« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014/09/30

火山国の心得

木曽御嶽山の噴火の犠牲になった方々を悼み、その遺族の方々にお悔やみ申し上げます。


山に登っていると、生命の危険を感じることもたまにあるが、噴火に遭遇したことはない。
浅間山の鬼押し出しから山頂の大きな火山岩を眺め、あちこちにあるコンクリートの待避所を見ながら、襲いかかる噴煙や火山弾にどう対処すりゃいいのだろうと考えたことを思い出す。
今回、生還した人たちの記録から、噴煙に覆われてしまうと真っ暗になり、何も見えなくなってしまうことに驚いた。
理屈ではわかっていても、体験しなければわからないこと、他人の経験から学ばなければならないことは多い。


今回の噴火は、地下のマグマが噴出し、大量の溶岩や火山灰を噴き上げるマグマ噴火ではなく、水蒸気噴火だそうだ。
山体の地下水が地下のマグマの熱で沸騰し、火口にたまっていた火山灰や岩を吹き飛ばす現象が水蒸気噴火である。
噴火の規模としては小規模で大人しいものだというが、それでもたくさんの犠牲者が出て、降灰による農業被害も出ている。


噴火予知連絡会の会見によると、水蒸気噴火はマグマ噴火ほどの前兆現象がないので、噴火を予見することは極めて難しいそうだ。
マグマ噴火の場合、地下のマグマが上昇してくるので、火山性地震や山体の膨張などの前兆現象が起こるという。
今回の御嶽山の噴火でも、山体の膨張が起きたそうだが、噴火のわずか7分前だった。


20140929s_20210908214801


さて、水蒸気噴火は予知するのが難しいとして、マグマ噴火は予知することは可能なのだろうか?
どうも、火山の専門家の意見を見ていると「前兆現象を捉えることはできるが、予知は困難である」ようだ。


にもかかわらず、川内原発の再稼働は火山噴火が予知でき、噴火の前に原子炉を停止できることを前提としている。
これには大きな問題が二つある。


(1)火山噴火は予知できるのか。そして、火砕流や溶岩が原発に至る前に原子炉を停止し、核燃料を抜き取って安全な場所まで運ぶことができるのか。


(2)前兆現象が起こるたびに原子炉を停止し、核燃料を抜き取って安全な場所まで運ぶことができたとしよう。だが、前兆現象が頻発したとして、その度に原子炉を止めていたら、果たしていつ稼働するのか。採算がとれるのか。


世界の10%の火山が集中する火山国に、世界の10%の原発があるって、変じゃないですか?
世界有数の火山国としては、火山と共存するために、もっと良い産業、もっと良い経済政策を考えたほうがよいのでは?
「原発がないと経済成長ができない」というお題目は、火山国の心得に反するのではあるまいか。
少子高齢化の進む火山国では、成長より成熟が必要ではないのねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/09/28

無季節自然現象

玄関先のホトトギス
玄関先のホトトギスが咲いた。
例年、山でも里でも秋になるとホトトギスが咲く。
夜空の星座も動き、さそり座が見えなくなった。
買い物に行けば、魚屋がサンマやカキの旬だと呼びかける。
花は移ろい、季節は巡る。

だが、季節と無関係な「自然」現象もある。
地震や火山の噴火がそれだ。

御嶽山の噴火では、どうやら複数の犠牲者が出ているようだ。
登山に危険はつきものとは言え、突然の噴火に遭遇したら、「なぜ今なのか」「なぜ私が」と思うに違いない。

「いつ起こっても不思議でないこと」として、臨機応変に対応できるよう、装備や登山計画に余裕を持たせたい。
だがその一方、「運が悪ければ」命を失う可能性があることを心しておかねば。
もちろん、それは登山に限ったことではない。
いつでも、どこでも、何があるかわからないのだから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/09/27

御嶽山噴火!

