« ハッシュド・マウンテン | トップページ | また肛門腺が腫れた »

2014/11/30

止められないもの

 20141130s


阿蘇山がマグマ噴火のため噴火警戒レベル2(火口周辺規制)となった。
同じ九州の火山の中では、桜島がレベル3(入山規制)、新燃岳がレベル2である。


気象庁「現在の噴火警戒レベル


新燃岳を覚えているだろうか。
2011年1月末から2月初めにかけて何度も噴火し、噴石や降灰、空振(くうしん)により周辺住民が被害を受けた。
その直後、2011年3月11日に発生した東日本大震災の被害があまりに大きかったためか、忘れ去られてはいまいか(ワシは高原町に友人が居るので、忘れようがないが)。


マスコミが報じなくなろうが、人びとの記憶から薄れようが、火山は噴火を繰り返す。
そして、火山の噴火を止めることはできない。
なんとか火山と共存する……いや、共存できるようにすることが、この火山列島の住民の心がけ、と言えるだろう。


具体的には、なるべく早く察知し、被害を少なくし、素早い復興が可能な体制を整えておくことだ。
「察知」は観測体制や基礎研究、「復興」は行政の役割だろうが、「被害を少なくする」という部分については、住民自ら対応する必要がある。
そういえば、来週は地域防災訓練があるなぁ。


火山噴火だけでなく、地震も、津波も、止めることはできない。
「いつかは起こる」ことはわかっていても、いつ起こるかはわからない。


止められない、と言えば、暴走した原子炉も、冷却し続けなければ止めることはできない。
核分裂の厄介なところは、スイッチを切っても止まらないことである。
現在の日本の原子炉は自動的に冷却し続けるしくみになっていないから、「誰か」が現場に残って、冷却し続けなくてはならない。
現場から「全員退去」してしまったら、原子炉から数百キロの範囲が居住不能地域となってしまうのだ。


朝日新聞の「命令違反」報道は酷いものだった。
しかし、「吉田調書」に関して最もゾッとすることは、誰も第一原発に戻ってこなかったら、首都圏が居住不能地域となったかもしれない、という点である。
そして、「ここで死ぬかもしれない」と思いながら原子炉の冷却を続けた人たちがいた、ということである。


死を覚悟しながら作業をさせる、それを強要せざるを得ない状況に人を追い込む。
原発は、そういう恐ろしいものなのだ、そうでもしないと止められないものなのだ、ということこそ、「吉田調書」から読み取るべきことではあるまいか。

|

« ハッシュド・マウンテン | トップページ | また肛門腺が腫れた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 止められないもの:

« ハッシュド・マウンテン | トップページ | また肛門腺が腫れた »