« STAP騒動の科学的問題点 | トップページ | 手首から先だけの仕事 »

2014/12/31

年賀状2015

衆院選以来元気が出なくて、目出度くも何ともないから、今年は(というか来年は、というか)年賀状を出さずに済まそうかと思っていた。


 しかし、まったくやめてしまうのも何かと面倒なので、30日になって急遽作成して投函してきた。


Nenga2015


目出度くも何ともないので 「謹賀新年」でもなく 、カミさんの意見を容れて「2015」だけ。
……だけだと、ちょっとメッセージが足りないので「2011+4」と添えた。


じつはもっと毒を吐いて、「目出度さも中くらい以下おらが春」と添えようかとか、空に薄く「137Cs」や「239Pu」などを散らそうかとか考えたのだが、悪趣味な気がしたのでやめたのだ。


ちなみに写真はPhotoshopを使ってちょっとだけレタッチ(修正)してある。
煙突を1本消したのだ。
この風景に馴染みのある人は気付くだろう。


しかしまぁ、この程度の写真をゴマ化すのは楽である。
目障りなモノを消して 「修正」すれば、もはや写真は「真実」を「写」したものではない。


悪意をもって「修正」されたもの、「隠蔽」されたものに騙される2015年にならないように願う。

|

« STAP騒動の科学的問題点 | トップページ | 手首から先だけの仕事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 年賀状2015:

« STAP騒動の科学的問題点 | トップページ | 手首から先だけの仕事 »