御嶽山噴火!
突然の木曽御嶽山噴火。
ニュースの映像では、山頂付近の複数箇所から噴煙が立ちのぼっている。
火山弾が飛ぶようすも見える。

御嶽山には登ったことがないので、とりあえず位置関係を確認。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/09/21

4億8千万年の領土紛争

ウチの玄関先の東側は駐車場、西側はローズマリーの生垣になっている。
駐車場は枕木の間にヒメコウライシバを植えてある。
ローズマリーの生垣の下にはシダ(イヌワラビ?)やコケ(ヒョウタンゴケ?)が生えている。

さて、「動物は動けるが植物は動けない」なんてことを言うのは生物学に無知な人であって、生物学を学んだり、学んでなくても観察力の優れた人は植物が「移動」することを知っている。
植物の「移動」はウチの敷地内という狭い空間においても現在進行中である。

Dsc_0389s

最近、ヒメコウライシバが西進し、上の写真のようにコケの間にランナー(ほふく茎)を伸ばしている。
ヒメコウライシバの勢いはものすごく、遠からずウチの周囲はくまなくヒメコウライシバに覆われるのではあるまいか。

上の写真の状況を見ていてハタと気づいたのだが、これはじつは4億8千万年にわたる領土紛争の最新の状況なのだ。

地球40億年の生命史のうち、最初の35億年の間、地上には目に見えるサイズの生物はいなかった。
植物の陸上進出は4億8千万年前の出来事で、現在のコケの直接の祖先にあたる植物である。
その後シダ植物が現われ、さらに1億年ほどかかって種子で増える植物(種子植物)が登場した。

陸地が森林に覆われ、現在と植物の種類は違うもののそんなに違和感のない景観になったのは、2億年前ほどのことなのだ。
ただし、そのころ、草原というものはなかった。
火山の噴火や土砂崩れ、洪水などで森林が失われたとき、日光に満ちた地表を覆うのは、シダとコケだった。

火山の噴火や土砂崩れ、洪水などで森林が失われたとき、そこに「草」つまり背が低く花の咲く被子植物が一面に生えるようになったのは1億年ほど前からである。
それ以来、「空き地」を奪い合うシダ・コケ・草の領土紛争は延々と続いている。

その紛争に「最近」といっても4千万年ほど前に参戦したのがイネ科植物である。
ちょうど同じころに地上を闊歩するようになった哺乳類と一種の共生関係にあるイネ科植物は、現在世界中の草原で見られる。
シバやススキのように、成長点が地表付近にあるイネ科植物は、草食哺乳類に地上部を食われても、すぐに新たに葉や茎を伸ばすことができる。
踏まれても踏まれても、ひょろひょろ高く伸びた茎や広い葉がないのだから、へっちゃらである。
むしろ、他の草や木の芽を食べてくれるので、イネ科植物にとっては草食哺乳類は「益獣」である。

刈り込みや踏み付けに強く、地表を覆うので他の草を抑えることができ、裸足で歩いても気持ちがよいものだから、シバはヒト(人類)と共生状態にある。
シバとヒトのここ数万年の共生関係が、いま、ウチの玄関先でコケの領土に侵攻している。

ワシはヒトの一員ではあり、シバの生育を助長しているものであるが、その一方、コケに覆われた地面も風情があって捨てがたいと思っている。
そこで、ワシはこの、4億8千万年にわたる領土紛争の現在の状況に、どのように介入すべきか悩んでいる。
このままシバが侵攻するに任せ、玄関先一面を芝生にしてしまうのか。
シバの侵攻を抑止し、一定の領土をコケに占有させておくべきなのか。
はてさて、どうしたものか……。

(参考)
東京農業大学「コケ植物の乾燥耐性機構を究明

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/09/16

狂気の海の中の正気の島

狂気の海の中の正気の島、という言葉をどこで読んだか忘れた。
ジャーナリズムは狂気の海の中にあって正気の島でなくてはならないとか、そんな文脈ではなかったか。
昨今の新聞にしろTVにしろネットにしろ、どこまでが正気かよくわからない。

というか、狂気と正気の線はどこに引くのか。
線を引くのは誰なのか。

科学的には、狂気と正気の境界はない。
科学的には、(量子的跳躍を除き)あらゆるものは連続したスペクトルであり、線引きは恣意的なものだ。
例えば、「青」と「緑」の境界はどこか?

