« 三島溶岩流末端を歩いて出勤 | トップページ | ギャンブル禁止!(その2) »

2014/10/24

『零式戦闘機』を読んだ

吉村昭著『零式戦闘機』を読んだ。
牛のエピソードから始まり、馬のエピソードで終わる。

宮崎駿のアニメ映画『風立ちぬ』にも描かれていた、飛行機を工場から飛行場まで牽いて行く、あの牛である。
牛で(後には馬で)、飛行機を運ばなくてはならない国が、工業大国と戦争したのである。
なんと無謀なことか。

まぁ、地震と火山の島国で、また原発動かそうなんて考えるのも無謀だけどね。
本質は変わっていないということか。

|

« 三島溶岩流末端を歩いて出勤 | トップページ | ギャンブル禁止!(その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『零式戦闘機』を読んだ:

« 三島溶岩流末端を歩いて出勤 | トップページ | ギャンブル禁止!(その2) »