« ドライブレコーダーの記録画像 | トップページ | 東京五輪エンブレム騒動 »

2015/09/01

満月は白く輝やかない

満月は白く輝やかない
NASAの宇宙気候観測衛星が160万kmの距離から撮影した月と地球の写真を見ると、いろいろなことがわかる。

見えているのは月の裏側である。
見慣れた「海」や線条がない。
月の表側(ニアサイド)と裏側(ファーサイド)では、その表情がだいぶ違う。

地球のほぼ全面に太陽の光が当たっているので、満地球である。
そこで当然、観測衛星から見た月も満月のはずだが、妙に黒っぽい。
裏側だから黒っぽいのか?というと、そういうわけではない。
じつは月の表側・裏側を問わず、月面はこの写真のように黒っぽいのだそうだ。

地球から見た満月が明るく輝いているのは、背景(つまり宇宙)が黒いからだ。
漆黒の宇宙に比べれば、月ははるかに「白い」のである。

しかし、白い雲をまとう地球に比べれば、月は「黒っぽい」のである。
そりゃあまぁ、雲と熔岩を比べたら、熔岩のほうが黒いよね。

|

« ドライブレコーダーの記録画像 | トップページ | 東京五輪エンブレム騒動 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 満月は白く輝やかない:

« ドライブレコーダーの記録画像 | トップページ | 東京五輪エンブレム騒動 »