自分の「正気」も疑ってみなくてはいけないのである。

Dsc_0374s

それはさておき、犬の「換毛期」というヤツも疑ってみる必要がある。
こんの冬毛は梅雨入り前から抜け始めたのだが、いまだに抜けている。

確かに梅雨明けのころ一度抜けたはずの尻尾の付け根のアンダーコートが、またゴッソリ抜けている。
夏の間に、また冬毛を生産しやがったのか?

ひょっとすると、「換毛期」があるのではなく、ごく短い「毛が抜けない時期」があるだけではないのか。

毛が抜けるだけならまだしも、フケもけっこう出ていて、オーバーコートもべたつくようだということで、週末にシャンプーした。
ごっそり毛が抜けて、こんは少しほっそりした。
それでもまだ、部屋のアチコチに毛が散っている。

少し涼しくなってきたのに、こんの腹は毛がすかすかになってピンク色の地肌が見える。
きっとまた今年も例年のように、年末に最小毛量となるのではなかろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/09/09

全国的にスーパームーン?

Dsc_0377s

今日は満月。
しかも、月と地球の距離が近いため大きく見える「スーパームーン」。

Web のニュースで「今日は全国的にスーパームーン」という見出しを見かけたが、当たり前である。
全国的はおろか、全世界的にスーパームーンである。

地球上のどこから見ても、今日は満月で、距離が近いのだから。
もっとも、北極点と南極点からだと、月は地平線から出るか出ないかのところなので見づらいかも知れないが。

「全国」なんて狭い範囲で考えていてはいけない。
物事は広い視野で、多様な視点で眺めないとね。

また、「今日」というのも極めて「地域的」な現象である。
日本の「今日」はブラジルの「今日」とは違う。

双眼鏡で見ると明るく輝くティコの線条のあたりから地球を眺めたとしたら、わずかに縁の輝くほとんど真っ暗な地球が、ゆっくりと回っていくのがみえるだろう。
地球上のそれぞれの地域が「今日」を過ごしながら。

さて、上の写真は三島駅南口の駐車場で撮ったものだが、よく見ると月の下に二つの光点が見える。

Dsc_0377ms

なんだこれは? UFOか?

いや、撮っているときには未確認飛行物体(Unidentified Flying Object)は見かけなかった。
飛んでいるのを見なかったので、U "F" Oではない。

では何か?
最初の写真をよく見るとわかるが、駐車場の照明の間隔と「UFO」の間隔が同じである。
異星人の宇宙船と考えるよりも、カメラのレンズ内のゴーストと考えるほうが妥当だろう。

こういう思わぬものが写り込むことが、写真の面白さの一つではあるのだが。

広い視野と多様な視点から想像をめぐらせるのは良い。
だが、思い込みに基づく妄想を、事実に基づく推測よりも優先させてはいけないのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/09/07

雨降って……キノコ元気

今日は地域(校区)の運動会の予定で、朝5時半に会場となる中学校に行った。
運営委員による判定会の結果は……中止。


昨夜半から降り始めた雨でグラウンドコンディションが悪くなったからである。
昨日あれだけ苦労してグラウンドに引いたラインもほとんど消えていた。


昨日あちこちの倉庫から運び出して準備したテントやら折りたたみ椅子やらを片付けて、再び振り出した雨の中、解散となった。
朝の7時半、あちこちの自治会の町内放送で運動会の中止が伝えられ始めていた。


さて、帰り道の公園の芝生を見ると、キノコだらけだった。


Dsc_0365s


気温が高く湿り気もたっぷりで、元気いっぱいのキノコたち。
よく見ると、菌環(フェアリーリング)になっている。


Dsc_0367s


昨日かさを広げていたキノコ(子実体)は茶色くなってしぼんでいる。
ヒトヨタケ類かな? ナヨタケ類かな?
菌類は遺伝子解析の進歩によって分類がアレコレ変わりつつあり、よくわからない。
もはや見た目では分類できないのだ。


