« 平和な日々、または「もはや戦後ではない」 | トップページ | ロボットの七つの力 »

2014/07/07

手書き変換の奇跡?

手書き変換の奇跡?
スマートフォンでもタブレットでも、文字入力には手書き入力・変換ツールのMazecを使っている。
文字を書いて変換・確定していく方式で、その変換効率が良い。

そしてMazecの名の由来である、交ぜ書きが可能なのだ。
「会議」と入力したいとき、「かいぎ」「会ぎ」「会議」のどれを入力しても、正しく変換できる。

さすがにPCのキーボード入力には及ばないが、そこそこ高速に入力できるので、会議中にメモを取るくらいなら楽ちんである。

同じMetaMoji製の手書きノートアプリNoteAnytimeと組み合わせると、とりあえず手書きのまま入力しておいて、後で変換することもできる。
アイデアスケッチやひとりブレストのときに便利である。

さて、会議中のメモを取るとき、手書き入力だと違和感が少ない。
スタイラスを使えばなおのこと、ペンと紙のスタイルに近い。
落書きだってできる。

というわけで、虫の絵を描いて変換したら、漢字の「虫」に変換された。
ほかにも絵からうまく変換できる文字はあるだろうか?

|

« 平和な日々、または「もはや戦後ではない」 | トップページ | ロボットの七つの力 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 手書き変換の奇跡?:

« 平和な日々、または「もはや戦後ではない」 | トップページ | ロボットの七つの力 »