の物質は光でも電波でも見えない天体なのだそうだ。
その名もダークマター(暗黒物質)。
黒いわけではなく(もちろん邪悪なわけでもなく)「見えない」のでそう呼ばれる。
アメリカの大学で重力波の検出に成功したそうだが、重力波望遠鏡を使ってダークマターの存在を調べることはできるのだろうか。

|

« 木星昇る | トップページ | ラティスフェンスを作り直した »

コメント

突然すいません。このページをいつも拝見しています。私、植物が好きなんですが、(素人のおばちゃんです)最近ロゼットに興味をもちまして、今から植物たちが元気に育ちはじめる時期なのでロゼットを持つ植物の観察をしたいと思います。子供たちと一緒に(双子のまだ小学生ですが)したいなぁと思っている主婦です。どのような観点で、あるいはその視点や方向をお教えくださいませんか。お願いします。写真も撮りたいです。

投稿: ゆーまま | 2016/02/22 09:12

最近コメントのチェックをしていなかったので、長らく放置してしまってすみません。ロゼットに興味をお持ちとのこと、観察に適しているのはこの時期だけですから、ぜひ野に出てください。次の記事にも書きましたが、プランターや庭でも、ロゼットを見ることがあります。http://mshi.na.coocan.jp/lab/lab029.html
冬の畑や田んぼ、空き地や公園など、明るく開けたところで、ロゼットをたくさん見つけることができます。公園では、冬枯れの芝生の中に緑が目立つので、簡単に見つかります。
写真の撮り方は自由ですが、真上から撮るとデザインパターンのようで面白いかも知れません。タンポポのように花の茎が立ち上がっていたら、背景に子供さんが写るように、横から撮ると良いでしょう。横から撮るときには、ピントを合わせるのが難しいので、花の横に手を出してもらって、そこにピントを合わせる、という方法もあります。

投稿: M.SHI. | 2016/03/12 17:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 見えないけれど、あるんだよ:

« 木星昇る | トップページ | ラティスフェンスを作り直した »