ちなみに、昨日はよく晴れていたので、朝に公園を通ったときにはナヨタケ(?)はしぼみかけていて、代わりにホコリタケ類とおぼしき大柄なキノコが元気だった。


Dsc_0364s

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/09/04

効果的カメムシ駆除法

アサガオに大量に発生したカメムシ。

P8222895s

庭に来るチョウやトンボに害が及ばないようにするため、殺虫剤は使わない。
こんのためにも、使えない。

そこで、植物や大型動物への影響がない木酢液(もくさくえき)を使ってみたが、くさいだけで効果がなかった。
くさい虫には、くさい液は効かないのだろうか。

ということで少々考えた結果、高効果・低環境負荷の駆除法を編み出すことができた。
ただし、少々効率が悪い。

では、その高効果・低環境負荷・非効率なカメムシ駆除法とはどのようなものか、というと……。

効果的カメムシ駆除法

シャボン玉液を使うのだ!
もう10年以上前、子供らが喜んでシャボン玉を飛ばしていたころに買ったまま、物置に放置してあったシャボン玉液を「農薬」として使ったのである。

おもちゃ屋で売っているシャボン玉液には、上の図のような輪の付いたプラスチックの棒が付属している。
この輪にシャボン玉液の膜を張り、カメムシに輪をかぶせる。
すると、カメムシがすっぽりとシャボン玉液の膜に包まれる。

ただの水なら昆虫の表皮の表面構造に弾かれるが、シャボン玉液には界面活性剤が含まれているから、表皮も、表皮がくぼんでできた呼吸孔もおおってしまう。
ちと可哀相ではあるが、カメムシは窒息死してしまうのだ。
子供のおもちゃが強力な殺虫剤となるのだ。

ただし、カメムシを1匹ずつ膜で包んでまわらなくてはならないから、効率が悪い。
まぁ、環境負荷の小さい駆除法は、たいてい効率が悪いものである。
草」の生態的防除法とかね。

 

ちなみに、シャボン玉液でなくても、界面活性剤の水溶液であれば何でも良い。
界面活性剤の水溶液とは、要するに洗剤である。
ただ、洗剤を薄めて何かの容器に入れて、カメムシを包み込むための仕掛けを用意して……とやるのは面倒である。
その点、シャボン玉液なら手ごろな大きさの(ヤクルトくらいの)容器に入っていて、しかも専用駆除具……じゃない、輪っかも付いている。

 

そして、カメムシの殺戮に殺伐とした気分になったら、シャボン玉を飛ばして心を癒すことができるのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/09/02

緑のカーテン2014中間報告その2

P8300203s

今年の「緑のカーテン」は、勢いを欠いている。
前回の報告の直後にヘリカメムシが大発生し、セイヨウアサガオが枯れてしまった。

その後一月半かかって、宿根アサガオがようやく縦に伸び始め、アサリナも枝分かれを始めた。
枯れたセイヨウアサガオの後に植えたフウセンカズラも、やっとネットにからみ始めたし。

そのネットも、庭に来たネコに向かって闇雲に突進したこんに破られて、部分的に穴あきだ。
正確に言うと、こんがネットに絡まってしまったので、カミさんがネットを切って救出したのだそうだ(ワシが勤務中の話だ)。

さて、今年は各地で大雨による被害が続いている。
気温も低く、野菜は不出来で米も心配だそうだ。

例年なら三日に一度は見える富士山も、この夏は十日に一度だ。

P8300202s

今年は庭にハグロトンボがやってきた。
散歩するとナガサキアゲハがヤブガラシで吸蜜していた。

Dsc_0357s

冷えようが雨ばかりだろうが、季節はめぐる。

それにしてもウチのこんはどうして、未だに冬毛が抜け切れない?
顔の毛が抜けて気持ちが悪いのだろうか、まるでネコのように頻繁に顔を洗っている。

Dsc_0356s

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »