« 超簡略地図を描く | トップページ | 昼間のコウモリ »

2015/05/03

専守防衛か先制攻撃か

専守防衛か先制攻撃か
昨日、緑のカーテンの準備と庭の手入れの後、アシナガバチの巣を撤去。
写真はテラスの屋根の下から取り除いたアシナガバチの巣である。
卵が産みつけられているが、見張りのハチはいなかった。

もう一つ、二階のベランダの裏側にも巣が作られていて、そちらには見張りがいた。
ちょっと躊躇したが、蚊取りスプレー(部屋に散布するもの)を噴きかけたところ、絶命したので巣を撤去。

アシナガバチはガやチョウの幼虫を食べてくれるので、どちらかというと「味方」なのだが、何かの拍子に刺されると厄介である。
一度目は痛いだけだが、二度目にはアナフェラキシー・ショックで死ぬこともある。
カミさんがアシナガバチに刺されたことがあるので、ウチに巣を作られると困るのである。

ちなみに、ワシはミツバチとスズメバチに刺されたことがあるので、やはり刺されないように注意しなくてはならない。
過去に刺されたのはスズメバチだから、アシナガバチには刺されても大丈夫、というわけではないらしい。
(参考)わが国における蜂刺症(国立感染症研究所 感染症情報センター)

巣を作られたら直ちに撤去するのは先制攻撃なのか、それともあくまで生命を守るための専守防衛なのか……いやはや、難しい問題である。
簡単に考えて「この道しかない」というような浅はかなマネだけはしたくないと思うのである。

|

« 超簡略地図を描く | トップページ | 昼間のコウモリ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 専守防衛か先制攻撃か:

« 超簡略地図を描く | トップページ | 昼間のコウモリ »